花見でUber Eats(ウーバーイーツ)使える!?注意すべきこと!知らないと面倒に・・

2020年8月現在有効 
UberEatsのフード注文用プロモーションコード
今ならこのプロモコードでなんと初回1,000円 割引!!
プロモーションコード
「interjpq2206j2go」

コピーして使ってください。

 

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

確認しなくても、基本的にアプリの指示に従って進めれば問題なしです。

プロモーションコードの入れ忘れだけは注意してください。

 

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

 

桜が咲きはじめて花見のシーズンですね。

今までの花見といえば、基本は手作りのお弁当やコンビニで買ってきたスナックが中心でした。

Uber Eatsの登場で、一流のシェフが作る温かい料理を花見をしながら楽しめるようになりました。

Uber Eatsは自宅や職場だけでなく、公園からも場所を指定して注文できるからです。

活用方法次第では、今までの花見とは一味違った花見ができるができるかもしれません。

ただ、外で初めての方との待ち合わせです。

Uber Eatsを楽しみに花見をしても

「予定していた料理が届かなかった」
「受け取りに手間がかかり余計面倒」
「料理が冷えてしまっておいしくない」
こんなことになったら残念ですね。

配達する方とスムーズに待ち合わせができる方法をお伝えします。

花見が始まるこれからの時期は配達して副収入も得られます。ご興味がある方は下記で詳しくお話しています。

スポンサーリンク

Uber Eatsを頼んでお花見をすればオリジナル レジャーシートがもらえる!

2019年の花見でUber Eatsを頼むとレジャーシートがもらえます。

Uber Eatsのオリジナルグッズは何かのイベントなどによく作成されて配布されますが、レジャーシートは珍しいです。
どんなレジャーシートなのか楽しみですね。

以前にマクドナルドとコラボして配布されたレジャーシートは、厚みがありフカフカで快適です。

 

今回のUber Eats×花見バージョンのレジャーシートは私もまだ手にしておりませんが、今週末でも花見の時に頼んでみたく思います。

ただ、注意は時間帯と実施日です。
夜桜を楽しむ花見では難しそうです。

実施日:2019年3月29日(金)、3月30日(土)、3月31日(日)、4月6日(土)、4月7日(日)の計5日間
実施時間:10:00 〜 17:00

料理の受け取りおよびレジャーシートの配布場所
 ・代々木公園:渋谷口、西門
 ・駒沢オリンピック公園:東口、西口
 ・上野恩賜公園:京成上野駅付近
 ・隅田公園(台東区側):吾妻橋交番前、言門橋西交差点

 

スポンサーリンク

【注意】Uber Eatsで花見をする公園によっては受け取り場所が決まっている!

Uber Eatsは自宅でなくても公園や外出先で頼めるのが便利ですが、この花見の時期は大変混雑します。

そのために、特定の公園では受け取り場所が決まっています。

もし受け取り場所から遠いところに花見の陣地を構えていたら少し面倒ですよね。

持ち寄った食べ物以外はUber Eatsで頼むことが決まっている場合は、受け取り場所から近いところで花見を決行したほうがよさそうです。

桜の位置とかでなかなかこれといったポイントを見つけるのが難しいかもしれません。

都内の代表的な公園をピックアップします。
それ以外はUber Eats公式サイトを確認してください。

上野恩賜公園

京成上野駅前

駒沢オリンピック公園

東口


西口

隅田公園

吾妻橋交番前

言門橋西交差点リバーサイドスポーツセンター側

 

代々木公園

渋谷口

西門

 

スポンサーリンク

Uber Eatsに受け取り場所が指定されていない公園での花見の場合

都内にも受け取り場所が指定されていない広大な公園は他にもたくさんあります。

ただ、Uber Eatsの配達パートナーも普段はマンション名や表札を最終的な頼りにして配達しています。

公園にはその目印がありません。

オーダーが入ったときに公園だった場合は「スムーズにお渡しできるだろうか・・」と不安になります。

このような受け渡しが決まっていない公園の場合は待ち合わせがスムーズにできる工夫が大切です。

できる限りの情報を配達メモ欄に記入しておこう

注文するときに公園名をしていしてオーダーしていると思いますが配達メモ欄に詳細を記載しておけばスムーズです。

何より配達パートナーとの連携が効率的な配達をしてもらえる鍵です。

電話やメッセージの過信は禁物

時間がかかれば、せっかくの温かい料理も冷めてしまします。

注文した後、しばらくすると配達する方が決定されます。

その後であれば配達する方と直接電話やメッセージでやり取りができますが、口頭で伝えるのも一苦労です。

そのうえ、花見の時期は混雑しているため注文してから配達する方が決まるまでタイムラグも大きくなります。

その間、ずっとスマホを気にしながら花見をしなければなりません。

これもまた面倒です。

だからこそ注文するときに必要な情報をあらかじめ配達メモに入れておけば、その分スムーズにやり取りできます。

配達メモとは!?どうやって入力

自宅や職場で頼むことの多いUber Eats。

普段なら住所と部屋番号を入れれば問題なく届くので配達メモを使うことはほとんどありません。

配達メモってどこから入れるのかをお伝えします。

・まずアプリを開いたら、一番下の項目の人形のマークをタップ

 

ここに入力

 

 

これで配達メモが開きますので、次の項目の内容などを入れておくことをオススメします。

 

配達メモに書いておくべき内容

・公園の門の位置
門の名前や門に面した通りの名前などがあると分かりやすいと思います。

配達する方は初めて訪れる公園の可能性があります。

そのため、門の名前だけだと分かりにくいこともあります。

・門から入ってどのような位置にいるか。
公園内に道があるなら道案内もつけておくと分かりやすいです。

道がない公園の場合でしたら右奥・左手前など大まかな位置を入れておきましょう。

・花見をしてる大まかな人数
公園に入って配達される方が探すときにどれくらいの規模の花見なのかで判断できます。

3人でしているのであれば、大宴会をしてる団体はするーできます。

途中でトイレに立つこともあると思いますが、大体の人数を書いておけば判断が早くなります。

・服装や特徴を書いておく
Uber Eatsを頼むことが分かっている場合なら、目立つものを1つ用意しておくと便利です。

夏場のバーベキューなどであればテントの色などが判断の材料になります。

花見の場合はテントやタープを張ることはないのでレジャーシートの特徴や代表の方の服装を書いておきましょう。

電話の設定の確認と準備をしておこう!

ここまで配達メモに書いておけば配達はずいぶんとスムーズになります。

最終的には配達の方との電話やメッセージのやり取りが必要になることは多いと思います。

基本的に配達される方からかかってくる電話番号はUber Eatsを通してかかってきますので一般電話の番号です。

ただ、たまに非通知になることもあります。

非通知を拒否してならないようにしている方は事前に解除しておいたほうが無難です。

配達パートナーの現在地を確認しておこう

配達パートナーが決まったあとは、いつをGPSで確認できます。

近くに来ていることが分かれば、一度連絡を取っておくことがおすすめです。

花見での実戦の前に一度Uber Eatsを頼んでおきましょう。

そうすればやり取りの流れが分かり花見という公園での注文という難関もスムーズにこなせます。

まだ一度もUber Eatsを使ったことがない方は、このページの上と下に500円引きになる招待コードがありますので活用してください。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)で花見をさらに楽しむための注意点 まとめ

いかがでしたか?

Uber Eatsは東京は2年たちますが、まだまだ今回の花見が初めてのエリアも多いサービスです。

外でデリバリーが頼める便利さは花見をより一層楽しくしてくれること間違いありません。

ただ、せっかくUber Eatsだよりにしていた花見も料理が届かなかったり、受け取りに手間がかかり余計面倒になったり、時間がかかって料理が冷えてしまっておいしくなくなってしまったら残念です。

また配達パートナーも温かい料理をお客様に迅速に届けるために日々努力しています。

注文をする方、配達する方双方の協力の下で、スムーズは配達ができるのです。

他のデリバリーと違って少し手間に感じてしまう部分もあるかもしれませんが、Uber Eatsでしか食べることができないおいしい料理もたくさんあります。

このページでご紹介していることを参考にしていただき楽しい花見にしていただければ幸いです。

2020年8月現在有効 
UberEatsのフード注文用プロモーションコード
今ならこのプロモコードでなんと初回1,000円 割引!!
プロモーションコード
「interjpq2206j2go」

コピーして使ってください。

 

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

確認しなくても、基本的にアプリの指示に従って進めれば問題なしです。

プロモーションコードの入れ忘れだけは注意してください。

 

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事