高校3年生で18歳|配達パートナーになる年齢制限は?
高校3年生で18歳|配達パートナーになる年齢制限は?

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【達成の為のサポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)は18歳の高校生は年齢的に配達パートナーになれるのでしょうか。

高校生でもアルバイトをしてる生徒はたくさんいます。

また、進路が決まりその間はUberEatsをやることで大学進学した際の予行演習になるかもしれません。

スポンサーリンク

18歳の高校生ができるか利用規約を確認してみた

早速、UBER B.V.の諸条件 つまり利用規約を確認してみました。

貴殿はアカウントを取得するために、少なくとも18歳又は貴殿の法域における成人年齢(18歳と異なる場合)に達していなければなりません。さらに、特定の本サービスの提供のために法的年齢要件がある場合には、貴殿は適用法を遵守しなければなりません。

確認してみる18歳になっていればOKとなっています。

また今回、50回を達成されてキャッシュバックさせていただいた方も高校生で配達パートナーをされていました。

注意しなくてはいけないのは身分証明書です。

大学生であれば学生証で問題ありませんが、高校生の学生証は使えません。

運転免許証かパスポートになります。

 

スポンサーリンク

高校生だからこそ知っておくべきこと

高校生だからというわけではありませんが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は通常のアルバイトとは大きく違います。

高校生だからといって、知らなかったでは済まされません。

大きく違う点は

・事故に対する保証が少ない。

Uber Eatsの配達中に事故にあっても保証適用外の場合もよくあります。

配達パートナー向けのQ&Aで下記のような回答がありました。

配達パートナー向けサポートプログラムが適用される「配達中」とはいつですか?

本プログラムは自転車・原付バイク・バイク・軽自動車を利用する Uber Eats 配達パートナーが、配達リクエストを受諾した時点から配達が完了、またはキャンセルされるまでの間に生じた事故に対して適用されます。

 

配達リクエストを受けてから完了するまでは保証されるとのことです。

ただ、配達を完了しても配達先のお客様のお宅の前にいるわけにはいきません。

リクエストが入りそうなエリアに移動したり、レストランに移動する際は配達中にあたりません。

つまり保険がないということです。

もし、高校生でも配達のアルバイトであれば、労災保険が適応されます。

雇用契約とは違い、個人事業主としての責任と覚悟が必要です。

・税金の申告である「確定申告」をしなくてはいけない

アルバイトであれば雇用主が事前に源泉徴収という形で所得税を差し引いて給料が支払われます。

ただUberEatsでの配達パートナーは個人事業主のために源泉徴収の制度がありません。

高校生であれば他でアルバイトしているわけではないと思いますので20万円を超えると確定申告の義務が出てきます。

詳しくは住んでいる場所の近くの税務署までお問い合わせください。

トラブルなどは自分で対応

雇用主がいるアルバイトであれば、高校生のアルバイトが何かお客様に失態をしたとしても社員などがその後の対応にあたります。

UberEatsであればサポートがありますので助言はもらえますが、その後の対応は自分でやらなくてはいけません。

UberEatsをする前に必ず確認しておこう

UberEatsでの配達は色々と危険が伴います。

クエストという回数に対するインセンティブがありますが、どうしても時間内に配達を完了するために急いだり、雨の日にも同様にクエストが付く為、無理に配達をして事故にあったりと、不安も多くあります。

そのあたりをしっかり調べてから始めましょう。

 

スポンサーリンク

進路が決まった高校3年生|配達をしてみた!

今回は珍しく10代のUber Eats配達パートナーのみく(仮名)さんから体験談を寄せていただきました。

進路も決ったとのことで横浜で配達をされているようです。

Bianchiのロードバイクもカッコよく決まってますね。

Bianchi ロードバイク

配達手段
自前自転車
配達エリア
横浜
年齢
10代
時間あたりの売上
1500円以下

Uber Eats プロフィール

私は高校3年生なのですが、進路も決まり、空き時間ができたため、アルバイトなどをしてみようと思いました。

(今までアルバイトなどの経験はない)

 

しかし、わがままなのですが自分の時間を縛られたりするのが嫌、人と関わることが苦手、長く続けられるかわからないため3ヶ月などの縛りがあるアルバイトばかりでどうしようかと考えていました。

そんなときに見つけたのがUber Eatsでした。

 

自転車が好きでロードバイクに乗っていたこともあり、自分にはぴったりだと思いました。

高校生でもできるか不安でしたが問題なく登録できました。


体力作りにもなり健康的!

そしてシフトもなく自分の働きたいときに働ける、人ともあまり関わらないのでこれはやるしかないと思いすぐに準備を済ませ、登録をして働き始めました。

横浜での配達は坂をさけること

横浜 山下公園

私は横浜で配達しているのですが、坂が多く、始めたてのときはかなりきつかったです。

そのため、なるべく坂を通らないようなルートはないか探し、あった場合はそこを通るようにしています。
(あ
まり変わらないことが多いですが、、)

 

GoogleMapでナビをしているのですが、最初のうちはわからず徒歩のルートで検索していたのですが、これだと階段など高確率で誘導されるので絶対にしないようにしています。

 

また、UberDriverのアプリ上からNavigateボタンでGoogleMapに飛ぶと本来の目的地とかなり離れたところが指定されていることばかりで使いものにならないため、自分で住所や建物の名前などを入力しています

 

注文者の方がお部屋の番号を入力していない事がありましたが、その際はチャット機能を使いすぐに解決しました。

 

Uber Eatsでの楽しい体験とは!?

Uber Eats 配達中

私は、去年横浜に引っ越してきたので、あまり土地勘がなく住んでいる家の近くですら何があるのかイマイチわかりません。

しかし、Uber Eatsをすることでいろいろな道、お店、景色などを知ることができて楽しいです。

 

それに、自転車を使うので体力も付きます。

自転車が好きな私としては一石二鳥です。
(UberEat
sで1日に80km走ったこともあります)

 

連続で何度も同じ店の配達を担当したことがあったのですが、お店の方も笑顔で迎えてくださり、こちらも笑顔になりました。

全く人との関わりがないわけではないので、人と関わるのが苦手だけど、少しずつ慣れていきたい、そんな人にとっては良いと思います。

 

達先のお客さんにチップを貰ったときはものすごくやりがいを感じました。

ほぼ無言で受け取る人もいる中、このようにして頂けるのは本当に嬉しかったです。

Uber Eatsの配達を始める方に2つのアドバイス

Bianchi Uberバック

まず、バッグの中に詰めるものは絶対に用意したほうがいいです。

私は小さな保冷バッグと、カメラバッグ、ビニール、タオルをバッグの中に入れています。

マクドナルドの飲み物は自分の保冷バッグにぴったりでしっかりと固定することができています。

 

それ以外のサイズのものも入れ方のパターンを変えることで対応できます。

番注意してほしいのはGoogleMapに自分で入力すること。

徒歩ではなく、車のルートにすることです。
(高速道路、有料道路
を除きましょう)

 

自分の場合ロードバイクで配達をしているので、段差のなどで振動がかなりあるので、そのときはお尻を少し浮かせてダメージがないようにしています。

そのため、今までこぼれてしまったりしたことは一度もないです。

 

【UberEats】高校生3年生で18歳|年齢制限は?(まとめ)

最後までお読みいただきありがとうございました。

いかがでしたか?

高校生でも18歳以上であればUber Eatsの配達パートナーになっている方はたくさんいます。

ただ先ほどお伝えした普通のアルバイト感覚ではやらない様に気を付けて下さい。

確かに時給に換算すると普通の高校生ができるアルバイトと比べると稼げる可能性が高いです。

ピークタイムや天候を選べば時給2,000円程度を稼ぐこともできてしまいます。

個人事情主であること、労災などの全面的な保証がないこと、トラブルなどがあればサポートを利用しながら自分自身で対応しなくてはいけないことなどを事前に理解しておくべきです。

しっかり理解してUberEatsの配達パートナーになる分には社会に出ていく勉強として、稼ぎとしてメリットがあります。

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【達成の為のサポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事