Chompy(チョンピー)・UberEatsと徹底比較!稼げる?時給・報酬は?保障はどう?
Chompy(チョンピー) ってどう?

フードデリバリーサービスのChompy(チョンピー)2020年2月よりサービス開始されます。

今まではフードデリバリーといえばUberEats。

そこに新しく誕生するChompy(チョンピー)はどのようなサービスでしょうか。

Chompy(チョンピー)にご興味をお持ちになったら公式ページで内容を確認してください。

◆今までUberEatsの配達員をしてきたけど鳴らないときは鳴らない。

◆配達員の仕事は運動にもなるし小遣い稼ぎにもなるけどChompy(チョンピー)ってもっと効率のいいの?

◆これから配達員をやろうと思うけど、好きな時間で稼げるのはやっぱりUberEats。最近Chompy(チョンピー)って聞いたけどどっちがいいの?

スポンサーリンク

Chompy(チョンピー)ってどう?UberEatsと徹底比較!

結構稼げそうだし、時給の保証もあるからまずはChompy(チョンピー)に登録してみることをオススメです。

このページでは報酬面や始めるときのキャンペーン、その他事故やケガの保障なども比較してみました。

今Chompy(チョンピー)を始めるのはUberEatsと競合関係にあるし、配達員に少しでもメリットを提供しようと思っている可能性があります。

トータル的に今のところ一回はChompyで稼働してみることがいいと思います。

ただ本当にオーダーが多いか、少ないか、稼げるのか不安な方も多いかと思います。

ただ、その部分は心配する必要がなさそうです。

スポンサーリンク

Chompy vs UberEats 報酬・保障・キャンペーンを徹底比較

この項目では具体的にChompyで稼げるのか、保障に対する安心感についてUberEatsと比較してみたいと思います。

Chompy報酬の具体例

ピック/ドロップ収入:125円ずつ

距離収入:75円/km
ピック/ドロップの全ての移動に対し報酬を支払います
待機収入:75円/5分
5分以降は1分毎に15円ずつ支払います
※支払上限金額あり

UberEatsと比べて大きく違うが

1)お店に取りに行く場合でも報酬発生
2)待機時間でも報酬発生

UberEatsの料金表と比べてみると

各エリアのUberEats配達報酬

受取受け渡し両方
UberEats 390円
Chompy 250円

UberEatsの勝ち

距離料金
UberEats 60円/km
Chompy 75円/km

ここは大きくChompy(チョンピー)の勝ち
なぜならChompy(チョンピー)は商品を取りに行くときも発生するからです。

UberEatsをやっててつらいのが、かなり遠くにピック(商品を取りにいくこと)しに行くときに、この時間は報酬が発生していないんだと考えてしまいます。

そのうえ、届けるのがめちゃ近かったら本当に残念な気持ちになっていました。

Chompyは取りに行くときでも報酬が発生するのでその心配は不要ですね。

 

待機収入

UberEats なし
Chompy 75円/5分

5分以降は1分毎に15円ずつ支払います
※支払上限金額あり

完全にChompyの勝ちですね。
この待機時間の報酬発生ってすごいですね。

待っているだけでも無駄な時間になりません。
計算してみると待っているだけで時給1,500円になりますね。

Chompy(チョンピー)のキャンペーン

6月の末まではキャンペーンで1.5倍になるようです。

先ほど説明した、かなりお得な配達料金がさらに1.5倍です。

キャンペーン適用時の基本収入の目安

ピック/ドロップ収入187.5円ずつ
距離連動収入112.5円/km
待機時間連動収入112.5円/5分

これには少し条件があるので補足しておきます。キャンペーン適用条件

  • 11:00~15:00のうち3時間以上、Chompy上でオンラインであること
  • 配達オファー承諾率が80%以上であること
  • 迅速かつ丁寧に配達を行うこと
  • Chompy指定のバッグ・ウェアを着用すること
  • その他、他の業務を兼務している事が明白でないこと

他の業務を兼務している事が明白でないこと」の注意書きをみると、UberEatsとの兼業はNGっぽいですね。
あくまでキャンペーン適用の場合ですけど。

ただ、待機時間が112.5円/5分も付くなら堂々と待機していたほうがよさそうです。

※時給2,000円以上を保証します(時給2,000円を下回る分の収入を追加支払いします。

そのうえ保証が付くようです。

支払いタイミングの比較

Chompy(チョンピー)は1週間ごとにお支払いとのことです。
具体的に毎週火曜日に、前週の月曜から日曜までの収入をお振込

つまり翌週払いなのでUberEatsと遜色なしですね。

ベテラン配達員のChompy(チョンピー)転籍キャンペーン

他フードデリバリーサービスでの配達回数 × 5円
※上限金額は2.25万円

今までUberEatsで頑張って配達した成果を無駄にしないようです。

今までUberEatsをご紹介した方にも1,000回達成されているかたもたくさんいらっしゃいました。

その方は5,000円もらえることになりますね。

※2月29日までのクルー登録完了と登録から60日以内に30回の配達完了された場合にキャンペーン適用条件となり、お祝い金の支払い対象となります

 

Chompy(チョンピー)へ友達紹介キャンペーン

招待した人・された人の双方に7,500円とのこと。

UberEatsは紹介した人へのボーナスでしたが、両方に出るのはいいですね。

UberEatsでは始める人に電動アシスト自転車を無料でお貸ししたりしていました。

今回も何か考えようと思います。

登録完了から60日以内に30回の配達を完了した場合、報酬7,500円を受け取る権利を取得します

サポート体制の比較

UberEatsのスタート時は特に事故やケガの保障はありませんでしたが現在はしっかりと保障があります。

Chompy(チョンピー)にもしっかりと保障があるようですので比較してみました。

対人・対物賠償責任

配達中の事故で他人にケガをさせたり死亡したり、モノを壊したときの損害賠償責任に対する補償です。

UberEats
限度額 1億円
免責 5万円Chompy
限度額 1億円
免責 0円

免責とは事故があったときの自己負担額です。

つまり、UberEatsの場合、5万円までの事故については自己負担ですよということになります。

もちろん大きい事故の場合はどちらも一緒ですが、たいていの事故は5万以内で済んでしまいそうです。

◆傷害見舞金
先ほどは相手方のいるときにおこる賠償責任ですが、これは自分自身に対する補償です。◆死亡見舞金
どちらも一緒
10,000,000円◆医療見舞金
UberEats
250,000円Chompy
1,000,000円◆葬式費用
どちらも一緒
1,000,000円◆後遺障害見舞金
どちらも一緒
後遺障害等級の確定に要する費用

◆1日あたりの入院に伴う見舞金
UberEats
7,500円(30日を限度とする)

UberEats
7,500円(60日を限度とする)

◆入院一時金
UberEats
なし

Chompy
15,000円

見てみると圧倒的にChompyに安心感がありますね。

きっと今後はUberEatsも改善してくるのではないかなと思います。

スポンサーリンク

Chompy(チョンピー)ってどう?UberEatsと徹底比較!:まとめ

どうでしたか?

2月からサービススタートとなるともう秒読みですね。

今回はUberEatsとChompyで報酬面を中心に比較してみました。

ただUberEatsもベテラン配達パートナーを逃したくないと思うので、さらに待遇がよくなる可能性もあります。

配達員からみれば少しでも待遇がよくなることは嬉しいことです。

UberEatsもこれからより一層、配達パートナーの待遇がよくなることに期待です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事