赤チャリのウババック
赤チャリのウババック

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

Uber Eatsの配達の記録をエクセルに残して今後の活動に活かされているヒロシ(仮名)さんから50回配達の間にご経験された体験談を寄せていただきました。

始めたばっかの方は色々のご不安もあるかもしれませんが、今回いたただいた体験談の中でも現金払いの初期設定はなしにしておいたほうが良いかもしれません。

それ以外にも注意点などをたくさん教えてくださいました。

これからUber Eatsの配達を始める方のお役に立てると幸いです。

ヒロシさん、エクセルの表のサンプルまでありがとうございました。

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

配達手段
レンタル自転車
配達エリア
大阪
年齢
20代
時間あたりの売上
1,200円以下
Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録した日付
2019/06/03
Uber Eats(ウーバーイーツ)プリフィール画面

Uber Eats(ウーバーイーツ)プリフィール画面

スポンサーリンク

毎週1000円ずつ引かれ4000円分預かる

本業の会社員では残業がなく定時で帰れることが多いのですが、お金の面で少し不安な面もありなにか良い副業がないかと思っていた時に、UberEATSを知って、自由な時間に自分のペースで自由に働ける仕事があると知り興味がわきました。

それから色々調べていくうちに自転車で配達することで運動にもなってお客様やお店の方から感謝もされお金をもらえる仕事だと知りこれはやるしかないと思い、思い切ってWEB登録をしてみました

後日心斎橋のパートナーセンターで本登録が必要とのことで、本人確認証と銀行のキャッシュカードをもってパートナーセンターに向かいました。

心斎橋のビルに到着すると既にたくさんの方が登録会に来ており、少し待っていると担当の方に呼ばれました。

30分ほど軽く仕事の内容について説明をして頂き、無事配達で使うバッグを頂くことができました。

バッグはデポジットとして毎週1000円ずつ引かれ4000円分預かる代わりに貸し出して頂けるとのことでした。(返却時には4000円返ってくる)

最後に質問タイムがあり、意外とあっさり登録会自体は終わりました。

スポンサーリンク

いきなり現金払いでパニック

一番初めの配達の際に現金支払いがオンになっていることに気づかいきなり現金支払いの注文を受けてしまい、操作やお客様とのやり取りも分からない状態で軽くパニックになりました。

なんとかおつりは持ち合わせていたので支払いは完了はできたのですが、かなり衝撃的なスタートを切り不安でいっぱいになりましたが、サポートセンターにて現金を受付しない設定の仕方を教えていただきその後の配達は特にトラブルもなくできるようになりました

飲食店での気を付けることはバッグがかなり大きくお店にもっていくと邪魔になってしまうので、外に置いておき商品を受け取って外で梱包するように心がけています。

またお店に到着した時にはあいさつは明るく大きな声であいさつをして注文番号をお伝えするようにしています。

ウババックの中は商品を固定するために色々と入れています。

ウババックの中は商品を固定するために色々と入れています。

お届けするときには商品が傾いたりこぼれたりしないように包装紙を緩衝材代わりにつかったり、タオルで間を埋めたり、熱いものと冷たいものをわけるため保冷バッグを二つ用意したりなど工夫をしています。

苦労したことはUberEATSのアプリでは割とよくピンズレという本当の住所とは違うところに案内されることが多く、時間のロスが多かったりすることがあります。

ですのでgoogleマップとアプリのナビを両方使い、ちゃんと正しく表示されているか確認するようにしています。

スポンサーリンク

エクセルに今までの配達を記録して今後に活かす

エクセルで管理して今後のウーバー活動に活用していこうと考えています。

エクセルで管理して今後のウーバー活動に活用していこうと考えています。

UberEATSをやっていてよかったと思える点としましては、やはり自分でお金を稼ぐ楽しさや大変さが分かる所だと思います。

一回の配達では300~500円ですが、それを何件もしてようやく数千円になるのでなかなか簡単にお金を稼ぐってことは難しいと改めて思いました。

どうしたらもっと効率よくいけるか、どうすればお客さんやお店の人に喜んでもらえるかなど考えていくうちに売り上げが少しずつ上がっていくのを見るとなかなか普通に働いているときに感じることのできない達成感はありますね。

個人的に目で見て分かるようにエクセルに今までの配達を記録したりもしています。

またUberEATSは運動にもなると言われてますがこれは自分もかなり感じました。

一日3時間ほどの活動でも多い時で20km以上は普通に自転車をこぐので、普段運動不足と感じている人にはとてもいい運動になると思います。

今後もマイペースに今日暇だしいくかーって思ったときに気軽に配達しようと思っています。

UberEatsの保険だけではなく自身で自転車保険の加入はしておいた方が良い

最初はいろいろ大丈夫かな?
うまく配達できるかな?

って不安に思ったりすることが沢山ありますが、仕事の流れとしてはとてもシンプルなので一日やればだいたいの流れがつかめてくると思います。

細かいところでいくとコツなども色々あると思いますが、やっていくうちに気づくことも色々あると思います。

ベテランならではのコツなどはtwitterなどでUberEatsと調べるとたくさんの配達員の方がおられるのでフォローするといろんな情報が手に入ったりするのでオススメです。

個人的に大阪で配達するならやはり梅田、心斎橋、難波辺りが加盟店も多く、注文がもらえやすいのかなと思います。

ただその分歩行者も沢山おられるので、事故だけには十分きをつけて配達することが大事かと思います。

また自転車で配達される方はUberEATSでは保険でも一応あるみたいですが万が一の事を考えて自転車保険の加入はしておいた方が良いかと思います。
※加入する際は、業務をしていても対応できる保険であるかを確認してください。



最初の一歩がなかなか踏み出せない方が多いと思いますがやってみるととても楽しいので、是非始めてみてください。

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事