配達中にパンクしたら・・一瞬で修理する方法・対策
配達中にパンクしたら・・一瞬で修理する方法・対策

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【達成の為のサポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達中にいきなり自転車のパンク・・

お客様に商品届けられないし、パンクの修理代はかかるし、件数伸ばせないなどパンクは予期できない悲しい出来事です。

ただ自転車のパンクに関する予備知識や、修理キットを持っていると迅速に対応できるかもしれません。

今回はそんな自転車のパンクの原因と持ち歩いておくと便利な修理グッズをご紹介します。

スポンサーリンク

自転車のパンクの原因は?

パンク対策を考える前に原因を知っておくと対応がスムーズです。
早速パンクの大きな原因の4つをご紹介します。

チューブの摩耗によるパンク

Uber Eatsで配達をしていると、通常の自転車の使用方法の何倍もの時間と距離を走行します。

タイヤとチューブの間の摩耗によるパンクです。

外見のタイヤの減りで確認できないから分かりにくいですね。

このような摩耗が原因のパンクの場合は、修理してもまたパンクする可能性があるのでチューブを新品に交換する必要があります。

自転車屋に修理をお願いする場合は、「チューブ交換してください」と依頼してください。

穴をふさぐ修理よりも高額ですが、何度もパンクすることを考えるとお金の面からも得策です。

 

修理跡が何度があるチューブ

摩耗によるパンクと同様ですが、チューブの修理は一時しのぎです。

本来はチューブ交換が適切です。

また、何度もパンクする場合は原因を特定できていない可能性があります。

まずはパンクする原因を特定しましょう。

 

チューブの布団代わりになっているリムテープがずれていたり、摩耗していることがあります。

そうなるとチューブが直接リムに接触して傷つきパンクの原因になります。

タイヤ交換の際に一緒にリムテープも交換することが多いですが、何度か原因不明のパンクを繰り返す場合はリムテープの交換も検討したほうがいいでしょう。

 

タイヤにパンクの原因物が刺さったまま

摩耗によるパンクでない場合は、タイヤに何かしらが刺さることによってチューブに穴をあけてパンクします。

Uber Eatsで配達していると大通り車道の端を通ることも多くなります。

道路の端は、雨で流されてきた道路のゴミや異物が集まりやすい場所です。

もし、その異物をそのままにしてチューブだけを修理してもまた同様にその異物によってパンクします。

ただ、自転車のパンク程度だと、原因物を特定するのが小さくて大変かもしれません。

目で見て分からないときは、手に刺さらない様に気を付けながらゆっくりとタイヤの内側を確認してください。

リム打ちパンク

パンクの原因として一番多いのがタイヤの空気圧不足によるリム打ちのパンクです。

空気圧が低ければタイヤがつぶれている状態になります。

この状態で段差を乗り越えると、直接リムが段差にあたりチューブに穴が空きます。

空気圧は乗車前に必ず確認するようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

なるべくパンクを予防するためには?

パンクの原因を知れたところで、Uber Eatsの配達中はお客様にいち早く商品を届けるためにもパンクは絶対したくないものです。

そこでパンクをする可能性を少しでも減らす予防法をご紹介します。

ノーパンクタイヤへの交換

自転車のチューブには空気が入っています。

パンクの原因はまさに空気が抜けることでおきます。

ノーパンクタイヤとは名前の通り、パンクしないタイヤ、つまり空気の代わりにウレタンで路面の衝撃を吸収するというタイヤです。

これによってパンクという概念自体がなくなります。

ただ、タイヤ重量が増すこと、乗り心地が悪くなることであまり人気がありません。

現在は、商品開発も進みウレタンではなく高分子ポリマーなどを利用したノーパンクタイヤもあります。

ただ値段も効果になります。

年に数回パンク修理するような場合はパンク修理代と考えれば有効な投資になるかもしれません。


 

パンクの予防法 3つ

先ほどのノーパンクタイヤへの交換はパンクを完全に防ぐことができます。

ただ、やはり通常のチューブタイヤと比べると快適性などは落ちてしまします。

今のチューブタイヤのままでパンクを予防する3つの方法をご紹介します。

 

1)空気圧の確認

面倒ですが、乗車前に空気圧の点検を行うことでリム打ちパンクを避けることが可能です。

通常のシティサイクルであれば手で押すだけである程度空気圧は分かると思います。

適正な空気圧はタイヤの側面を指で挟んでみて少しへこむ程度です。

もし足りてないと感じたら、必ず空気を入れましょう。

 

2)段差を乗り越えるとき

 

段差を乗り越えるときにスピードを出したまま、突っ込むとリム打ちします。

まずスピードを落とし、体重を抜くようにして段差を乗り越えて下さい。

 

 

3)タイヤ・チューブの交換は早めに

 

タイヤが減ってきているということは、異物を踏んだ時にチューブに刺さりやすい状態です。

また、内部での摩耗でチューブも劣化していきます。

自転車のタイヤ交換の目安は5,000km程度と言われています。

もちろん使用方法によって変わってきますが、仮にUber Eatsで毎日50km程度走る場合は3か月ごとの交換が必要になります。

 

それ以外にUber Eatsを始めるにあたって擁しておいた方がいいアイテムはこちら

スポンサーリンク

パンク修理はどこですればいい?

パンク修理は町の自転車屋さんであれば買った販売店でなくても対応してもらえます。

私が渋谷でパンクしたときは、ビックカメラで修理してもらいました。

1,080円だったと思います。

また、渋谷区内限定にはなりますが出張修理も利用したことがあります。

ちょうどパンク修理セットを持っておらず、どうしようもなかったときです。

パンクした自転車を押して自転車屋まで運ぶのが面倒で電話一本ですぐ駆けつけてくれる自転車修理屋さんは便利です。

 

私が利用したところはBicycle Field Serviceです。

出張自転車修理 Bicycle Field Service

出張自転車修理 Bicycle Field Service

HPに事前に料金表がしっかりと明記されていて安心です。

自分で自転車屋に運んだほうが安く済みますが、面倒なときもあります。

私はチューブ交換をしてもらいました。

パンク対策には何をもっていればいい?

Uber Eatsの配達中にパンクした場合は、自転車に押して運ぶ、出張自転車修理の到着を待つとなるといま配達中の商品はお届けできないことになってしまします。

なんとか、自分で今この場で修理ができれば一番です。

瞬間パンク修理剤が一番手軽

自分で手早く治すことができれば一番です。

スプレータイプの瞬間パンク修理剤があります。

どんな修理より早く対応できて、今の配達を続行できます。

価格もともに1,000円以下なので今の配達を完了させられると思ったらお得ではないでしょうか。

英式バルブ(一般車・シティサイクル)


仏式バルブ(ロードバイク)


※本品は応急修理用です。使用後はすみやかに本修理を行なってください。

正式な修理もコツさえ思えれば楽々

少しなれも必要ですが、パンク穴さえ見つけることができればその場で修理も可能です。

パンク修理パッチ

原因となった穴をふさぐためのパッチです。

チューブを取り出して穴を確認できれば、そこをふさぎます。


 

空気入れ

修理をする際も、修理後も必要になります。

手押しのボンベもいいですが、持ち運ぶのが邪魔です。

このボンベであればウーバーのバックに入れても邪魔になりません。


 

タイヤレバー

タイヤをホイールから外すときに使います。

マイナスドライバーなどでも可能ですが、ホイールを傷つけてしまうこともあるのでタイヤレバーは持っておいたほうが安心です。


次はロードバイクでUber Eatsの配達をされているタカ(仮名)さんの実体験のお話です。

私の招待コードで50回達成されてキャッシュバックもさせていただきました。

【Uber Eats】パンク修理キット・スペアチューブは持っているべき!?その他【体験談】

パンク修理キットのお話は先ほどさせていただきました。

今回のタカさんはロードバイク乗りなのでパンク修理はせずにスペアのチューブ交換で対応されているようです。

さっそくタカさんの60回までの体験談を聞いてみましょう。

配達手段
自前自転車
配達エリア
東京
年齢
30代
時間あたりの売上
1,500円以下

Uber Eats プロフィール

元々ロードバイク乗り・住宅街を走るのも楽しみ

もともと趣味でロードバイクをやっており、近頃サイクリング中にUber Eatsの配達をしている方を頻繁に見かけるようになったのが興味を持ったきっかけです。


Uber Eats配達の多くは自転車を利用しているためご存知の方も多
いかと思いますが、ロードバイクはフレームやホイール等に凝りだすと結構お金がかかります。

 

そのコストの一部を自転車に乗ることで稼げるUber Eatsの仕事は趣味とインカムの両立という面で魅力的に感じました。

また、普段から週末はサイクリングをしていたこともあり、関東近郊のサイクリングコースはあらかた行き尽くしており若干マンネリ化していたことも理由の1つです。

通常は選択しない住宅街や繁華街を通るのもなかなかに面白みがあります。

保冷バッグとアルミシートで倒れるのを防ぐ

食べ物を運ぶだけなので率直にいうと特に苦労した点は特にありません。

強いていうならば、渋谷や六本木などの交通量の多い幹線道路には横断歩道が設置されていない箇所があり、目的地まで迂回せざるを得ないケースがある程度です。

しかし、何度か通れば効率的なルートを覚えますのでさほど問題にはならないでしょう。

個々人で工夫すべき点としては、Uber Eatsから支給されるバッグは巨大かつまともな間仕切りがないため食べ物がこぼれたり倒れたりしないように何らかの手法で隙間を埋める必要があるということです。

Uber Eats バック仕切り

私は100均で買った保冷バッグとアルミシートを使っています。

特にアルミシートは優秀で、大きめのサイズを2個ほど買って適度なサイズにカットすれば非常に使い勝手が良いです。

これを買ってからはマックのドリンクや松屋の豚汁などの汁物もこぼしたことはありません。 

Uber Eatsで英会話を実践できる機会

目黒川 桜

Uber Eats配達は空いた時間に手軽に現金を稼ぐことが出来きるのが最大のメリットです。

また、アプリをオフラインにすればいつでも受注をストップできるため、飽きたらすぐに辞められる手軽さがあります。

 

例えば、最近都内でもだんだん桜が咲き始めましたが、目黒川周辺に配達に行ったついでに花見をしたりすることもできるので、サイクリングをしているような感覚で小遣いを稼げます。

美味しそうな飲食店を発見できるというメリットもあります。

広尾や麻布などの高級住宅街ではチェーン店ではない店からのデリバリーを依頼されることも多く、美味しそうな店をいくつも見つけることができます。

後日行く楽しみが増えるのでモチベーションに繋がります。

また、外国の方からの発注が意外と多く、2度と会わない気楽さで英会話を実践できる機会があるのも有り難いです。

 

パンク修理キットと替えのチューブは持っていたほうがいいかも・・

Uber Eats アプリ

渋谷や原宿、表参道などの人通りの多い地区は自転車で通行するのが困難なことがあるので個人的には避けています。

とくに竹下通りにあるカレー店からオーダーが入った時はフードを回収するのに徒歩で向かうしかなく苦労しました。

また、人通りの多い街には思わぬものが落ちていることもあります

私は道玄坂を走行中に路上に落ちていた釘を踏んで自転車がパンクしたため、パンク修理キットと替えのチューブくらいは持っていた方が良いかもしれません。

趣味で走るサイクリングコースより街中の道路では異物を踏む可能性も高いです。

今回は待機中で移動していたため、それほど焦らずに対応できましたが、配達中にパンクすることを考えるとロードバイクに乗られていない方もパンク修理キットは持っておくべきです。

私は、パンクは修理せずにチューブを交換します。

チューブといっても2,000円もしません。

 

トイレはコンビニで飲み物を買うついでに利用させて貰っていますが、新宿にはトイレのないコンビニが多いので注意です。

 

休憩の時にはトイレ、飲食スペースがほぼ完備されているミニストップを重宝しています。

 

 

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【達成の為のサポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事