UBEReats 渋谷

①Uber Eats(ウーバーイーツ)でフードをご注文される方は下記のプロモーションコードで1,000円引きになります。

「ins6js2e」
コピーして使ってください。
Uber Eatsはこちらから

 

②配達パートナー向けの紹介ボーナスのキャンペーンは現在は停止されています。

ロードバイクはUber Eatsの配達の中でも憧れでもありますが、その前傾姿勢に傾きが気になります。

Uber Eatsで運ぶものの中にはドリンクや汁物など傾けるとこぼれてしまう商品も沢山あります。

東京でよく使われるドコモのバイクシェアであれば、ある程度傾きを押さえて自転車を漕ぐことはできますが、ロードバイクではかなり難しいです。

私もロードバイクで配達することがありますが、ピック時は快適にサイクリングできますが、配達時は道路状況だけでなくこの傾きが気になり、垂直姿勢をなるべく保っています。

またなるべくサドルを下げて、かなり漕ぎにくいスタイルで配達していました。

ただ、同時にブレーキもかけにくい姿勢になってしまします。

今回体験談をいただいたタカトシ(仮名)さんもロードバイクで配達されているようですが、色々と考えておられるようです。

ロードバイクのように前傾になりやすい自転車で配達されているようですが、ドリンクをこぼさないようかなり工夫されているようです。

タカトシさんの工夫は画期的です。

これからUberの配達をロードバイクでやろうと思っている方の参考になれば幸いです。

※イラスト画像もいただきました。タカトシさんありがとうございます。

配達手段
自前自転車
配達エリア
東京
年齢
30代

時間あたりの売上
1,500円以下

Uberに登録された日付
2018/12/28

Uber プロフィール画面

 

スポンサーリンク

好きなロードバイクで体力づくり以外にもメリットのあるUber Eats(ウーバーイーツ)

東京都内在住のアラフォー男性です。

本業という本業はありませんが、IT関係、デザイン関係、不動産などを主たる生業としています。フリーランスで仕事を請け負って、データ処理やディレクション、人員マネジメントなどを行います

繁忙期などはプロジェクトが重なって忙しくなることがありますが、逆にプロジェクトの間が途切れることも時々起こります。

場合によっては半年くらい空いたりします。また、受注が決まっても稼働が低い案件だったりすることもあります。

そんなときは暇なので飲み歩いたり、スキルアップのため勉強したり、得意先に顔を出して回ったり、飲み歩いたりしますが、減っていく貯金と体力を横目に暮らしているとやはり不安です。

そんな時Uberの配達員の仕事を思い出し、体力づくり、貯金の減速度の軽減、ビジネスモデルへの興味・・・などの理由で登録してみたという運びです。

スポンサーリンク

ロードバイクは前傾になってしまう・・この問題を解決

お店によって入り口が違ったり受け取り方法が異なったりすることに最初はまごつくかもしれません。

店員さんに声をかけ、番号を伝えて商品を受け取る・・・というスタイルのお店が大半ですが、例えば、恵比寿駅前にある「クリスプ・サラダ・ワークス」というお店は、店員さんから商品を直接受け取るのではなく、番号を確認したうえで棚にある商品を自分で持っていくというシステムでした。

そのようなシステムになっている場合、ほとんどはアプリ上の詳細に書かれていますので、あらかじめ読んでからの入店が必須です。

わからなければ店員さんに普段通り声をかければ教えてくれます。


私は自分のロードバイクで配達していますが、本来の乗車姿勢は
やや前傾になりますので、商品が寄ってしまったり、汁物だとこぼれたりすることが心配で、当初はなるべく水平を保とうと無理のある姿勢で運転していました。

Ubereats ロードバイク

しかしこれはなかなか足と背中に負荷がかかります。

ですので、自転車に乗った時に商品が水平になるように、大きいバッグの中に段ボールで三角形の置台を作り、その上に小さいバッグを置くようにしました。

 

Ubereats ロードバイク

つねに水平を保てるわけでもないので商品の寄りや崩れを完全に防ぐことはできていないかもしれませんがかなり改善したはずです。

足は相当楽になりました。

スポンサーリンク

オーダーの多いマクドナルドは傾いても比較的安心

まだ私も始めたばかりですが、体力がないのでロードバイクで長時間の稼働ができません。

ですが疲れたら休憩すればいいし、それでも気が乗らなければ終わりにして家に帰ればいいだけのことなので気が楽です。やはり時間の縛りがないのがありがたいです。

渋谷を中心に六本木、目黒、広尾、青山などに行くことが多かったですが、エントランスを出るまでに10分もかかるような超高級マンションに入る機会があります。

私は今後不動産を手掛けていく予定でいますので、そのような超高級物件の内部のつくりやセキュリティ、客層を自分で体験できるのは今後のために大きな収穫です。

商品として多いのは「マクドナルド」「バーガーキング」などのファーストフード、エスニック料理などですが、配達員に対する店員さんの態度が好印象なら、きっとそのお店はどのお客さんに対しても誠実なお店でしょう。

したがって、いずれ訪れるかもしれないお店の良し悪しの見当がつくようになることがメリットです。

またマクドナルドのドリンクは蓋を2重にしてもらえるので、傾きに対しても強く比較的安心して運べます。

 

ロードバイクに限らず自転車の人はなるべくヘルメット

Ubereats 渋谷

渋谷は各方面に向けて大通りがいくつも広がっていますので、進む方向がわからなくなりがちです。

間違えてしまうと渋谷は意外と坂が多く、また人通り・車通りが多いので信号待ちが長いですので、しっかり進む方向を確認してから運転を始めないと大きく時間をロスしてしまいます。

六本木周辺は大きな坂が多く自転車は大変ですが、道は比較的わかりやすく、繁華街から離れれば人通りはさほどでもありませんので原付の方におすすめです。

持ち物ですが、きちんと充電されたバッテリーは必須です。

配達途中でバッテリーが切れたら配達もサポートへの報告もできなくなってしまい目も当てられません。

また、ロードバイクに限らず自転車の人はなるべくヘルメットをかぶりましょう。

自分が安全運転をしていても、もらい事故もあるでしょうし、見えづらい道路上の溝や段差にハマって転ぶこともあります。

交通量の多い道を走っている人は特に気を付けましょう。つい効率を考えるあまり「ながらスマホ」をしてしまいますが、道路には思いのほかたくさんの障害物があります。
よそ見をしていると普通に転びます。

Ubereats 渋谷

 

アプリの地図上に表示されているピンの場所に来たものの、アプリの地図の精度がいまいち低く、目的のお店やマンションが無い場合がたまにあります。

 

そうなるとグーグルマップ等に店名や住所を入力し、改めて目的の場所を自分で探すことになりますが、寒さにかじかんだ手でグーグルマップに住所を打ち込むより、入力欄のマイクマークをタップし、音声認識で入力を行うと5秒ほどで済みますのでとても楽です

最近の音声認識はすばらしく精度が高いらしく、誤認識をされた試しがありません。おすすめです。

配達パートナー向けの紹介ボーナスのキャンペーンは現在は停止されています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事