在宅でWeb関係の仕事の気分転換にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達は最適!
お腹すいた方・配達したい方

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
始めるなら今!

 

キャッシュバック有の招待コードは自動返信にてお送りしております。

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

※本文中の「初回配達12,000円」「出前館のキャンペーン」については実施していた当時の内容です。

 

配達手段
レンタル自転車
配達エリア
東京
年齢
40代
時間あたりの売上
1,200円以下

Uber Eats プロフ画面

スポンサーリンク

シェアサイクルなら電動だからUber Eatsも気軽にスタート

 

本業はをしていますが、外に出たくなり始めました。

在宅ワークばかり10年以上やってきたので、本当に外は新鮮でした。

在宅の仕事なので、健康維持の為に近所を自転車で回る事は行っていました。

 

そこで、とにかく目に付くのがUberさんです。

若い人も多いですが、自分と同じ位の年齢(40前後)の人も多いことに気づきました。

 

また、乗ってる自転車もシェアサイクル、ロードバイクと様々でした。

ロードバイクは少し敷居が高いですが、シェアサイクルなら電動ですし、私でも出来る気がしてきました。

シェアサイクルも始めるまでは気にしていませんでしたが、23区内中心部は本当にポートの数が多いです。

近所にポートがある方は手軽に始められます。

スポンサーリンク

Uber Eatsの配達で工夫している点は?

とにかく困るのが、アプリの不具合?と思われる建物名や部屋番号が表示されない事が多い事ですね。

場所のピン位置がずれてる。

間違ってる事に気づかずにアプリからGoogleマップを呼び出すと、そちらも間違ってるなど。

 

アプリの不具合は本当に何とかして貰いたいですね。

部屋番号などがわからないとお客様に電話を掛けるしかありません

ただ、電話を掛けても出て貰えず、建物の前で5分以上待たされる事ありました。

他に困る事は商品自体ですね。

 

マック等、チェーン店様の包装はまず大丈夫ですが、個人のお店はまだ馴れてないのか?全く持ち運ぶ事を考慮してない包装の時がありました。

必ず動かない工夫が必要です。

Uber Eats タオル梱包

サバイバルシートなどを購入してる方も多いようですが、私は単純にゴミ袋にタオル詰めた物を使っています。

実際に汗を拭くなどにも使えますし、袋に入れておけば衛生面でも問題は少ないと思います。

またタオルだけより、袋に入れた方は保温効果も高いかもしれません。

あと、もちろん一番大事な事、斜めにしない事を心掛けています。

スポンサーリンク

Uber Eatsで自分が興味の無い街に行けるのも新鮮

本当に観光気分も味わえますし、お店も知れます。

中にはキッチン側から入ったお店で、この店は絶対に来たくない!と言うのも見られます。

 

自分も何度か食べた事のある某弁当屋さんは本当に凄くてショックでした。汗

東京生まれで長年暮らしていますが、六本木周辺は殆ど行った事が無かったので。

自分が興味の無い街に行けるのも新鮮で楽しいですね。

 

元々、趣味で近所は自転車で回っていましたが、本当にその延長線上です。

散歩が好きな方には向いてると思います。

あと、自分が触れ合う事の無い世界、お金持ちの生活が見られる点も面白いです。

お金持ちの人はマックのポテト1個でも平気でデリバリーするんだ!とか。(笑)

お金持ちでも家ではヨレヨレのジャージなんだね!とか見られました。

 

シェアサイクルのバッテリーが切れると地獄

明らかに不向きがある職種だと思います。

中には応対が明らかに酷いお客さんもいます。

それで心が折れない、割り切れる方は向いてるかもしれません。

 

あと、自分に向いてるエリアを探すのも大事かもしれません。

まだ日は浅いですが、新宿周辺は近場の配達が多い気がしました。

私は回数より、距離を稼ごうと港区周辺に出来るだけ行くようになりました。
ただ、鬼の様な坂も多いので電動でないとキツイです。

しかしバッテリーが切れると地獄と言う点もあります。

もちろん周辺の赤チャリポートは基本的にバッテリーは終わってます。
来る前に満充電の赤チャリを手に入れて始めると良いと思います。

 

また、最初は必ず土地勘のある地域から始めた方が良いです。

アプリの不具合などでGPSが間違ってる事があります。
それに気づく気づかないは土地勘だったり経験だと思います。

一度、始めてしまえば健康維持にも本当に良いと思います。
サービスが有る限り続けていきたいと思います。

Uber Eats バック

また本当にどうでも良い事ですが、初めて一つだけショックだっと事があります。
私はUberと言えば緑のバックだと思っていました。

それがナント!黒いバック、、、
黒は我慢したとしても、ナント!何処にもUberと書かれていません。

 

逆に緑バックを嫌がる人もいるようですが、私はてっきり緑バックだけと思っていたので。

あと実際に始めるとわかりますが、バックを持っていない人がいる事に驚きました。

お腹すいた方・配達したい方

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
始めるなら今!

 

キャッシュバック有の招待コードは自動返信にてお送りしております。

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

※本文中の「初回配達12,000円」「出前館のキャンペーン」については実施していた当時の内容です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事