時給換算1800円以上!あ、あのUber Eatsのお兄さんカッコいい!
お腹すいた方・配達したい方

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
始めるなら今!

 

キャッシュバック有の招待コードは自動返信にてお送りしております。

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

※本文中の「初回配達12,000円」「出前館のキャンペーン」については実施していた当時の内容です。

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

配達手段
レンタル自転車
配達エリア
東京
年齢
30代
時間あたりの売上
1,800円以上
Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録した日付
2019/07/01

スポンサーリンク

日本全国でメディア出演も多数。

本業は自営で飲食業をし、地域活性化、防災組織運営、チャリティなど若者が目を背ける類のコンテンツに積極的に面白おかしくデザインする取り組みを行なっています。

防災組織は特にメディアの関心が強く、NHKの朝ドラ前のニュースにも取り上げられています。

飲食業が専門ということもあり、組織では非常食のアレンジに力を注ぎ、世界にも類を見ないアイディアで調理を行う。

具体的には、非常食で寿司を作ります。

また、国内外問わずミュージシャンとして活動を行なっています。

モントリオールでは1万人規模のフェスに出演。

日本全国でメディア出演も多数。

カナダでは流通ビジネスを立ち上げ、初月から売り上げを上げる事に成功しています。

スポンサーリンク

スマホホルダー移設は色々と工夫

 


17歳からピザ、寿司のデリバリーを経験し、バイク便やドライバー業は数多く経験してきたので、できるだけ早くお店様からお預りした商品をそのままの状態で届けかということを念頭に従事しました。

店舗への引き取りの際は、他のお客様へ邪魔にならない配慮を意識していました。

また、お店様とお客様には対応もスムーズに笑顔で「お預かりします」、「お待たせいたしました」など、個人事業主としての責務と、「大切にお届けする」という業務を意識していました。

最初に諸先輩方のブログなどを拝見する事で、始める際の不安要素を取り除きました。


具体的には、このバックの扱い方です。

お預かりした商品が動かないようにする工夫は様々あり、私自身もすぐに用意できる素材で工夫しました。

また、自転車での宅配なので、スマホナビにする際の道具などは結構調べました。

安く初期投資を済ませたかったのでそれなりに用意しましたが、使いながら改造を加えて使いやすいようにしていきました。

レンタサイクルを利用しながらのスマホホルダー移設は色々と工夫しています。

スポンサーリンク

好きな街、エリアを自転車で走りながら仕事をする

本当に手軽に始められるので、今のところ本業と合わせ、週3は稼働させようと思っています。

やりながら気づいた事は、スタートアップの個人事業主の方はもしかしたら多く利用しているのかなと。

こういうシステムを働く側でも体験する事で、自身のサービスにアイディアとして体験から落とし込むというのは僕が現在行っていることですし、良い刺激を受ける仕事だと感じています。

気負うことなく「気軽に」というのが本当にマッチする仕事です。

例えば好きな街、エリアを自転車で走りながら仕事をする。

東京ミッドタウン、六本木ヒルズや銀座、赤坂、高層マンション、高級マンションからのオーダーもあるでしょう。

固定店舗であれば、そのエリアしか配達できなかったけど、Uber Eatsは違います。

そんな面白みが詰まったドライバー業務かな。

すぐ始められて、いつでもやめられる

大学生や若い人のアルバイトとしてはUber Eatsドライバーは最適だと思います。

個人事業主としての経験なんて、そんな簡単に経験できるものではない。

ただドライバーのアルバイトをやってるよりも、全ての判断が結果に左右するのだから、こういう体験は非常におススメです。

だって、すぐ始められて、いつでもやめられるしね。

そして、自分なりにに工夫してアイディアを形にしていくことでより、自分の仕事としての型が生まれてきます。

「頑固親父のドライバー」なんて肩書きもいいかも。

運搬用のバックの中をとうやってコーディネートするか?

お客様とどう接するか?

街中をどうやって滑走するか?

全部があなたの仕事になります。

ぼくは、街中でUber Eatsのバックを背負いながら、少しでも「あ、あのUber Eatsのお兄さんカッコいい」って思ってもらえるように走る事、振舞う事を心掛けています。

そうする事で、Uber Eatsの飲食もよくなり、利用してくださる方が増えていって、ドライバーの仕事も成立していくのかなと思っています。

同じ切磋琢磨を理解してる仲間だと思うか

すれ違ったドライバーに挨拶したり、同じお店でピックするドライバーがいる時はなるべく挨拶しています。

こういう仕事だから、そういうのも良しとしない人もいるのだろうけど、僕はできるだけしようと思っています。

ライバルでもあるけど、同じ切磋琢磨を理解してる仲間だと思うから。

そういう仲間がいてこそ、頑張れるかなと思います。

お腹すいた方・配達したい方

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
始めるなら今!

 

キャッシュバック有の招待コードは自動返信にてお送りしております。

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

※本文中の「初回配達12,000円」「出前館のキャンペーン」については実施していた当時の内容です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事