Uber Eats(ウーバーイーツ)稼げるエリアの選択はどうすれば??

①Uber Eats(ウーバーイーツ)でフードをご注文される方は下記のプロモーションコードで1,000円引きになります。

「ins6js2e」
コピーして使ってください。
Uber Eatsはこちらから

 

②配達パートナー向けの紹介ボーナスのキャンペーンは現在は停止されています。

Uber Eats稼げるエリアの選択はどうすれば??

Uber Eatsで稼ぐためのエリアや注意点を教えて下さいました。

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

配達手段
自前自転車
配達エリア
東京
年齢
30代
時間あたりの売上
1,500円以下
Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録した日付
2019/06/05
Uber Eats(ウーバーイーツ)プロフィール画面

Uber Eats(ウーバーイーツ)プロフィール画面

スポンサーリンク

秋葉原のサービスセンターに足を運んだが・・

本業はメーカーで営業をしております。

今回Uberを始めたきかっけは、ダイエットの為毎週末ジムでエアロバイクを漕いでいたですが、ある日の帰りにUberの配達員を目撃し、”私は自転車を漕ぐ為に今お金を払っているが、あの人たちは自転車を漕いでお金を貰っている。やらないと損だ”と思い立ち、始めることを決意致しました。

決意してからは直ぐにオンラインで登録し、秋葉原のサービスセンターに足を運びました。

平日の午後6時前に訪問しましたが、待ち時間が1時間とのことで、近くの虎ノ門支店をsuggestされましたが、そのまま待つことにしました。

結果Totalで1時間程で説明からアカウント登録まで終了し、特にストレスは感じませんでした。

スポンサーリンク

ダブルの悲劇・・

今現在Totalで50回以上配達を完了しておりますが、大きなトラブルは幸い出会ったおりません。

配達している中で気になるのが、
①アパート名が記載されていない住所
②同じ店舗で2件分一度に引き取る際の低評価リスク
の2点に関して感じております。

①のアパート名が記載されていない注文者が結構な割合でいるように感じます。

アプリ上では住所の上にピンが立っており、ある程度住所の見分けがつきますが、万全ではない為家を探すのに時間がかかったケースがありました。

最悪注文者に電話できるシステムになってはおりますが、通話費用は配達員持ちの為、可能な限りかけたくないと感じております。

②に関しては、1度低評価をされてしまいました。

最初の頃は受けた注文をできる限り断りたくないので、2件同時注文も積極的に受けるようにしておりましたが、どうしても真反対の場所に配達するケースも多々ある為、今後は受注時に考えて選択したほうがトラブル回避につながるのでは?と感じております。

 

スポンサーリンク

昼の2~3時間で7,000円は稼げる!

Uberの魅力はお金を貰って運動できる点と、空いている隙間時間に気軽に始めれる点だと思います。

自転車を使って配達する場合、相当な運動量となります。

更に実際注文を受け配達先に向かっている時は夢中になっているせいか、ジムでエアロバイクを漕ぐ時よりも苦痛が少なく、夢中になっている感じを受けてます。

やはりお金を貰って仕事をしている責任感からか、効率よく運動ができているように感じます。

また、空いている隙間時間を有効活用できている点も大きな魅力だと感じております。

もちろん昼食や夕食時等ピークタイムが存在する為、仕事になる時間も限らておりますが、昼の2~3時間程の間でクエストを含め7,000円を稼ぐことも普通にできますので、魅力的な副業だと思います。今後も週に1~2回のペースで続けて行きたいです。

 

稼げるエリアの選択はどうすれば??

熱いものと冷たいものを分けれるように

熱いものと冷たいものを分けれるように

これから始めれる方へのアドバイスと致しましては、
①配達をするエリア
②バッグ内の仕切りをしっかりする
上記の2点が大事だと思います。

①に関しては、稼げる内容がエリアに大きく依存すると感じる為、非常に大事なファクターだと感じます。

私は主に池袋エリアで活動しておりましたが、1件目はターミナル駅から始まる為、直ぐに受注できるのですが、問題は配送先にレストランがあるかどうかです。

レストランがあるエリアに行かないとどれだけ待っても注文がこない、且つ商品を受け渡し後次の受注までのロスタイムをいかに無くすかが効率よくUberで稼ぐかの秘訣だと感じるので、やはり山手線内で活動するのが無難だと感じております。

緩衝材を常に準備し隙間を無くすよう工夫

緩衝材を常に準備し隙間を無くすよう工夫



また、②の仕切りは不要なトラブルを避ける上で非常に重要なファクターだと思います。

私は画像にあるように、2つの保温しきりを100円ショップで入手し、熱いものと冷たいものを分けれるようにしております。

またドリンク等は隙間が大きく倒れやすいの緩衝材を常に準備し隙間を無くすよう工夫をしております。

配達パートナー向けの紹介ボーナスのキャンペーンは現在は停止されています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事