【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

このページではUber Eats(ウーバーイーツ)エリアを掲載しています。

2019年はUber Eatsエリアも色々と増えました。

続いて2020年も続々とエリアを拡大しています。

 

お腹が空いた時気軽に頼めるUber Eats(ウーバーイーツ)は、出前のしていないレストランなどのメニューも頼めるので便利です。

中には配達パートナーとして自分の好きな時間に稼いでみたい方もいらっしゃるかもしれません。

麻生区の情報はこちらから!

 

もしUberEatsエリア外で今すぐ出前を取りたいって方は、以前ご紹介した出前・デリバリー5サービスを比較|選ぶポイントはここにあり!のページにて他の出前サービスをお得に使い始める方法をご紹介しています。

このページで最新をお届けしますので、お時間あるときにたまにのぞいてみて下さい。

スポンサーリンク

Uber Eats(ウーバーイーツ)はエリア内であれば公園でも

 UberEatsの仕組みについては以前Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?|初めて注文をする方、配達パートナーになりたい方に纏めていますが、今までの出前サービスと違ってレストランと配達パートナーは別々の事業体です。

つまり、通常の出前ならばレストランが配達に必要な資源であるヒト・カネ・モノを用意する必要がありません。

ヒト:配達員

カネ:その人件費や運搬具購入維持費用

モノ:バイクや自転車

 

そのため、今までは出前では食べることができなかった小さなカフェの手作りケーキや、お店に行くと数十分待たされるタピオカまでも自宅で楽しめます。

 

 

ただ他の出前サービスは全国展開になっているのに対して、配達パートナーが別途必要なUberEatsはそのサービススタートに手間と時間がかかります。

 

渋谷区・港区から始まったUber Eatsですがドンドンサービスエリアを拡大しています。

自分の住んでいるところ、職場、知り合いのご自宅などがエリアに入っているか確認してみましょう。

 

自宅や職場がエリアに入っていなくても、近くの公園などがエリアに入っていれば商品を届けてもらうこともできます。

また、配達パートナーも自宅がエリア外でも好きな場所で配達ができます。

もしエリアが近くあるならば一度試してみるのも話題性があっていいかもしれません。

 

早速ですがUber Eatsの配達エリアを確認してみました。

エリアもこれからも広がっていくので更新していくつもりです。

スポンサーリンク

Uber Eats(ウーバーイーツ)の各エリアの営業時間

基本的なUber Eatsの営業時間は「午前9時から深夜0時まで」になります。

ただ東京と大阪の一部エリアでは営業時間を午前8時〜深夜1時に拡大して対応しています。

 営業時間を拡大しているエリア

東京都

江東区・品川区・渋谷区・新宿区・墨田区・台東区・千代田区・中央区・豊島区・文京区・港区・目黒区を含む一部地域

大阪市

北区・中央区・天王寺区・浪速区・西区を含む一部地域

スポンサーリンク

最新のエリアを確認する方法

Uber Eatsのエリアはドンドン拡大してるので最新情報を確認する方法をご紹介します。

その方法とはUber Eatsのアプリをダウンロードして、希望する住所や建物名を入れるとエリア内かどうかを確認できます。

 

正式な登録でなくても大丈夫なので電話番号の承認やクレジットカードの登録などは不要です。

もしエリア外であればエリア外のアナウンスが、エリア内の場合は注文できるレストランが出てきますので、もし注文したければそこから正式に登録して注文できます。

 

2020年3月より香川県高松市、広島県広島市がスタートします。

また2020年4月より下記がスタートします。
東京都
東大和市 / 立川市 / 昭島市 / 所沢市 / 羽村市/ 福生市 / 東村山市 / 武蔵村山市埼玉県
八潮市 / 三郷市 / 越谷市 /川越市 / ふじみ野市 / 富士見市※上記エリアで配達をスタートする方には特典があります。
詳しくはこちらを確認してください。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)エリア一覧

それでは早速2019年12月現在のUber Eatsのエリアを確認してみましょう。

ざっくりとしたエリアは下記の通りです。

東京都
神奈川県
千葉県
埼玉県
大阪府
京都府京都市
兵庫県
愛知県名古屋市
福岡県福岡市

すべてがエリアというわけでなくこの中の一部がエリアになっています。

東京23区・多摩地区・西東京エリア

東京・埼玉・千葉の全体像

関東圏にあるすべてのエリアです。

上記のマップを見ていただく分かりますが、当初港区と渋谷区から始まって東京23区内、それから千葉、埼玉、西東京地区とかなり広いエリアになりました。

東京23区でもエリア外がある

2017年から東京23区はほぼ全域がサービスエリアになりましたが、葛西臨海公園・お台場・新木場や羽田空港はエリア外になっています。

それ以外は23区内はすべてエリアです。

西東京のエリア

2019年7月30日からは西東京エリアで利用できるようになりました。武蔵野市・調布市・三鷹市・狛江市・西東京市・小金井市・府中市で利用できるようになり、2019年11月1日より新しく国分寺市、国立市、立川市、小平市、東村山市、日野市へ拡大されました。

 

西東京のすべてのエリア
(八王子市・武蔵野市・調布市・三鷹市・狛江市・西東京市・東久留米市・小金井市・府中市・国分寺市・国立市・立川市・小平市・東村山市・日野市)

東京多摩地区のエリア

八王子は西東京と切り離されたエリアでしたが、西東京と八王子は繋がり配達するには便利になりました。

八王子のウーバーイーツのエリア

八王子のエリア

2019年8月6日より八王子市がサービスエリアとなりました。

京王線でいえば、長沼駅から西になります。

長沼駅
北野駅
京王八王子駅

京王片倉
山田
めじろ台
狭間

高尾駅は入りません。

 

中央線だと「西八王子」までになります。

町田のウーバーイーツのエリア

2019年8月6日より町田市がサービスエリアとなりました。

町田のエリアマップ

基本的に町田駅周辺がサービスエリアになります。

駅でいえば相模大野駅と古淵駅もエリアです。

ただUberEatsの配達エリアとして考えたときはどうしても陸の孤島になり、オーダーの入りをみながら移動していくことは難しいです。

自宅待機できる方であれば、鳴ったら稼働する感じが良いかもしれません。

町田市には大学も沢山あり、これからエリアを拡大していくことと思います。

東京都でまだUberEatsのエリアになっていない場所

離島を除いて東京都でまだエリアになっていない場所です。

多摩市
稲城市
あきる野市
清瀬市
青梅市

最近エリアになったところ

昭島市
福生市
東大和市
東久留米市
武蔵村山市

 

特に町田の隣接のエリアがつながってくると町田での配達も効率的になりますね。

埼玉エリア

埼玉は2018年9月26日にUberEats(ウーバーイーツ)のサービスエリアになりました。

最初はさいたま市の一部地域「大宮区、浦和区、中央区を含む一部地域」だけでしたが、

2019年3月19日に「さいたま市南区・戸田市・川口市・蕨市の一部」

2019年11月に「草加市・新座市・和光市・朝霞市・志木市」

現在は東京エリアとつながっています。

千葉エリア

2018年12月4日にUberEats(ウーバーイーツ)のサービスエリアとなりました。

当初は市川市と船橋市だけでしたが最初から東京エリアとつながっていることで東京エリアの配達パートナーも気軽に千葉エリアに入って配達されていた方も多くいました。

2019年8月6日に「千葉市の美浜区、花見川区、稲毛区、中央区、習志野市、浦安市(南部)」

北部の東京と隣接している松戸や柏へのエリア拡大を希望している方もたくさんいらっしゃいます。

神奈川(川崎・横浜)エリア

川崎・横浜エリア
引用:UberEatsアプリ

神奈川県のエリアは川崎、横浜になります。

2017年11月に「横浜」

2018年5月24日に「川崎」

2018年8月28日にさらにエリアが拡大したおかげで、1つにつながりました。

東京、横浜、川崎がすべてつながりました。

ただ横浜も川崎も全域ではなく一部になります。

少し細かく見ていきましょう。

川崎の北部エリア

川崎の北部エリアで見ていくとJR南武線久地駅あたりまでです。

道路状況でいえば東名高速が区切りになっています。

小田急線と南武線の乗換駅である登戸や学生の多い向ヶ丘遊園などはまだエリア外です。

川崎北部
引用:UberEatsアプリ

川崎北部 西側

川崎の北部エリア
引用:UberEatsアプリ

横浜の西側

横浜西側エリア
引用:UberEatsアプリ

横浜西側エリア
引用:UberEatsアプリ

横浜南側

川崎の北部エリア
引用:UberEatsアプリ

横浜南エリア
引用:UberEatsアプリ

地図を見ていただくと明確ですが川崎エリア、横浜エリア、東京エリアはすべてつながっています。

ただベイエリアはサービスエリアから外れていますね。

横浜市

西区
南区
中区
保土ヶ谷区
神奈川区
港北区
磯子区
鶴見区

横浜市でまだエリアに入っていない区

港南区
旭区
金沢区
緑区
青葉区
都筑区
戸塚区
栄区
泉区
瀬谷区

川崎市

中原区
川崎区
幸区
高津区

川崎市でまだエリアに入っていない区

宮前区
多摩区
麻生区

宮前区には田園都市線の宮崎台駅、宮前平駅、鷺沼駅などかなりの住宅街があります。

近くには飲食店も沢山あります。

多摩区には小田急線の登戸駅、向ヶ丘遊園駅、読売ランド駅やJR南武線の宿河原駅、登戸駅、中野島駅、稲田堤駅があります。

麻生区には小田急線の新百合ヶ丘駅以外に百合ヶ丘駅、柿生駅、栗平駅、黒川駅、はるひ駅などこちらも住宅街が広がっています。

もし今後川崎のエリアが拡大すれば十分な住宅街がありオーダーされる方も多いのではないでしょうか。

ただ配達するにあたっては自転車の場合、坂も多く少し苦労するかも知れません。

大阪エリア

関西地方では最初の大阪は2018年4月26日にUberEats(ウーバーイーツ)のエリアとなりました。

大阪エリアマップ 2019/12/29

最初は大阪でもごく一部の中心部8区だけでしたが、ドンドン拡大して今では24区すべてで利用できます。

2018年6月に「淀川区・東成区」
8月28日に「城東区・生野区・住吉区」
10月30日に「東淀川区、鶴見区、旭区、東住吉区、平野区」
12月11日に「西淀川区、此花区、港区、住之江区」

ただ湾岸エリアである、USJ、海遊館さきしまコスモタワーなどでは利用できません。

大阪エリアの除外地域

2019年9月20日にも拡大がありました。

2019年11月1日より新しく豊中市、吹田市、東大阪市、八尾市へ拡大されました。

名古屋エリア

中部地区の名古屋では2018年10月24日にUberEats(ウーバーイーツ)のサービスエリアとなりました。

名古屋エリアマップ 2019/12/29

スタート時の名古屋のサービスエリアは、「中区、中村区、東区、西区、北区、中川区」だけでした。

2019年3月12日から「熱田区、千種区、昭和区」
2019年11月1日から「既存エリアをさらに拡大、瑞穂区」

さらに瑞穂区・中川区・北区・中村区にもエリア拡大しました。

現在利用可能な配達エリアは下記の通りです。

中区
中村区
西区
北区
中川区
東区
熱田区
千種区
昭和区
瑞穂区

 

名古屋市の中でまだエリアに入っていない区

港区
南区
緑区
天白区
名東区
守山区

名古屋でまだエリアに入っていない場所

名古屋市の中でも南部や東側のエリアはまだエリアに入っていません。
これから拡大していくことをと思います。

 

福岡エリア

九州上陸の第一弾の福岡では2018年11月28日にサービスエリアになりました。

福岡市エリアマップ 2019/12/29

2019年4月16日「早良区の一部」
9月20日には「既存エリアが拡大」

福岡市のエリアは下記の通りです。

博多区
中央区
南区
城南区
早良区

福岡市の中でまだエリアに入っていない区

福岡市の中心部はすべてエリアになっていますが、東側西側の区はエリア外です。
東側は九州大学などもあり早くエリアになってほしいですね。

東区
西区

京都エリア

京都も大阪と同様早い時期(2018年7月25日)にUberEatsのサービスエリアになりました。

京都エリアマップ 2018/12/29

2018年10月10日に「左京区・北区」
12月4日に「右京区・南区」
2019年9月20日には、「既存エリアが拡大」

京都のサービスエリアは下記の通りです。

中京区
下京区
東山区
左京区
北区
右京区
南区

ただ北区など市街地は入っていても北部はエリアに入っていません。

京都市の中でまだエリアに入っていない区

西京区
上京区
伏見区
山科区

神戸エリア

神戸は2018年7月31日にUberEats(ウーバーイーツ)エリアになりました。

神戸エリアマップ 2019/12/29

2018年10月16日に、「長田区・須磨区・東灘区」
2019年3月26日に「芦屋市・西宮市」
7月30日に「尼崎市」
9月20日に「既存エリアが拡大」

何よりも大阪エリアとつながったことで配達もスムーズになる方も多いかも知れません。

神戸の現在のサービスエリアは下記になります。

中央区
兵庫区
灘区
長田区
須磨区
東灘区
芦屋市
西宮市
尼崎市

神戸市でまだエリアに入っていない区

北区
垂水区
西区

    予定されているUber Eats(ウーバーイーツ)エリアは広島

    各エリアの拡大状況をみていると最初は中心部の小さなエリアでスタートして、だんだんと拡大していく様子が分かります。

    現在でも既存エリアのそばにお住いの方にとっては早くエリアにならないか待ちどおしい方もいらっしゃるかも知れません。

    次に大きくエリア進出を予定されているのが広島です。

    2020年の早いうちには進出すると発表がありました。

     

    今までのエリア拡大の方法から言えば、広島市ならまずは西区、中区、南区がスタートになるような気がします。

    Uber Eats(ウーバーイーツ)のエリアマップのまとめ

    いかがだったでしょうか。

    今現在のUber Eats(ウーバーイーツ)のサービスエリアを見てきました。

    東京の渋谷区と港区からスタートしてかなり広い範囲に拡大してきているのが分かります。

    ただ札幌や仙台といった大都市もあり、これからのUber Eatsのエリア拡大が楽しみですね。

    また既存のエリア拡大にも注目です。

     

    もし今すぐ出前を取りたいって方は、以前ご紹介した出前・デリバリー5サービスを比較|選ぶポイントはここにあり!のページにて他の出前サービスをお得に使い始める方法をご紹介しています。

    【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

    フードをご注文される方

    【UberEats】
    下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

    「interjpq2206j2go」
    コピーして使ってください。

    アプリのDLはこちらから

    アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

    パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

    【都内・大阪ならmenu】

    menuもおすすめ!!
    今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

    menu招待コード

    「tpg-8gkjzo」

    コピーして使ってください。

    アプリのダウンロード

    iPhoneの方はこちら
    Androidの方はこちら

     

    配達パートナーを考えているなら

    【サポート企画】
    電動アシスト自転車を無料貸出
    ・スマホホルダー付き!

    ・モバイルバッテリー無料貸出!
    ・ロゴなし配達用バック無料貸出
    ・配達バックをお預かり

     

    ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
    ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
    ※ご希望に添えないこともございます。

    【UberEats】

    今のフードデリバリーは活況です。

    キャッシュバックを実施中です。

    【menuがはじめ時】
    都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

    詳しくはこちらのページでご説明しています。

    今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

     

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事