チャージスポットの使い方や場所・料金は?配達中のバッテリー切れの緊急対応
チャージスポットの使い方や場所・料金は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達中のバッテリー切れは本当に困りますね。
急いでコンビニで乾電池式のモバイルバッテリーを買うこともできますが、1,000円近くするのが普通です。

配達1回から2回分がパーです。

今回はモバイルバッテリーをどこでも借りれて、どこでも返せるチャージスポットについて調べてみました。

無料クーポン付きの登録はこちらから

スポンサーリンク

チャージスポットの使い方や場所・料金は?

モバイルバッテリーをどこでも貸出・返却可をコンセプト始まったサービスです。
主要都市ではほぼ網羅されておりUber Eats(ウーバーイーツ)の配達エリアで困ることはない状況です。

 

・料金もとても使いやすい価格設定
・場所もドンドン増えている
・ひとまずいつでも使える様にしておいて損はない・
・でもモバイルバッテリーを1つは持っておいてその予備に
・借り方も返し方も簡単

 

チャージスポットの3つの特徴

・3タイプのケーブルが内蔵されています。
USB-C・iOS・Micro USB

そのため全てのスマートフォンだけでなくアイコスなどにも対応しておりケーブルも持ち合わせていなくても安心です。

・使いやすい料金設定
150円(税抜)から利用できるので使いやすいです。

・どこでも借りれてどこでも返せる
借りる場所も返す場所も制限がないということは、気楽ですね。
主要都市であればだいたい網羅しています。

スポンサーリンク

チャージスポットの利用料金

1時間未満 150円(税抜) 1時間以上~48時間未満 300円(税抜) 48時間以上~72時間未満 450円(税抜) 72時間以上~96時間未満 600円(税抜) 96時間以上~120時間未満 750円(税抜) 120時間以上~144時間未満 900円(税抜) 144時間以上~168時間未満 1,050円(税抜)

168時間以上借りるとどうなるか・・借りていたモバイルバッテリーは買取になってしまいます。
1,230円の違約金が加算されて合計2,280円の支払いが生じます。

無くしてしまった場合も同様です。

2,280円であればモバイルバッテリーを購入したと思えばいいかもしれません。
チャージスポットのモバイルバッテリーは自宅に戻ってからもマイクロUSBにて充電できます。

チャージスポットのバッテリーの容量は5,000mAhです。
一般的に売られているモバイルバッテリーにしては少し小容量になります。

ただアマゾンで10,000mAhのアンカー製のモバイルバッテリーが新品で2,800円程度なので割高であることは間違いありません。

それでももったいなく感じるのであればメルカリで売ってしまうなんて方法もありますね。
今見てみたら大体1,000円から1,200円程度で売れているようです。

スポンサーリンク

チャージスポットの使い方

使い方は簡単で手軽です。

 

1)アプリをダウンロードもしくはLINEから登録
2)アプリで簡単にバッテリーの場所を検索できます。経路も検索可能。
3)スタンドのQRコードを読み取ります。
4)バッテリースタンドからモバイルバッテリーを取り出せます。
5)スロットの空いているスタンドを探して返却

 

チャージ スポット アプリかLINEアカウント

アプリをダウンロードしてログインします。

チャージ スポット アプリをダウンロード

電話番号を入れて、利用規約のチェックマークを入れてログインを押せば自動的に承認コードのSMSが届きます。

 

もしくはラインアカウントでも利用できます。

チャージスポットはアプリを壇ロードしなくてもLINEから使えます。

 

アプリでバッテリースタンドの場所を検索

アプリのマップ上にチャージスポットが置いてある店舗を確認できます。
現在地からなるべく近い場所を探したいときは
「近くのChargeSPOTを探す」をタップすることで検索できます。

そのままマップで経路を表示してくれます。

ピンをタップすると詳しい情報を確認できます。

・貸出可能数
バッテリーの在庫があるかどうか。現場までいってなかったら悲しいですよね。

・返却可能数
逆に返すとき、空きスロットがなければ返却もできません。

・置いてある店舗の営業時間
児童販売機のように外に置いてあるわけではなくお店の中なので営業しているかの確認は大切です。

自動販売機業界最大手の富士電機株式会社と共同で、スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」を搭載した自動販売機を展開していくようです。
そうなれば営業時間も気にしないで平気ですね。

チャージスポットが置いてあるお店に到着してら、スマホの写真からどのあたりに置いてあるか確認できます。
レジの横や、入り口、中にはあまり目立たないところに設置しているケースもあります。

チャージ スポットへバッテリーを返却

返却する店舗も借りるとき同様に近いところにどこでも返すことができます。
気を付けなくてはいけないのが返却できる個数です。

スマホの画面で確認できるので2つ以上のところが安心ですね。

チャージスポットの置いてある場所

主要都市であればかなりの多くの設置台数になっています。
設置されるお店にとっても、来店客を増やせるというメリットもあるからだと思います。

Uber Eatsの配達エリアで困ることはありません。

 

 

チャージスポットの使い方や場所・料金 【まとめ】

Uber Eats(ウーバーイーツ)の待機中ならまだしも配達中のバッテリー切れは焦りますよね。
いざというときの保険のためにもチャージスポットでのモバイルバッテリーの借り方返し方、料金設定を理解しておくと安心です。

現在お友達を紹介すればお互いに無料でレンタルできるクーポンがもらえます。

1. 招待を受けた新規ユーザーは自分の電話番号を入力します
2. ChargeSPOT APPをインストールし、1で入力した電話番号と同じ電話番号でログインをすると、ChargeSPOTを無料で使用できるクーポンが自動で登録されます。招待を受けたユーザーだけではなく、紹介者にもクーポンが付与されます。
3. 紹介者は何度でもユーザーを招待することができ、招待に成功するたびにクーポンが付与されます。
4. 獲得したクーポンはChargeSPOTでバッテリーをレンタルする際に自動で適用され、バッテリーを無料でレンタルすることが可能です。

チャージスポット 友達紹介詳細から

試しに登録だけしておいても無駄ではありませんね。
無料クーポン付きの登録はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事