一人暮らし 自宅待機 食料

一人暮らしの場合、自宅待機になってしまったら家族に食料品の買い出しを頼むこともできません。

自宅待機で外食もままならない今、

一人暮らしの方がどう食料を調達すればいいのか?

ストックしておくと便利な食材について解説していきます。

スポンサーリンク

突然の自宅待機、一人暮らしの食料事情は?

自宅待機やテレワークを会社や学校から要請されている人も多いのではないでしょうか?

 

一人暮らしの人は自宅待機中、食料をどうるのか?

 

Twitterでも話題にのぼっていました。

みなさん、どうするのがベストなのか?

 

悩んでいるようですね。

 

 

この記事では、

 

  • 一人暮らしの方向けの食料調達法
  • あると便利な食料品
  • 自宅待機中に一人暮らしの方が必要な適切な量

を中心として考えていきたいと思います!

スポンサーリンク

一人暮らしの自宅待機|食料調達法5つ

「これまであまり自炊してこなかった」

「普段スーパーに行き慣れていない」

「外食が多めだった」

 

という場合、突然の自宅待機に「ご飯どうしよう!?」と戸惑ってしまいますよね。

 

まず、食料の調達法としては下記5つが考えられると思います。

 

  • 近所のコンビニ、深夜のスーパーに行く
  • ネットスーパーを利用してみる
  • 出前を活用する
  • Amazonなど通販で日持ちのする食料を買っておく
  • 宅食を利用する

 

順番に見ていきましょう!

近所のコンビニ、深夜のスーパーに行く

外出自粛や自宅待機要請を受けて、スーパーに人が殺到し品薄になる騒動が連日報道されていますよね。

が、人混みの多いところに行くこと自体がリスクでしかありません。

 

一人暮らしの場合、食料を消費するペースも家族で暮らしている人に比べて緩やかなはず。

 

一人暮らしであるならなおさら、あえて人出が多いスーパーに出向いて、何時間もレジに並ぶことはおすすめできません。

 

そこで、おすすめなのが

 

  • コンビニ
  • 深夜営業のスーパーに深夜に行く

 

こと。

 

コンビニで揃うものは限られているので、家族がいる世帯が殺到するとは考えにくいですよね。

 

とはいえ、セブンイレブンを中心に、プライベートブランドの冷凍食品も充実しており、一人暮らしには十分な品ぞろえです。

 

さらに、なるべく人が少ない時間帯を選ぶことで、滞在時間や人との接触を短くできます。

 

prime Nowやネットスーパーを利用してみる

ネットスーパー

スーパー各社ともネットで注文を受け付け、宅配してくれるネットスーパーのサービスを提供しています。

 

自宅待機の影響で、混雑はしていますが、夜中にアクセスすることで注文できることも。

 

現段階でも、prime nowであれば即日、ネットスーパー各社も2.3日中には届けてくれます。

prime now

会員登録をすればすぐに利用できるので、活用してみるのもアリかもしれません。

 

デリバリーを活用する

Uber Eats(ウーバーイーツ)

UberEatsや出前館などの出前サービスであれば、自分で調理することなく食べられて便利です。

 

レトルト系と違って、作りたて新鮮なものを食べられるので、自宅で外食気分を味わえます。

洗い物がないのも魅力的ですよね。

 

ただ、今後の状況によっては、出前サービスを提供する店舗が減ってきたり、配達員が不足するなどの事態もあり得ます。

 

利用しようか迷ってる方は、登録だけしておいて様子を見てみるのもいいかと!

 

 

 *主なデリバリーサービス

 

  • UberEats
  • 出前館
  • menu
  • LINEデリマ
  • dデリバリー
  • 楽天デリバリー
  • ピザ系(ピザーラ、ピザハット、ストロベリーコーンズ、ドミノピザetc)
  • 寿司系

など

 

それぞれの違いなどは、出前・デリバリー5サービスを比較|選ぶポイントはここにあり! で詳しく解説しています。

初回購入[menu]【iOS】

Amazonなど通販で日持ちのする食材を買っておく

レトルト

すでにレトルト食品、インスタントものは入手が難しくなってきている物もありますが…

 

  • 日持ちがする食品
  • 栄養補助食品
  • お菓子

 

など少しずつ買っておくのも手でしょう。

 

自炊しない方や外に出にくくなった場合にも活躍してくれるはずです。

 

宅食を利用してみる

冷凍宅食

ワタミが、割引価格でのお弁当を子育て世帯向けに販売したことで話題になりました。

 

宅食は、定期的に自宅まで食事を届けてくれるシステム。

 

  • できたてを毎日届けてくれるサービス
  • 冷凍された食事を一定周期ごとに宅配してくれるサービス

 

と大きく分けて2つあります。

 

今の時期であれば、冷凍宅食が便利でしょう。

 

レンジで温めるだけですぐ食べられる上に、栄養価も考えられています。

一人暮らしだと、栄養バランスが偏りがち。手軽にバランスの良い食事を摂れるのでありがたいですよね。

スポンサーリンク

一人暮らし向け!自宅待機中にあると便利な食料とその量

「買い占めダメ!」と言われても、不安になる気持ちは分かります。

実際に人が押しかけ、陳列棚からどんどん商品がなくなっていく様を見ると、余計に不安感は募ってしまうでしょう。

 

とはいえ、物流自体は止まっていないので一時的なもの、とも言えます。

 

さらに、一人暮らしだと消費するスピードがゆっくりな上に、意外に期限が短いレトルト/インスタント食品も多いので注意が必要です。

 

自宅待機中にあると便利な食料とその量の目安を一緒に考えていきましょう!

 

  • レトルトカレー 3〜5食分
  • レトルト丼もの 3〜5食分
  • 冷凍パスタやうどん 3〜5食分
  • カップ麺 3〜5食分
  • 冷凍野菜 2.3種類
  • 卵、納豆 1パックずつ
  • ベーコン、ハム、ソーセージ系 1つ
  • カロリーメイトなどの栄養補助食品 2〜3
  • レトルトパウチや日持ちのするお惣菜 3〜5

 

 チャレンジできそうな方はぜひ!

冷凍ストックのススメ

 

  • トースト類
  • 野菜類
  • 肉類
  • 干物系

難易度は少し上がりますが、生の食材を冷凍するのもおすすめです。

出来上がった既製品に比べ、節約にもなりますし、添加物も含まれないため健康に気をつかいたい方にも◎

 

野菜は、切って冷凍しておけば味噌汁などにそのまま使えて便利です。

お肉や干物系も冷蔵庫で1日かけて解凍すれば、普通の生の食材と同様に調理が可能です。

一人暮らしの方は自宅待機中に自炊力UPを目指せ!?

毎食レトルトやインスタントものだと栄養価も心配になってきますよね。

普段あまり調理されない方は、この機会にカンタンな料理からチャレンジしてみるのもいいでしょう。

 

面倒かもしれませんが、野菜をふんだんに使ったお味噌汁一つあるだけでも栄養バランスはだいぶ良くなります。

 

  • キャベツ
  • 人参
  • 玉ねぎ
  • ほうれん草
  • かぼちゃ

 

などを買ってきて洗って冷凍しておくと便利です。

 

食べるときに小鍋に冷凍のまま入れて味噌を溶くなり、コンソメを入れるなりすれば立派な味噌汁/スープの完成です。

 

お米やパスタなどの日持ちがする乾物類が不足していると言われていますが、日持ちのしないパン類はそこまで品薄にはなっていません。

食パンやマフィンなどを多めに買って冷凍しておけば主食のストックにもなります。

 

最近はクックパッド以外にも、YouTubeやデリッシュキッチンなど動画で手順を確認することもできます。

調理方法はもちろん、食材の保存方法や冷凍保存についても分かりやすく紹介されていますよ!

 

通勤時間がなくなって、比較的余裕がある今だからこそ始めてみるのもいいでしょう。

まとめ:買い占め、外出を避けながら自炊にチャレンジを

最後までお読みいただきありがとうございます!

この記事のまとめ
  • 買い出しに行くならコンビニ、深夜のスーパーが狙い目
  • prime nowやネットスーパーを活用してみる
  • デリバリーサービスを利用
  • 通販サイトで日持ちのするものを買ってみる
  • 冷凍宅食を申し込む
  • この機会に自炊して料理の幅を広げてみる

 

突然の自宅待機、それも一人暮らしということで不安に感じている方も多いと思います。

 

食事を工夫しながら、自炊力をUPさせられたらいいですよね!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事