配達をしてみたいけど不安で怖い!
配達をしてみたいけど不安で怖い!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【達成の為のサポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
貸出は新宿中心になります。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。
※2020年10月現在は1万円に減額されています。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

「始めての配達が不安なんだよね」

 

「女性だけど配達して危険はない?」

 

「もし初めて配達して失敗したら?」

 

多くの方からUber Eatsやmenuで配達したいけど失敗しないか怖くて不安という質問をいただきます。

今回は初配達をするからに不安がないようにみんなの声や解決策のポイントをお話します。

私はこれまで1,000人以上の方をサポートして、期間内に459名の方と目標回数まで一緒に走ってきまいた。

 

このページに目を通せば初めての方も不安なくUber Eatsやmenuの配達を楽しめる様になります。

これから始めようと考えてご不安を感じている方へ安心感が届けば幸いです。

スポンサーリンク

私が初配達で不安だったこと

こんな不安を持っていて、なかなか初めの1歩が踏み出せない方もいるかもしれません。

でも大丈夫です。

みんな最初は一緒です。

Uber Eatsやmenuの配達は誰でもできます。

 

このブログにたくさん寄せていただいた皆様が抱えていた不安などを集めてみました。

結論を言えば、各社ともサポートがきちんとバックアップしてくれます。

また、Uber Eatsやmenuの配達を通して色々な成長があるはずです。

 

私がUber Eatsやmenuを始める前に不安に感じていたことなどをまとめてみました。

不安だったポイント

もしいきなり遠すぎる所来たらどうする?

汁物こぼしたらどうなるの?

配達が遅かったりしたら怒られるの?

お店に入る時手順間違えたら怒られたりするの?

このようなことが不安でしたが、少し深堀しつつ解決策を見てみます。

もしいきなり遠すぎる所来たらどうする?

配達先で遠いと行っても最高で3km程度です。ピックアップするお店は2km以内ぐらいです。

ピックアップするお店までは配達料金が発生しないので、時間がないときはある程度キャンセルも活用します。

キャンセルしすぎると警告がきますが😅

前は1時間でも空いたら2件は配達しようと思っていましたが最近は少しゆとりを持って時間を組むようにしてます。

汁物こぼしたらどうなるの?

注意して運んでもどうしても溢れてしまうときがあります。

私はお客様に話をしてご理解いただきましたが、食べられないようなこぼし方ならばキャンセル出来ます。

 

その際はUber Eatsやmenuのサポートセンターが対応してくれるので安心です。

こぼした食事は破棄になります。

配達員の我々が弁償するようなこともありません。

配達が遅かったりしたら怒られるの?

私はまだ一度もありません。

私もUber Eatsを利用することもありますが、食事をピックアップしたことや今どこを走っているかなどリアルタイムで画面に表示されるのであまりイライラしないで待つことが出来ます。

 

でも何か事情があって大幅に遅れるときなどは、アプリからお客様にチャットや電話で連絡も出来ます。

お店に入る時手順間違えたら怒られたりするの?

お店ごとにルールを敷いてるところもあります。

自転車はどこどこに停めてください。

正面からは入らないで下さいなどなど。

すべてアプリに記載がありますので、配達依頼が来たら一度確認してからピックアップに向かって下さい。

ただ、お店の方もUber Eatsやmenu配達員は雇われているわけでなく新人も多いことを理解されています。

いきなり怒られたりすることは私は経験していません。

 

スポンサーリンク

配達パートナーのみんな不安の声を集めてみた!

ここからはこのブロブに寄せていただいたたくさんの体験談の中から一部抜粋して不安を感じている方のお話を引用しました。

文章の一番下をクリックすれば原文がお読みいただけます。

稼げるか不安だった

 

Uber Eatsは土日や祝日じゃなければ稼げないのでは?

思っている人もいるかと思いますがほぼ週1の平日にしか稼働できない自分でも、火曜日に恵比寿周辺で1日稼働して15000円ほど稼げたりもしました!(回数インセンティブ2500円含む)

正直自分もその点は最初不安でしたが杞憂でした。
平日にしか稼働できない人へもオススメできます!

恵比寿を中心にその周辺で稼働をしていますがこの地域は安定して時間当たり1000円以上は稼げる場所かと思いますのでオススメできます!

ただ、普通のアルバイトと違って決まった時給がないことには少し不安がありました。

5時間働いて1,000円しか稼げなかったら遊びに出かけていたほうが良かった。

なんてことは少しでも避けたいと考えていました。

正直、初めてみたら思ったより稼げないとの声が多い印象です。
やはり時間帯やエリアの選定が重要です。

ただ、慣れてくると職人的な勘でこのエリアがいいなど分かってくる頃もあります。

まずは時給換算1,200円あたりを目指してみましょう。

 

体力的に不安

 

最初はちょっと不安でした。体力無いのに、出来るのかな?とか、途中で具合悪くなったらどうしようとか。

でも、いざ自転車乗ってみると楽しいんですよね。
始めた季節が良かったのもあって、すっごく気持ちいい!

社会人になると余程アクティブじゃ無い限り、なかなか外で思いっきり体動かす事なんて無いじゃないですか。
思ってた以上に清々しい気持ちになります。

 

配達中のトラブルは色々とあります。

もちろん体調が悪くなるのもそうですが、それ以外にも
事故
パンク
ピンずれ

どれも気を付けていても起こりえることです。
ただ、Uber Eatsやmenuのサポートがしっかりと手助けをしてくれます。

もちろん、体調が悪くなって配達ができないときはサポートに連絡してキャンセルすることが可能です。

女性だから不安

 

Uber Eatsの存在は知っていて多少興味はあったもののすぐに登録しようとはしませんでした。

本当に稼げるのか?や女性の私に務まるのか?などの不安もありました。

ただ最大の魅力は自分がやりたい時に出来るということ。

どうしてもシフトが決まっているバイトをすると今日は行きたくないなぁと思うことや早く帰りたいと思ってもそんなに融通の利く仕事はないと思います。

 

女性の配達パートナーは男性とは違い色々な不安があると思います。
やはり深夜の配達は私もオススメしません。

ただ、女性の配達パートナーも沢山活躍していらっしゃいます。

 

年齢が気になって不安

若者中心の仕事なのかと思い多少不安もありましたが、いつもPCに向かって仕事しているのでとても気晴らしになり楽しさも感じるようになりました。

東京の板橋区、北区を中心にやってますが、マイペースで出発してます。
バイクをスタンバイしてから家で仕事をしながら待機。

ただ、不安だったのは年齢。
若い人が颯爽と配達しているイメージがあったからです。

それと景気が良かったころの自分のプライド。
出世している同世代から取り残されてしまうような不安でしょうか。

確かに、Uber Eatsやmenuの配達パートナーの年齢層は20代、30代が多いです。
ただ、40代、50代の方もたくさんいらっしゃいます。
年齢によって不利になるといったこともありません。
体力的な問題も全く問題ありません。
自転車の場合は有酸素運動になるのでトライアスロンに出ている年齢層も40代が一番多いと聞きます。

方向音痴だから不安

もし僕の様に道が分からないとか土地勘ないから不安とか感じてる方がいるようなら「大丈夫!僕でも出来たから!笑」と伝えたいです。

ハッキリ言うと自転車かバイクとスマホを持っていれば誰でも出来ます。

ハードルは全然高くないです。何かトラブルがあってもドライバーのサポートへ電話すれば助けてくれるので安心して下さい。
慣れてきたら「どうやったらもっと効率上げられるかな」と考えるようになるかと思います。それが収入にダイレクトに関わるところですし。

知らぬ道や土地は分からない事ばかりで不安要素もいっぱいありますが、慣れると余裕が出てきて周りが見れるようになるのでその段階が楽しいです!

スマホの地図がない時代の配達なら方向音痴にはかなり厳しい状況だったかもしれません。
ただ、今の時代スマホの地図さえあれば迷って現在地が分からないなんてことにはなりません。
安心して配達しましょう。

登録・面談が不安

まずは何はともあれ登録です。

web登録もサポートセンターでの本登録も、時間がかからず心理的な不安や負担もないです。

登録さえすればあとは働くも働かないも自分の自由。

登録して損はないです。
あとは実際に稼働する前にはインターネットで体験談などを見ておくことをオススメします。

UberEatsの登録時の面談は、面接とは違い事業の説明です。
丁寧に説明していただけるので不安はありません。

料理を崩さずに運べるか不安

バイクの運転も難易度が高いものがあります。

都心部には、結構急な坂があり、登り下りでバッグの位置を、体の角度で微調整しなければ不安な料理があります。

まだ、慣れていないもので、バッグの水平具合いが、だいたいしか分かりませんのとでメンタル的にキツいです!!

料理をこぼさず丁寧に運べるかは不安なのは皆さん一緒です。
最初のうちは背中のカバンの中身が気になって仕方ありません。
私もカレーを配達したときに、かなりこぼしてしまったこともあります。
しかし、お客様も多くは良識ある方なので事情を正直に話せばご理解いただけることがほとんどです。
また、お客様からキャンセルの申し出があればUber Eatsやmenuのサポートにて対応してもらえます。
慣れてくればバックの中身も固定しやすくなるはずです。

UberEatsをよく知らないから不安

街中で大きなリュックを背負っている人をよく見かけるようになったのがきっかけでした。

なんだろなーと思いながらネットで調べましたが、やはり新しい物は信頼感や安心感に不安があり最初は躊躇していました。

配達する人を多く見かける様になり改めて調べてみると空いている時間にできて自分に合った働き方なんじゃないかと思いはじめました。

まだUberEatsが渋谷区と港区しかなかったころはよくこのような質問をうけました。
ただ、今は道路に出てみればUberEatsの配達パートナーを見ない日はありません。
安心して配達してください。

ダブルが不安

最初の登録は恵比寿のパートナーセンターで行いました。

所要時間は1時間くらいでしたが、丁寧な説明を受けることができ、大きな不安なく勤務を始めることができました。

唯一これは大丈夫かな?と不安に感じたのは同じ店舗に2世帯分のオーダーが入っていた時の事で,配達依頼があるとアプリで通知音が流れるのですが、たしかに画面上で1クリック(=引き受ける)したつもりでした。

この方はダブルを受けたつもりがないのにダブルになっていて不安とのお話です。
このようなときもサポートに問い合わせれば確認してもらえます。
確認しなくても問題なくダブルの報酬がもらえるので心配いりません。
ただ、初心者がダブルを受けるのはあまりお勧めできません。

素人がいきなり配達することに不安

自分自身はサービス業など全くしたことがないので、お客さんに何か不都合があったらどうしようか、とか、こんな素人が始めて迷惑をかけることばかりなんじゃないかとすごく不安が多かったです。

でもやってみたらすごく簡単でした!
むしろ拍子抜けするほど。

これから配達員になる、という方へは実際稼働となると一人で基本的には対応する事になるので少なからず不安というのもあるとは思います。

私も初稼働の日はドキドキしながら出発の操作をしました。

実際に依頼が来ると後は画面を見ながら対応すればそこまで困るシーンには出くわさなかったです。

最初の登録は恵比寿のパートナーセンターで行いました。

所要時間は1時間くらいでしたが、丁寧な説明を受けることができ、大きな不安なく勤務を始めることができました。

確かにピザ・そば・寿司の配達もバイト初日に何も聞かされずに配達を任されることはありません。

Uber Eatsやmenuの場合は出発を押した瞬間に配達開始です。

ただ、UberEatsのアプリは非常によくできているのでアプリに従ってれば問題なく配達を完了できます。
もし困ったことがあればサポートが対応してくれます。

雇用形態に不安

UberEatsを始める上で皆さんが不安に覚えるのはその雇用形態だと思います。

UberEatsはドライバーを従業員という形で雇用関係を結ぶのではなく、ドライバーが個人事業主となり、UberEatsが飲食店とドライバーをマッチングさせるという形で運営されております。

そうなるとなんらかのトラブルがあったとき、個人事業主である以上すべてドライバーの責任として法的にはなります。

Uber Eatsやmenuの業務は雇用ではなく個人事業主として活動することになります。

基本的には配達パートナーの責任はアルバイトの配達員とは違います。

ただ、事故に対する補償や、配達中に起きるお客様に対しての補償の保険もUberEatsが準備していますので安心感が増しました。

※2020年9月現在 menuは事故に対する保険がありません。

ご自身で加入されることをオススメします。

しかし、アルバイトとは違うことは認識しておくべきです。

 

1回の配達で不安は消え去る

 

 

この経験から学んだことは「最終的にキャンセルに至る可能性(不安要素)がある状況なら、注文拒否する勇気も必要」「自分が思っている以上に、失敗に対してUberは寛容、楽な気持ちで仕事しようぜ」ってことでした。最初は、Uberバックだけ。という、正にゲームでいう「布の服」だけ的な、不安しかない状態です。

 

不安で情報を集める気持ちも分かりますが結局は始めてみないと分かりません。

始めて見れば分かります。

びっくりするぐらい簡単です。

私は1回目の配達がすごく勇気がいりました。

1人なので道に迷ったら..とか、何かトラブルがあったら..など最初は不安で1歩目がすごく重かったです。

ですが1回やってしまえばその不安は半分に減りました。

そして3回ほどやると「こんな感じか!」と段々掴めてきて楽しくなってきました。

思っていたより実物は全然大きくて丈夫でした。

不安もいっぱいな私はひたすら質問をしましたが、説明をしてくれる方はとても分かりやすく答えてくれたので、帰り道は新しいことを始めるワクワク感しか残っていなかったです。笑

現地のスタッフの説明もとても丁寧かつ尋ねた質問も一個一個丁寧に返してくださり、これからの配達への不安も消し飛びました。

いざ配達デビューしようとすると滞りなく出来るか最初は不安かもしれませんが、リクエスト受理からピックアップ・配達までスマホの操作も想像以上に簡単でびっくりするほどです。

だが、何事も初めてする時は不安になるものだし、失敗しながら学んでいくものだと思う。

自分は登録したその日にさっそく配達を始めてみた。

その姿勢は大切だと思う。

登録の時に配達のマニュアル本をもらった。

それを読むのも大切だが、読んだからといって完全に不安はなくならない。

まずやってみることが大切だとおもう。

サポートセンターの方はフランクに話す方で、不安なことも全て聞くことが出来て安心して始めることが出来ました。

最初に諸先輩方のブログなどを拝見する事で、始める際の不安要素を取り除きました。

具体的には、このバックの扱い方です。

それまでにマニュアルを読んでいたつもりでしたが、いざアプリを起動すると、思った以上に操作が分からず、不安で仕方がないくらいでした。

なんとかおつりは持ち合わせていたので支払いは完了はできたのですが、かなり衝撃的なスタートを切り不安でいっぱいになりましたが、サポートセンターにて現金を受付しない設定の仕方を教えていただきその後の配達は特にトラブルもなくできるようになりました。

ただ実際50回の達成までにどれくらい時間がかかるか不安でした。

それが1回の配達を終えた瞬間に、「余裕で50回できるわ・・」と確信しました。

センターのスタッフさんは優しく対応してくれるので、登録に不安な方は無理に自分でやろうとせずにセンターに出向いてスタッフさんに教えてもらいながら進めるのが安心かなと思います。

スポンサーリンク

【Uber Eats】初配達が不安・怖い・・【まとめ】

今回は初配達の不安についてお話しました。

まとめると

私が不安だったこと

・もしいきなり遠すぎる所来たらどうする?

【対策】

配達先で遠いと行っても最高で3km程度です。ピックアップするお店は2km以内

時間がないときはある程度キャンセルも活用

・汁物こぼしたらどうなるの?

【対策】

食べられないようなこぼし方ならばキャンセル

サポートセンターが対応

配達員の我々が弁償するようなこともありません。

・配達が遅かったりしたら怒られるの?

【対策】

何か事情があって大幅に遅れるときなどは、アプリからお客様にチャットや電話で連絡

・お店に入る時手順間違えたら怒られたりするの?

【対策】

配達依頼が来たら一度確認してからピックアップ

新人も多いことをお店の方もご理解されていますのでもし間違えても不安を感じる必要はありません。

 

みんなが不安に思っていること

・稼げるか不安だった最初は稼げないかもしれない。

時間帯とエリアを限定して時給換算1,200円はいけるはず

・体力的に不安

配達中のトラブルはあって当たり前。

いざというときもサポートが手助けしてくれる

・女性だから不安

深夜の配達はオススメできない。

ランチタイムやディナータイムがいい

女性の方も沢山活躍している

・年齢が気になって不安

20代30代も多いが50代で活躍されている方も沢山いる

・方向音痴だから不安

スマホの地図があるからそこまで心配不要

・登録・面談が不安

面談といっても事業の説明だけだから大丈夫

・料理を崩さずに運べるか不安

最初は仕方がない。

だんだん工夫ができるようになる。

バックの中身の特集記事を確認。

・UberEatsをよく知らないから不安

今はたくさんの人が配達しているので知名度もある。

・ダブルが不安

ダブルのトラブルは多い。

初心者は一度避けておいた方が無難。

・素人がいきなり配達することに不安

詳しい説明はないがアプリが優秀なので迷わず配達できるはず

・雇用形態に不安

昨今、社会的な問題も取り上げられている。

雇用と事業主の違いは理解しておくべき。

・1回の配達で不安は消え去る

結論、一回配達すれば不安のほとんどは消えてなくなる。

やはり最初の一回の配達でほとんど不安がなくなるようです。

悩んでいても始まらないので、思い切って一回目の配達をこなしてしまいましょう!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【達成の為のサポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
貸出は新宿中心になります。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。
※2020年10月現在は1万円に減額されています。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事