menu(メニュー)配達の準備すること・アイテム
menu(メニュー)配達の準備すること・アイテム
9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを

フードをご注文される方

【当サイト限定!今だけ】
下記のプロモーションコードでなんと合計1,000割引!!

・まだアプリをダウンロードされたことがない方

(自動的に割引が適用されます)

 

・すでにアプリをダウンロード済みの方は招待コードで初回注文の割引が適用されます。

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

 

配達クルーを考えているなら

初めてのご配達が2020年9月28日0時00分から50回配達で10,000円に減額になります。今が登録のチャンス!

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・バッテリーが無くなったら即交換!
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・配達バックをお預かり

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

今のフードデリバリーは活況です。

登録に費用もかかりません。

30回の配達で配達料とは別に25,000円を獲得できます。

「GCX378」

コピーして使ってください。

menuで配達するための準備すべきアイテムや装備、できればあったほうがいいものを集めてみました。

絶対になければならないアイテムと、持っておいて損はないアイテムに分けて紹介しています。

 

絶対必要なもの

スマホ

登録済みの自転車やバイク

配達用バック

 

menuの配達にあったほうがいいアイテム

あったほうがいいもの

バックの中で固定するタオルやエアキャップ

置き配に対応するためのペーパー

自転車に設置するためのスマホホルダー

スマホの予備バッテリー

雨対策

 

スポンサーリンク

【絶対】menuで配達するために必要なアイテム

装備の中でも最低限揃えなければならない3点です。

 

配達用バック

menuでの配達用バックは特に指定がありません。

配達バックに必要な機能

基本的には

型崩れしにくい

安定感がある

保温機能

防水加工

折りたためるとベター

 

まずは保温性ですが、温かいものを温かいまま、冷たいものを冷たい状態で注文者にお届けするためにも絶対必要な機能です。

そのうえで、型崩れしにくいといえばやはり定番のUberEatsのバックやmenuのロゴが入ったバックが安心です。

フードデリバリーバックもどんどん進化しており、防水機能もかなり高くなってきています。

値段も4,000円なのでひとまずmenuの公式バックであれば問題ありません。

 

menuデリバリーバッグ

menuデリバリーバッグ

menu専用の配達バッグは下記のサイトからご購入できます。
https://menu.official.ec/

 

スマホ

スマホはiPhoneでもアンドロイドでも大丈夫です。

ただ、あったほうがいいの防水、防滴機能です。

 

もちろん突然の雨にはビニール製の防水ケースなどにスマホを入れて対応すれば問題ありませんが、操作性がかなり悪くなります。


 

わざわざ、menuを始めるのに買い替える必要まではありませんが、次回購入する際は防水機能付きのスマホにしておいた方がいいでしょう。

スマホのスペックはそれほどこだわらなくても、menuのアプリの挙動には問題はありません。

 

登録済みの配達車両

登録したバイク

配達するには自転車かバイクが必要です。

バイクは事前に車両ナンバーや保険、免許の登録が必要になります。

 

最初は自転車で配達してたけど、やはりバイクでやってみたいと思ったら改めて応募フォームに入力することで変更は可能です。

その際はプロフィール写真や口座情報、招待コードは初回登録の状態で引き継げます。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)は軽貨物登録された4輪(黒ナンバー)でも登録できますがmenuでは現在2輪のみになります。

・自転車
・第一種原動機付自転車(~50㏄)
・第二種原動機付自転車(51~125㏄)
・二輪の軽自動車(126~250㏄)

 

現在自転車をお持ちでない方はドコモの赤チャリなどのシェアサイクルで十分こなせます。

バイクもわざわざ購入しなくてもひとまずレンタルで試してみるのも方法です。

もちろん自分以外のバイクでも登録は問題ありません。

例えばですが、こちらのお店ではジャイロキャノピーのレンタルをやってます。

ホンダ ジャイロキャノピー ミニカー

スポンサーリンク

menuの配達にあったほうがいいアイテム

この章では絶対にないと配達ができないって程でもありませんが、念のため事前に準備をしておけば安心って感じです。

 

ただ、ある程度回数を来ないしている配達クルーは皆さん全員準備しているといっても過言ではありません。

 

 

バックの中で固定するタオルやエアキャップ

配達バックの中にはいくつも仕切りがあり、ドリンクをはじめとした崩れやすい商品を固定するためにはタオルやエアキャップなどで隙間を埋める必要があります。


 

また100均で売っているケースも役に立ちます。

これらのグッズは実例があったほうがいいので写真もいくつか添付しますが、下記記事も参考にして下さい。

 

 

置き配に対応するためのペーパー

最近は置き配を依頼する注文者も増えてきています。

玄関のノブに商品をかけるのも方法ですが、崩れやすい商品だと傾いたり、玄関を開けるときに揺れてしまいます。

かといって、地べたにそのまま置くのも上品じゃありません。

ならば、紙を一枚置くとか、ビニールを一枚引くだけで気遣いが感じられます。

紙ならばロール状のキッチンペーパーなどを普段は商品固定用に持ち歩いて置き配の時は1枚使うなんて方法も有効です。

 

 

自転車に設置するためのスマホホルダー

これは絶対必要と思います。

もしポケットに入れて止まったときに地図を見るのであれば面倒です。

自転車にしっかりと固定して、いつでも目線を下げれば地図が入るほうが効率的です。

注文者からのメッセージや注意事項なども気が付きやすいです。

もしシェアサイクルを利用している場合なら、毎回付け替えるのが面倒かもしれません。

そんな時は腕につけるタイプのホルダーも便利です。

 

スマホの予備バッテリー

仕事帰り、学校帰り、自宅周辺だけならあまり必要ないかもしれませんが、念のため準備しておいて無駄はありません。

地図をずっと表示して移動していると思いの外、バッテリーを消費します。

もしスマホが1台しかなく、配達中にバッテリーが上がってしまったらパニックです。

注文者やmenuのサポートにも連絡ができません。

そのためにもモバイルバッテリーを1台持ち歩いておきましょう。


また、スマホ自体が壊れることも考えられます。

自転車で移動中に運悪くスマホホルダーから外れて落としてしまったなんてことも考えられますね。

そんなときのためにもmenuのサポートダイヤルは紙に書いてポケットや財布に入れておくと安心です。

 

menu サポート

05017442634

 

自転車用のヘルメット

バイクの方は当然にヘルメットをかぶっていますが、自転車の場合はヘルメットをかぶらない方もたくさんいらっしゃいます。

私は、絶対にかぶったほうがいいと思います。

大きな理由は2つ

・安全のため

・飲食店のスタッフに理解してもらうため

 

最近フードデリバリーの自転車事故も増えてきています。

自転車に乗る時間が増えればそれだけ事故にあうリスクも増えます。

 

プライベートで知っている道を走っているのとは違って、知らない道をスマホの地図を頼りに走行していれば、いくら安全に配慮をしていても気が散ってしまうこともあるかもしれません。

事故の時に頭部を守ってくれるヘルメットがあるかないかは大きな違いになりかねません。

自転車用のヘルメットといってもバイクのように重くもなく、風通しもいいのでかぶっていることを忘れるくらいです。

自転車のヘルメットはロードバイクのスポーツタイプであれば汗を逃がす穴も多く空いています。

 

次に、飲食店のスタッフにすぐに見つけてもらえる、判断してもらえることもメリットです。

店内の混雑状況で配達バックを外に置いて店内に入ったときは、スタッフの方もお客様なのか配達クルーなのかが分かりません。

 

もちろん行列ができていても、配達クルーならば列の横をすり抜けてカウンターまで行ってスタッフに声がけはしますが、店内にいるお客様からになんとなく気まずいです。

ヘルメットをかぶっていれば、配達クルーなのが分かるのでその辺もメリットになります。

 

ヘルメットは金額も安いものであれば3千円程度からありますので、自分の命を守る意味でも準備しておきたい1品です。

 

ヘルメットの選び方などを詳しく説明した記事があります。

雨対策

雨の日は絶対やらない方には必要ないかもしれません。

ただ、突然の雨も考えられます。

 

いきなりの豪雨で配達に危険を感じる場合は、まずはmenuサポートに電話をして相談してみて下さい。

もちろん緊急時のために最低限のワンピースタイプのカッパとスイムタオルはあると便利です。

ビショビショの体で高級マンションのエントランスやエレベーターに乗るのは迷惑をかけてしまいます。

スイム用のタオルがあれば軽く絞るだけで吸水力が回復するので何度でも水分を取り除けます。

 

一枚バックに入れておきましょう。

また雨の日に気を付けることなどを特集しました。

スポンサーリンク

menuの配達で準備すること【まとめ】

menuでの配達で準備すべきアイテムをお伝えしました。

簡単にまとめてみます。

絶対に必要なものとして

配達用バック

スマホ

登録済みの配達車両

menuの配達にあったほうがいいアイテム
バックの中で固定するタオルやエアキャップ
置き配に対応するためのペーパー
スマホの予備バッテリー
自転車に設置するためのスマホホルダー
雨対策

この程度のアイテムをそろえておけば、一通り安心です。

その他は、人によって日焼け止めやドリンク、軽食などもあれば効率よく配達できるかもしれません。

 

アイテムについてはしっかりとご理解できたのではと思います。

ただmenuの配達の準備としてはまだあります。

 

アカウント停止などのペナルティを受けないためにも最低限のルールを知っておくこと。

効率的に稼ぐために、配達報酬の計算の方法を知っておくこと。

 

これは別記事にまとめていますので、配達を始める前までに目を通しておいてください

9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを

フードをご注文される方

【当サイト限定!今だけ】
下記のプロモーションコードでなんと合計1,000割引!!

・まだアプリをダウンロードされたことがない方

(自動的に割引が適用されます)

 

・すでにアプリをダウンロード済みの方は招待コードで初回注文の割引が適用されます。

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

 

配達クルーを考えているなら

初めてのご配達が2020年9月28日0時00分から50回配達で10,000円に減額になります。今が登録のチャンス!

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・バッテリーが無くなったら即交換!
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・配達バックをお預かり

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

今のフードデリバリーは活況です。

登録に費用もかかりません。

30回の配達で配達料とは別に25,000円を獲得できます。

「GCX378」

コピーして使ってください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事