1株からってことでネオモバをやってみたいけど大損することあるの?
ネオモバで大損する可能性のあるデメリットを教えて?

このような質問に回答します。

大損とはそれぞれの定義が違うので、想定していない損が起きるかということでご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

ネオモバで大損はありえない。

ネオモバで大損することは考えられません。

大損とは何を指すのかが問題ですが、通常の単位株であれば数日で1万円のマイナスは普通に起こります。

ですのでネオモバで100株を購入すれば同様です。

ただ、大損したくないと考えればそれほど買わなければいいのです。

 

リスクとリターンは同じなので1株単位で勉強がてら株取引をするのであれば、大損はあり得ません。

また、手数料も月額で200円(税抜)です。

株の勉強をすると考えて大損をしたくなければ1株だけ購入して様子を見てみるなんて使い方もできます。

 

通常の株取引の場合は、信用取引をつかってレバレッジを使うことにより想定以上の損失が生まれることもあります。

ただ、ネオモバで1株ずつ購入するのであれば想定できない大損はあり得ません。

最悪の場合でも会社が倒産して0円になるだけです。

スポンサーリンク

ネオモバでは少額で購入できるから大損はない

ネオモバでは1株単位、つまり数百円から購入できます。

どうして少額で株を購入できるのか

株価を見てもらうと分かりますが、数百円の株はたくさんあります。
ただ、株は通常は単位株といって100株単位でしか買えません。

つまり500円でも100株単位だと5万円になります。
1株から買える方法があるんです。

それはネオモバイル証券が1株から購入できます。
他の証券会社もミニ株、S株といって端株を購入できますが、購入するたびに0.5%、若しくは50円程度の手数料がかかります。

買ってから売るとそのたびにかかるので最低100円はかかる計算です。
500円の株で100円の手数料だと20%ですよね。

それでは利益は望めません。

ただ、ネオモバイル証券なら50万円までなら実質無料で売買できます。
厳密にいえば、月額200円(税抜)かかりますが、Tポイントで200円分のポイントが還元されます。
⇒ネオモバイル証券はこちら

大損しない代わりに稼げない

「少額だったらそもそも株をやっても儲からないじゃん」
そんな声が聞こえてきそうです。

確かにその通りです。

500円では儲かりません。
儲かっても数円、数十円もうかればラッキーです。

その代わり、リスクを低減できます。
つまり損をしても数円、数十円です。

何のために株をやるのって話になると思います。

本来単位株で株を買うなら元手はいくら?

逆に通常の単位株で株を買うなら100株単位です。
先ほどお話したように株価500円でも5万円を一気に投資しなくてはいけません。

1株と比べると利益も100倍ですが損失も100倍になります。

もし大学生であってもベテランで元手があればオススメしません。
はっきりと時間の無駄なので単位株でドーンと売買すべきです。

ただ、元手が少なく仮に10万円で始めてみるのであれば、資金を全額投入するのではなくこまめに買って、こまめに売るなど自身の戦略を立てて始めたほうが学びは大きいです。

資金管理ができる様になる

投資の世界では資金管理という言葉があります。

投資資金をフルに活用していきなり市場に投入することなく、現金ポジションの割合を考えて投入していきます。

今回のコロナショックの株価暴落でもそうですが、投資資金すべてを市場に入れていればもろに衝撃を食らいます。

もし10万円が50%減って5万円になってしまったら元に戻すのは200%の成果が必要です。

株の成功者の方も基本的には資金管理を徹底しています。

元手10万円で単位株で始めたらこの資金管理は全く学べません。

だからこそ、1株から始めるべきです。

 

スポンサーリンク

ネオモバで大損することはあり得る?【まとめ】

ネオモバで大損が発生することがあるかについて解説してみました。

自分が想定できない損失が発生することはありません。

最大の損失といえば購入した株が無価値になるということです。

⇒ネオモバイル証券はこちらから

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事