東京に出て短期の仕事で新聞配達をした経験と良い所と悪い所について
1,000円引きクーポンのプロモコード
2019年9月現在
UberEatsの注文でプロモコードを探している方へ
今ならこのプロモコードでなんと初回1,000円引きのクーポン
【2019年9月現在】
プロモーションコード
ins6js2e

コピーして使ってください。

私は東京で短期間ですが新聞配達の経験があります。

新聞配達と言えば単純に新聞を配るだけと思っておられる方もいらっしゃると思いますが配達のキツさや苦しさは半端なく覚悟と言う気持ちで臨まなければなりたたないぐらい配達の経験は辛いものがありました。

 

朝2時に起きて3時には販売所に行き新聞の間にチラシを入れて自分が担当している地区に私で当時300部前後は配達しておりました。配達は自転車でした。順路帳と言う新聞を入れていく道順が書かれた記帳がありまして新人の頃はみんな順路帳を見て道と新聞を入れる順番を覚えて配る。

 

これが基本で早めに新聞をお願いされている家に関しましては先に回って入れると言う事もあり道と新聞配達の家順も早く覚えた方が自分が楽になると言うシステムでし。配達は神経を使う仕事でお客様の家まで丁寧に取り扱い丁寧に運ばないと行けない上で早く配らなければ行けないので厳しい訓練は短期間の仕事でしたが精神的に鍛える事が出来ました。

 

新聞配達における配達をしていて良い所はお客様からいつもありがとうと言って下さるお客様が多くて集金の時に自分の顔を覚えてくれていて販売所にご丁寧に電話を下さるお客様もいまして非常に感動しました。

 

東京では三軒茶屋周辺を配っていたので時には芸能人も集金で遭遇した事も2度ありました。貴重な体験が出来るのが東京限定にはなりますが新聞配達は魅力を感じます。リスクは最初に書いた通りですがリスクより得られる物が大きいので私は短期間のバイトでも仕事は出来ますのでおすすめしたいと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事