menu(メニュー)アカウント停止!?絶対に注意しておきたいこと
menu(メニュー)アカウント停止!?絶対に注意しておきたいこと

フードをご注文される方

【当サイト限定!今だけ】
下記のプロモーションコードでなんと合計2,000割引!!

新規インストール後、menuアプリ内でクーポンコード5桁【36801】を入力してください。

 

・すでにアプリをダウンロード済みの方は招待コードで初回注文の割引が適用されます。

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

 

配達クルーを考えているなら

 

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・バッテリーが無くなったら即交換!
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・配達バックをお預かり

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

今のフードデリバリーは活況です。

登録に費用もかかりません。

30回の配達で配達料とは別に10,000円を獲得できます。

「GCX378」

コピーして使ってください。

せっかくmenuに登録して、経験値を重ねて基本報酬が上がるところでアカウント停止。。

こうならないためにも配達前にmenuのルールやマナーを事前に確認しておきましょう。

スポンサーリンク

menuでの配達は個人事業主

好きな時間に、好きなだけ稼ぐことができるmenuですが、リスクもあります。

なにより知っておくべきなのは、ご自身が事業主で、つまり社長であること。

 

配達中の自転車で子供にぶつかった

配達先の高級マンションで商品の食品を落としてカーペットを汚した

お客様に手渡すときにバランスを崩して、お客様の洋服を汚してしまった

 

もし配達のアルバイトであれば、会社に雇用されています。

つまりこのような問題が起きたときに相手方と問題解決にあたるのはその会社の立場のある社員であることが多いです。

また、基本的には相手方への損害賠償も、会社が負担してくるはずです。

 

ただmenuの配達クルーはmenuに雇われているわけではありません。

あくまで飲食店から配達の依頼を受けて、配達業者である配達クルーが自営業として配達しています。

 

つまり、問題が起きたときは自分自身でその問題解決に向かい、場合によっては損害を賠償しなくてはなりません。

そのためにも、適切にリスクを知り、場合によっては保険の加入なども検討する必要があります。

実際にそこまで大きなトラブルになるようなことは滅多に起きませんが、事実を理解しておくことは大切です。

 

一回のトラブルで何十回分の配達報酬がパーになることも考えられます。

 

 

それだけではありません。

雇用契約のアルバイトならば仕事のミスですぐに解雇となることはあまりありません。

よほどのことがない限り、雇用主からの一歩的な解雇は解雇権の乱用と司法でも判断されることもよくあります。

 

ですが、menuは雇用されていません。

つまり労働法や雇われ人としての保護を受けることができません。

 

この部分は稼ぐと考える前にしっかりと認識しておくべきことです。

 

 

 

スポンサーリンク

menu配達クルーとしてのマナーを守る

 

最低限のマナーとしてmenuが掲げていることをピックアップしました。

 

 

清潔感を心掛ける

運ぶのは食品だからこそ、安心して注文した方が食べられるように清潔感がある服装や身だしなみ

飲食店の店内や配達先の建物での振る舞いやマスクの着用、ポリエチレンの手袋の使用

 

コミュニケーション

気を付けなければならないのがレストランに入店するときの指示

menuのアプリに「レストランからの注意事項」が表示されるので必ず確認しましょう。

 

連絡手段

menu配達中に起きるトラブルや注文者からのキャンセルなど緊急時はmenu運営から電話がある可能性もあります。

配達している間は、安全に配慮して電話に出れるようにしておくべきです。

 

商品を丁寧に扱う

中には配達しにくい、ドリンクや寿司などもあります。

配達バックの中で揺れて動かないように固定することや、段差の乗り越えの時に腰を浮かせるなど商品が崩れないように心がける必要があります。

 

置き配の対応

通常の配達であれば玄関で注文者に手渡しができるので、配達先を間違えることもありません。

ただ「玄関先までお届け」や「玄関先に置いておく」の場合は配達先の間違いにつながる可能性が高まります。

実際にインターフォンをならすか鳴らさないかは難しい問題です。

menuの運営によると、インターフォンを鳴らす、メッセージを送るなど注文者の指示に合わせる様にとのことです。

中にはインターフォンを鳴らされるのも嫌う方もいらっしゃるかもしれません。

チャットのメッセージで届けたことをお伝えすることはしておいたほうがいいでしょう。

 

玄関先に置いて置く場合も、床に置かずに紙を一枚引いて置くと気遣いになります。

 

スポンサーリンク

気を付けたいmenuアカウント停止になる可能性

アカウント停止は何より避けたい処分です。

自分では適切に処理をしているつもりが、ルールから外れた判断になっている可能性もあるので配達する際は今一度確認しておきましょう。

 

UberEatsと一緒に受注

もちろん、待機時間にどちらかを受注したら、一方をオフラインにしておけば問題ありません。

もし同時に受注して、近いから同時にピックしようと考えたら配達の遅れにつながります。

また最短ルートから外れることになるので、後から指摘を受ける可能性があります。

必ずどちらか1つのアプリで稼働しましょう。

 

登録した車両で配達する

登録時に自転車・バイクを決めているはずです。

必ず登録した車両での配達が必要です。

 

配達時は最短ルートで

menuは以前は直線距離での計算でしたが、最近は徒歩ルートで計算してくれます。無駄な遠回りはペナルティーの対象になるのでマップを確認して最短で行ける様に心がけましょう。

 

もちろんマップ通りに進めない道もありますので、その限りではありませんが。。

 

アカウントを友人に使わせること

menuのインセンティブには経験値ボーナスがあり、配達回数が増えれば増えるほど基本報酬が上がっていきます。

そのため、アカウントの使いまわしをすればもちろん回数が増えていきますがこれも思いペナルティーになりますので注意しましょう。

 

menuでトラブル発生! どうしたらいい?

配達というか仕事をしていれば色々なトラブルが起きても仕方ありません。

いくら誠実に業務をこなしていても、トラブルは避けられないのです。

 

また、トラブル発生時にパニックになって適切な対応ができなくなるとそこから2次被害が発生してアカウント停止などの処分を受けることもあり得ます。

 

事前に知ってきたいこと、パニックにならずに起こりえる代表的なトラブルは

 

配達中に料理をこぼしてしまった。

配達中に事故に巻き込まれた、

事故を起こしてしまった。

発注者に料理や対応についてクレームを言われた。

飲食店のスタッフに強い言葉で威圧された

 

このサイトに掲載されている数百の体験談でもこのような事例はいくつも見られます。

例えば、料理をこぼしてしまった場合

料理を心待ちにしている注文者の方がいらっしゃいます。

緊急を要する対応が必要です。

 

私なら軽度のこぼれなら注文者の方に謝罪をして、判断の仰ぎます。

もし、かなりの商品を毀損してしまっている場合は、一度サポートチームに連絡をして相談するべきです。

 

配達中の交通事故は、

何よりもケガをしている方の救護に続いて警察への連絡になります。

自分もケガをしている場合は、自分の身の安全も考慮しなくてはいけません。

 

その後にサポートチームへの連絡でその後の対応を相談するといいでしょう。

サポートチームから注文者や飲食店に連絡と説明をしてもらえます。

クレームを受けること

届けた先の発注者から自分の責任ではないようなクレームを受けることもあります。

例えば、

 

飲食店の料理の完成が遅くてそれが原因で届ける時間が遅くなってしまった場合。

飲食店から受け取ったときの料理がすでに冷めていて、それを指摘された。

商品が違っていると言われた。

 

自分の責任ではないとしても、その場で注文者に「私の責任ではない」と伝えるのは間違っています。

 

一旦は、注文者の申し出が事実であれば謝罪をしてその後の対応をサポートチームに連絡をして引き継いでもらうことが大切です。

注文者にもその後の対応の説明をしたうえで、立ち去るべきです。

 

クレームではありませんが、発注者から領収書を求められたらアプリからダウンロードできることを伝えましょう。

 

飲食店のスタッフの暴言

最後に飲食店のスタッフの中には配達クルーを自分が雇用してるバイトのような感覚でかなり上から目線で話をしてくることがあります。

あまりにひどい場合は、その事実をサポートチームに相談しておくことも大切です。

他の配達クルーも同じ思いをしてる可能性もあるので、menuの基本である注文者、飲食店、配達クルーそれぞれ敬意を払って業務にあたることが大切です。

 

アプリに不具合発生!配達できない

menuはすべてアプリを通して仕事が流れていきます。

ただ、アプリも万全ではありません。

何かしらトラブルが起きることもあります。

 

その際は、アプリの再起動、スマホの再起動を試しみてそれでも不具合が解消しない場合はサポートチームに連絡しましょう。

配達中のトラブルであれば、下記電話番号になります。

050-1744-2634

 

もし配達中でなければメールでの問い合わせがルールになります。

 

配達先に注文者が不在

まずは注文者に電話をしてみることが先決です。

電話に出ない場合はサポートチームに電話して相談してみて下さい。

 

配達先がmenuアプリに出てこない

配達先の住所の不備の可能性もあります。

発注者の方に電話、チャットで配達先の住所の確認をしてみましょう。

 

住所が2つ出てくる場合もあるので後者が優先です。

よくわからない場合は、発注者に電話、チャットで連絡⇒連絡がつかない場合はサポートチームに相談という段取りです。

 

 

 

 

 

menuでアカウント停止・トラブルまとめ

今回の記事は少しネガティブなことを書いてしまいました。

ただ、お気楽にできるバイトという認識で始めてしまうと後で後悔しかねません。

 

冒頭でお話した通りmenuでの配達クルーの仕事はあくまで個人事業主としてのリスクがあることを理解しておく必要があります。

雇われていないからこその自由である反面、自己責任や保護がないことは怖いことでもあります。

 

次にお話した「menu配達クルーとしてのマナーを守る」ですが、どれも社会人としては基本的なことかもしれません。

ただ、最初のうちは「早く配達しなくては」という焦りから「注意事項」を見落として関係者に迷惑をかけてしまうかもしれません。

だからこそ、「menu配達クルーとしてのマナーを守る」を忘れないように再度読み直してから最初の配達に出ることが大切です。

 

 

「menuアカウント停止になる可能性」でお話した内容はきちんとルールを理解していないと軽視してしまう内容かもしれません。

例えば普段はバイク登録で配達していた方が、たまたまバイクの調子が悪く自転車で配達してしまうなんてことはルールを知らなければ悪いこととは考えないと思います。

 

最後の「menuでトラブル発生! どうしたらいい?」では緊急時のトラブルについてお話しました。

交通事故を含めて不慮の事故は起きるものです。

それをある程度シュミレーションしておけばいざ何かあったときに適切に対処できます。

 

せっかくmenuという自由で素晴らしい副業に出会ったのに、後から知らなければよかったと思うような後悔をしないようにこのページの内容は一通り頭に入れておきましょう。

 

リスクをしっかり認識したうえで、もっと効率的に稼ぐための報酬の仕組みや揃えておきたいグッズも別記事で紹介しています。

配達前にさらっと目を通しておけば必ず役に立つはずです。

 

 

 

フードをご注文される方

【当サイト限定!今だけ】
下記のプロモーションコードでなんと合計2,000割引!!

新規インストール後、menuアプリ内でクーポンコード5桁【36801】を入力してください。

 

・すでにアプリをダウンロード済みの方は招待コードで初回注文の割引が適用されます。

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

 

配達クルーを考えているなら

 

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・バッテリーが無くなったら即交換!
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・配達バックをお預かり

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

今のフードデリバリーは活況です。

登録に費用もかかりません。

30回の配達で配達料とは別に10,000円を獲得できます。

「GCX378」

コピーして使ってください。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事