出前を一人前頼むのはやはり迷惑!?解消できる2つの方法
出前を一人前頼むのはやはり迷惑!?解消できる2つの方法

「自分一人前のご飯作るの面倒だな…出前は迷惑?」

 

「一人前の出前で迷惑かけない方法って?」

誰しもこんな経験があるのではないでしょうか?
ただ、出前=2.3人以上で頼む というイメージをお持ちの方も多いはず。
一人前で出前を頼んだら迷惑なのではないか?と不安に思うのも無理はありません。

 

そこで、この記事では、
  • 出前を一人前で頼むのは迷惑なのか?
  • 一人前で出前を頼むことに抵抗がある人向けの対処法

 

について解説しつつ、2つご提案をしてみます。
スポンサーリンク

出前を一人前だけ頼むのは迷惑?実際のところを検証

まずは結論から。

出前を一人前で頼んだとしても!
基本、迷惑ではない です。
その理由がこちら。

最低注文価格が用意されていることがほとんど

お寿司やピザの出前のチラシが投函されてることありますよね?
チラシには、だいたい、
「1,000円以上配達します。」
「ご注文は1,500円以上から承ります」
などと書かれているはず。
お店としても300円の商品を注文され、それだけ配達するようではさすがに赤字になってしまいます。
そのため、最低注文額が設定されていることがほとんど。
配達する手間や時間を考えた上で、利益がでる価格帯を決めているはずです。
つまり、注文する私たちがそこまで気にしなくてOKということ。

実際に一人前で頼んでいる人も結構いる

実際に、一人前で頼んでいる人も結構います。

私も単身者向けのマンションに住んでいましたが、玄関に空になったお寿司の容器が並んでいるのをよく見かけました。
出前=何人かで集まったときにとる というイメージがありますが、一人で注文している人も一定数いるわけです。

配達してくれる人に聞いてみた結果

少し前ですが、一人暮らし時代になかなか自炊する気になれず、よく出前を頼んでいた時期がありました。
お寿司の配達をしてくれた方

街の中華屋さんで出前サービスを提供している店舗の人

と実際に話したエピソードです。
 「一人前での出前注文」を申し訳なく思っていた私は

いつも、一人分で注文してしまってすみません…」

 

と言って、迷惑なのではないか?という不安を打ち明けました。

 

すると…

 

「いえいえ!最低金額も満たしてもらってますし、全然迷惑じゃないですよ!

 

気にせず今後もよろしくお願いします^ ^」

 

との返答が。

特に、自分の場合は注文する時間帯が21時過ぎなど、一般的な夕食のタイミングとずれていたことも功を奏していたようです。

ただ…人件費を考えると頼むタイミングやお店は考慮したほうがいいかも?

これまで見てきたように、基本的には、一人前での出前注文も迷惑ではありません。
ただ、頼むタイミングやお店の形態によっては考慮したほうがいいのかもしれません。
例えば
  • お寿司
  • ピザ
  • お蕎麦
など。

お店としても1件あたりの出前、お店の注文が高いほうが嬉しいというのは本音だと思います。

少人数のスタッフで回している場合は、一人抜けるだけでも大変そうですよね?

頼むタイミングをずらすなど考慮してあげると親切でしょう。

 ワンポイントメモ

念のためにお店の人の気持ちになって考えてみよう!

スポンサーリンク

一人前で出前をとることに抵抗があるなら少し多めに注文してみる

一人前で頼んで迷惑なんじゃ…?と心配ならば、少し多めに注文してみるのも一つの手です。

実際、自分もお寿司を頼むときに使っていたワザです。
例えばこんな感じ。
ピザやイタリアン系のお店なら

主食以外に

冷蔵庫で保存が効くサラダを余分に注文

アイスを追加

お寿司なら

若干日持ちしそうないなり寿司を追加する

茶碗蒸しや揚げ物を追加

といった具合です。
ペットボトルのドリンクをメニューに用意しているお店も多いので、2本ほど追加するのもありですね。
最低価格を少し上回って注文します。
1,000円以上のところを1,300円の注文をすると言った具合です。
さらに、先ほどご紹介した通り注文のタイミングまで配慮してあげたら完璧ですね!
迷惑どころか、めちゃくちゃ優良なお客さんだと思いますよ?
とはいえ、多めに注文すると、
  • 余分にすぐ食べないものを注文することになる
  • お金もかかってしまう
とあまりベストな方法とはいえないですよね?
そこで、おすすめなのが…
 次にご紹介する一人前を前提にしたデリバリーサービスを利用すること!
スポンサーリンク

出前を一人前で頼むのは迷惑では…と心配な方におすすめのデリバリー

最近は出前も気軽になってきました。
1人前どころかコーヒー1杯でも出前できてしまうんです。

多様化する出前、デリバリー

出前のイメージといえば
  • お寿司
  • ピザ
  • お蕎麦
がメインではないでしょうか?
ピザーラ、銀の皿なんかが思い浮かびますよね?
ところが、最近は、各店舗が実施する出前以外のデリバリーサービスが充実してきています。
出前の統合アプリを使うこと色々なメリットがあります。
主な特徴

・多くのレストランから一括で探せる

・届け先や支払い方法を登録しておけるので面倒がない

・今どこまで配達に来ているかが地図上で分かる

・ひっきりなしにキャンペーンをやっているのでお得

聞いたことがあるかもしれませんが、
  • dデリバリー
  • 楽天デリバリー
  • LINEデリマ
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)
などです。
それぞれの違いなどは、出前・デリバリー5サービスを比較|選ぶポイントはここにあり! で詳しく解説しています。
これらは、かつての出前とは少し違った仕組み、特徴を持っています。
次で詳しく説明していきますね!

迷惑なのでは?と心配な方にはUber Eats(ウーバーイーツ)がおすすめ

都心部を中心に、UberEatsと書かれたリュックを背負って自転車で配達している人を見かけたことがある人もいるのでは?
UberEatsなどの最近のデリバリーサービスと昔からあるお寿司などの出前との違いを簡単にご説明します。
従来の出前
注文した料理を作る→飲食店のスタッフ
配達する→飲食店のスタッフ
配達料→注文内容に含まれる形
UberEatsの場合
注文した料理を作る→飲食店のスタッフ
配達する→UberEats配達パートナー(個人事業主)
配達料→店舗と配達先の距離に従って算出される(別会計)
つまり!UberEatsの場合は
料理を作る人と配達する人が別々なのです。
飲食店のスタッフとしては、配達に割く時間や手間が減り、調理だけに専念できます。
1人分でもいくら少ない量であっても、雇用している配達員ではないので人員を拘束されないのです。
ということで、仕組み上、UberEatsなら全く気兼ねせず1人分少量から注文することができます!
UberEatsの詳しい仕組みについてはUber Eats(ウーバーイーツ)とは?|初めて注文をする方、配達パートナーになりたい方で説明しましたが、一人前で頼んで迷惑なのでは…?と心を痛める優しい方にぴったりのサービスですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが語るリアルな注文事情

Uber Eatsの仕組みは分かったけど、実際一人分で頼んでる人っているの?
と心配な方向けに現役のUberEats配達員の私が、リアルな注文事情をお伝えします。
実際の注文の9割以上が一人前であろう量の注文でした。
よくある注文例
カレー単品 1つ
健康そうなサラダ 1つ
スムージー 1杯
コーヒーとお菓子のセット 1人分
マックのセットメニュー 1つ
届け先も
  • 一人暮らしと思しきマンションの一室
  • ランチどきのオフィス
が多かったです。
逆に、大人数での注文はほとんど受けたことがありません。
 大半が1人分の注文であること。コーヒーやハンバーガー1個だけなんて注文も多くありました。

一人前で出前を頼むのが迷惑では?と心配な方は

最後までお読みいただきありがとうございます!
 一般的な出前も一人前で注文するのは迷惑ではない!!

 

この記事のまとめ
2つの方法を提案

・それでも気になる方は注文時間帯をピークからずらしてあげると親切

・UberEatsなら仕組み上、飲食店に配達の負担がないので気兼ねなく注文できておすすめ

一人前での出前注文が迷惑では?と心配な方はUberEatsの利用がおすすめです。
メリット
  • クーポンを配布している
  • マックなどのチェーン店以外にも多数のジャンルや店舗の中から注文できる

と注文する側にもメリットがたくさんあります。

今なら当サイト限定の割引クーポンも配っていますので、商品によっては初回無料で頼めちゃうかもしれません。

気になった方はチェックしてみてくださいね。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事