30代女性だから気になる 日焼け・化粧崩れ
30代女性だから気になる 日焼け・化粧崩れ
2019年9月現在
Uber Eats(ウーバーイーツ)
配達を始めたい方
フードを注文したい方

最大5.5万円ゲットの招待コードを含めたメールを自動返信にてすぐにお送りします。
自動返信フォームはこちらから

②招待コードの使い方電動アシスト自転車無料貸し出し・バック預かりなどについてはこちらをご確認ください。

③ご不安がある方へ
・今までキャッシュバックした実績はこちらから
・5つの安心できる理由はこちらから

Uber Eats(ウーバーイーツ)でフードをご注文される方は下記のプロモーションコードで1,000円引きになります。

「ins6js2e」
コピーして使ってください。
Uber Eatsはこちらから

30代女性だから気になる日焼け・化粧崩れ・・それでもUberEatsは楽しい!!

UberEatsの配達パートナーは圧倒的に男性が多い気がします。

女性は男性とは違った悩みもあるようです。

今回50回達成してレポートを下さったリナ(仮名)さんから女性ならではのお悩みを寄せていただきました。

またダイエット効果もばっちりだったようです。

またUberEatsの登録から初回配達、50回達成までのお話をポップな感じでお話しいただきました。

女性の方でUberEatsの配達パートナーをお考えの方のお役に立てると幸いです。

リナさんありがとうございました。

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

配達手段
自前自転車
配達エリア
東京
年齢
30代
時間あたりの売上
1,200円以下
Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録した日付
2019/06/12
Uber Eats(ウーバーイーツ)プロフィール画面

Uber Eats(ウーバーイーツ)プロフィール画面

スポンサーリンク

女性だからこそ気になるUberEatsの配達で気になるところ

UberEatsを始めたきっかけは「最近街で大きいカバンを背負ってオシャレな自転車に乗っているお兄さんを見かけることが増えたなぁ」と思っていたところネットサーフィンしているとたまたまUberEatsの配達員のことが出てきたので読んでみると「シフトがない」「自転車があればできる」「痩せる」など、色々なメリットが出てきました。

ネットに書いてあるように良いことばかりなワケがありません。

まず思い当たったのは私は大の方向音痴。

普段の生活でもスマホの地図アプリを使っていても、迷う迷う。

待っているお客様がいるのに焦ってさらに迷いそう。

それから日焼け

雨の日

外でのお仕事は男性に比べるとやはり気になります。

紫外線はできれば避けたい。

雨でメイクが落ちてパンダ目になりたくない。

 

スポンサーリンク

自由・自転車が漕げる、仕事は好き じゃやってみよ!

でも。

自転車をこぐのは好きだし、何より好きなときに働ける。

私は昔からシフトに縛られて仕事をするのが苦手でした。

方向音痴な上にかなりのマイペースなんです。

もうこれだけでトロイし使えない感じしかしないですね。笑

ただ、働くのはキライではないんです。

自分のやりたいことを中断して仕事の時間になったとき。

長いお休みをもらって行きたいところができたとき。

もっと稼ぎたい週に他の人との調整で短時間でのシフトを組まれたとき。

もちろん組まれたシフトはきちんとこなしていましたが、もどかしい日々が続いていました。

もうデメリットを考えるよりはやってみてから考えた方がいいな

次の日にはもう秋葉原の登録場所へ向かっていました。笑

スポンサーリンク

登録には平日なのにかなりの人が並んでいてびっくり


その日のその時間帯に登録しに来ている人は私以外に女性はいませでした。

20~30代の男性が多く、お友達同士で来ている人もいてその場は賑やかでした。

丁寧に説明をしてくれて、ネットで見ていた配達用の大きいカバンをいただいて

思っていたより実物は全然大きくて丈夫でした。


不安もいっぱいな私はひたすら質問をしましたが、
説明をしてくれる方はとても分かりやすく答えてくれたので、帰り道は新しいことを始めるワクワク感しか残っていなかったです。笑

来たるUberEats初日

ディナータイムでお客さんの注文が多いであろう18時半頃からスタート

ちなみに続けられるかも分からないのでとりあえず愛用のママチャリに乗って、スマホをポケットに突っ込み、例の大きいカバンを背負っただけの完全初期投資ゼロ


でもやる気は満々でした。

アプリを立ち上げてとりあえず都内に向かってみるも、全然注文は入ってこなくて心配になりました。

「使い方あってる?」

「本当に登録完了してる?」

「意外と注文が入らないエリア?」

色々移動しているうちに、ついにファーストオーダーが来ました。

ピックアップ先はマクドナルド様!!

待っている間はすごく時間が長く感じられましたが実際は15分ほでした。笑

すぐに受け取りに行き、書いてある配達先に向かいます。

 

配達において方向音痴が一番のネックでしたが、そこは自転車というところがカバーをしてくれました。

地図アプリでのルートから外れていてもすぐに方向転換できる!

小道に入って時間短縮もできる‼︎

大通りは車も多くて危ないし信号が多いけれど、1本ずれるとスイスイ移動できる道がいっぱい。

あっさり配達1回目を終えました。

そして2回目、3回目・・50回

と立て続けに注文が入り、最初に決めていた21時でアプリをオフにして終了。

初日は2時間半で5回配達。

獲得した報酬は2700円ほど。

うん、悪くない。頑張れそう。

初日は満足したし運動にもなったのでグッスリ寝られました。

そしてマイペースに空いた時間でママチャリを漕ぎ続け、配達50回を達成しました。

平日の昼間もやってみたり、土日のピーク時間もやってみました。

中途半端な時間でもさすが流行りのタピオカミルクティーや、テイクアウトできるスイーツの注文が入ったりもします。

逆に週末のディナータイムを狙って行ったのに、4時間くらい待って2配達なんて日もありました。

大雨の日。

風も強くてズブ濡れでした。

やはり雨の時は次から次へと注文が入りました。

でもスマホは水滴で操作がうまくいかなかったり、走行中に車のしぶきが私にバッシャーンとかかったりして、なかなか思うように配達がこなせません。

ココロ折れそう…

これで今日は最後の配達にしよう、と思いながらピックアップ先のカレー屋さんに行ったら「雨の中お疲れ様です。」とお菓子をいただきました。

冷えたココロとカラダが一気に元気を取り戻しました。笑

 

気がつくとその日は大雨の中、10回以上配達していて配達中は始めた当初考えていたメイクが落ちるなんてことはみじんも頭になくただひたすら、「お待たせしてしまっている」「お料理冷めたらどうしよう」ばかり考えていました。

完全にプロ意識が芽生えていましたね。笑

そんなこんなで続けていけそうです。

まず体重はドンドン減るし、日焼けは夕方くらいから稼働すれば全然問題ないし。

時給換算すると注文が少ない日は1000円切ったりもするけれど、雨の日や週末にはボーナスが付いて思ったよりも稼げる日もあります。

最近はお買い物に行くと、夏に向けてのUberEatsの配達で使えそうな日差しよけのための帽子や、動きやすくて通気性の良い服に目がいっちゃったりして。

完全に生活の一部になっています。笑

ただ配達するだけではなく、せっかく髪型も服装も自由なのだから、オシャレな女性配達員さんを目指そうと思います。

そしてシフトに追われず友人からの急な食事のお誘いも行けるし、体調に合わせて稼働時間を長くしたり短くできるのも助かります。

楽しみながらマイペースにできるUberEats、私にはピッタです。

2019年9月現在
最大5.5万円をゲット!

招待コードを含めたメールを自動返信にてすぐにお送りします。

「招待コードが入ってなかった」
「古い情報だった」
「約束と金額が違った」
「達成したのに連絡が取れない」

よくある話だそうです。
このような時も安心です。

登録後に連絡を頂けていれば
その時点で確認して
金額を明記して返信します。

 

今までトラブルなしでキャッシュバックしております。

このサイトの体験談の多くはキャッシュバックをさせていただいた方が寄せて下さったものです。

着金のご連絡もいただいております。(一部)
ご不安な方はこちらから確認もできます。

メールで残るため、トラブル防止になります。
キャッシュバックは金額が入ったメールを受け取っていることが条件です。

※「最大」と明記しているのはエリアによって紹介ボーナスが変わるためです。
自動返信のメールにエリアごとの金額を記載しています。

50回配達完了まで全力でサポート致します。
ご不安、質問など些細なことでもご連絡頂けましたら48時間以内に返信致します。

【50回達成サポート企画】
電動アシスト自転車を渋谷で無料貸出
・バッテリーが無くなったら即交換!
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・Uberバックを渋谷にてお預かり

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。事前のご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

※キャッシュバックには条件があります。
詳しくは必ず返信のメールにお目通し下さい。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事