【池袋】Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐ攻略法と注意点

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
いきなり12,000円をもらって始めるなら今!

 

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

池袋といえば都内でも有数のオーダーの多いスポットです。

ただメリットもある反面、池袋駅には大きな障壁もあります。

 

ここではこのサイトに多く投稿いただいた体験談のうち池袋での配達にかかわる実体験をご紹介します。

池袋に移動する前に一読いただくと大まかな様子が掴めます。

 

スポンサーリンク

池袋はオススメ?12個のリアルな体験談

自分の場合はサポートセンターのある新宿を基本に活動していますが、新宿からどちらの方向に向かうかによって、配達の質が異なる印象ですね。

北の池袋や西の中野方面に行くと、入り組んだ住宅地が多く物件が見つけにくかったり、一方通行が多かったりで、物件に辿り着くまでに時間がかかる印象です。

また比較的ショートピック&ドロップが増える印象です。

逆に南の渋谷、青山、六本木方面に行くと、ちょっと高級なエリアのマンションに配達するケースが多く、敷地到着からお客様の玄関までに少々時間がかかる事があります。

賑わっているエリアでは歩行者や路駐車両も多く、意外と坂も多いですね。

 

私は西武池袋線の沿線に住んでおり、電車がほぼ唯一の移動の手段でしたので、特に新鮮な発見が多いように感じます。

西武新宿線までであればたまに歩く事もありますが、中央線までになると、池袋から山手線で新宿を経由して、約1時間の移動時間、京王井の頭線ともなると、さらに渋谷まで移動して、1時間30分程度は掛かるイメージを持っていましたが、自転車だと、それらの移動が15分から25分間程度で行き来できることにとても驚きました。

 

私は主に池袋や、新宿周辺でアプリを起動します。

バイクだからと言うのもありますが、長距離配送が多いです。

特にそこにしかないお店等からの注文だと、どうしても食べたい人は長距離注文をしてきますので、6~8キロなどの注文も何回かやりました。

 

私は主に池袋エリアで活動しておりましたが、1件目はターミナル駅から始まる為、直ぐに受注できるのですが、問題は配送先にレストランがあるかどうかです。

レストランがあるエリアに行かないとどれだけ待っても注文がこない、且つ商品を受け渡し後次の受注までのロスタイムをいかに無くすかが効率よくUberで稼ぐかの秘訣だと感じるので、やはり山手線内で活動するのが無難だと感じております。

私が配達をしていた地域は自宅から近い西武池袋線の沿線です。

駅の間隔が狭く、駅から少し離れると住宅街が広がる地域が多いため、ある程度注文は多く受けとることができた地域であると思います。

しかし、池袋駅まで行ってしまうと、マクドナルドの数が多過ぎてどの電報局前なのか迷いますし、人も車も多く移動がしにくいため、あまりオススメはしません。

私は目白をスタート地点として豊島区をメインに配達しています。

その上で感じたことを少しばかりアドバイスとして残したいと思います。

豊島区は目白〜池袋〜東池袋近辺配達を行なっています。

目白での配達は比較的スムーズですが池袋が難関です。

このエリアにおいての注意点は池袋駅の東西の移動は結構めんどくさいということです。

歩行者ならいざ知らず、自転車やバイクといった車両(特に自転車は自動車専用の道路を走れないので)は東西の行き来が結構骨が折れるのです。

具体的には遠いか、地下に掘られた道を走ることになるので行き来のたびに距離か坂かとい二択と対面することになります。

歩行者の多い連絡通路などを押して通ることもできますが、休日は人が溢れかえっているので危険です。

池袋駅近辺でUberをする時は東西をうまく行き来できるようにその時々のピック先、配達先に応じたルートを頭に入れておいた方がいいかなと思います。

はじめは自分自信の活動地域が都心部から外れた地域だったためか一軒一軒の配達が長い距離にだったように感じたのですが、都心部(新宿、池袋)の方面に活動地域を変えると配達の距離が短くなったり、2軒同時の配達が来たりと配達件数を稼ぐのであれば都心部の方が良いのではないかと実感しました。

また、自転車で活動される方は坂の勾配も考えて地域を選んだ方が良いかと思います。

短い時間であれば坂は気にならないかもしれませんが、長い時間行うと上り坂がほんとにしんどくなります。

そのため自分は自転車であれば都心部(新宿、池袋)での活動をオススメします。

 

ウーバー配達員をやって良かった点は、先にも触れていますが、渋谷、新宿、池袋みたいなメジャーなエリアだけでなく、家の近所から自転車で30分圏内にある小中規模な街にあるおしゃれなカフェ、激安スーパーからレストラン。

最近発見してテンション上がったのは、東中野にある690円のバーバーですかね。

 

 

池袋から板橋まで、Uber Eats(ウーバーイーツ)の地図とGPSをみていたらGPSはややずれますね。

地図もGoogleマップと違い、なれるまで数時間かかりますね。

なれるまでは地図をよく見ることが大切でした。

また池袋などのターミナル駅は駅の反対側へ行ける道がとても限られています。

その際はGoogleマップナビが要りますね。

車で設定しないと歩行者通路は階段で通れない場合がありますね。
でも朝ゆっくりできるので最高でした❗

 

池袋を中心に1週間ほどやってみました。

ここは1km未満の配達と、2.3駅先まで飛ばされるのと半々といった感じです。

注文の入るレストランはマクドナルド、モスバーガーといったファーストフード、それにタピオカミルクティー専門店が多いです。

池袋を中心に、東側は雑司ヶ谷・護国寺・目白・大塚・巣鴨・駒込、西側は要町・千川・大山・椎名町・落合南長崎辺りが配達先になります。

配達に行く時は良いのですが、配達先から戻る時に池袋に向かって登り坂になるので、自転車の方は電動か多段ギアのついているものが良いと思います。

池袋に戻っている間は賃金も発生しないので池袋をベースにせず、配達先に行った近辺で受注してもいいのですが…。

そうすると池袋→護国寺→江戸川橋→飯田橋→市ヶ谷→四谷→青山…なんて飛ばされる事もありました。

受注はどんどん入りましたが、体力の減った状態で帰宅の事を考えると一長一短です。

 

 

私が良く稼働するのは池袋を中心としたエリアなのですが、やはり駅前にファーストフード店が多いエリアは注文が入りやすいのかなと思いました。

Uberにはブーストというボーナスもあり、地域によってインセンティブがあるのですが一度ブースト目的で違うエリアで稼働した際は残念ながら注文も半分ほどになってしまい、結果としてトータルいつもより少なくなりました。

 

 

エリアに関しては池袋の近くにすんでるので池袋辺りからスタートするのですが新宿辺りまでいく事が多いですが原付バイクなら10分くらいですし、土日とかは結構どのエリアでも需要があるみたいなのでそこまで、気にする必要はないかなと思ってます。

 

 

 

スポンサーリンク

自宅が池袋。大学が終わった後の隙間時間でUber Eatsの配達

池袋(豊島区)に自宅があり自宅近辺でUber Eatsの配達をされている抱く学生のリー(仮名)さんが池袋周辺の配達状況や注意点などを教えて下さいました。

池袋駅の西口と東口の行き来についても教えてくれました。

これからUber Eatsを池袋からスタートしてみたいと考えられている方に参考になれば幸いです。

配達手段
自前自転車
配達エリア
東京
年齢
10代
時間あたりの売上
1200円以下

Uber Eats プロフ画面

やはり今までにないバイトの形でしたのでそれにとても魅力を感じました。

自分はもともと自転車で旅をするのが好きで、知らない街に訪れたりするのがとても好きでした。

 

そんな時にこのバイトがあることを知り、まさに、自分が求めているようなバイトだと感じました。

以上がはじめようとしたきっかけです。

今は埼玉の大学に通う大学生です。

 

教育系の仕事に将来つきたいと思って勉強をしています。

自宅が池袋近辺なので通学には1時間ほどかかり、勉学に部活動と忙しい毎日ですが、家に帰ってくると少しですが時間があります。

そういうときにこのバイトをこれから少しずつやっていきたいと思っています。

やってみて思ったことですが、大学生はUber Eats(ウーバーイーツ)との兼ね合いがとてもしやすくおすすめなバイトだと思いました。

みんなに紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

池袋でのUBERの配達で気を付ける点は?

Uber Eats バック

やはり、大切なお客様の商品を配達する仕事なので、責任感は当然必要でした。

毎回商品がどうすれば、お店が作った出来立ての状態で持っていけるか考えました。

当然ですが、冷たいものと、温かいものは分け、液体の入ったものは下にタオルをひいてまいて、少しでも衝撃を和らげるようにしました。

 

また、漕いでいる時も、段差などはなるべく使わず、安全運転を心がけました。

上手くなってくれば、早く、安全に届けられると思いますが、まずは、スピードを求めすぎず、落ち着いて配達することをお勧めします。

 

私は主に池袋で配達を行なっていますが、池袋で注意することは、人通りの多さです。

どうしても歩道を通らなければいけないところも存在するので、歩行者に気をつけたほうがいいです。

 

それでも、自由度は高いのでやっていても仕事をする感覚なくできます。

つまりUber Eatsは池袋の自宅周辺はすべてバイト先

Uber Eats 自転車
Uber Eatsはやはり何よりバイトがだるいとか、後何時間もある、、というマイナスな気持ちを持ったままバイトをすることがありません。

やめたきゃオフラインにすればいいし、始めたくなったら自分の好きなところに入れられます。

 

また最も効率よくスケジュールを合わせられる点でとても得をしていると思います。

私は家が池袋近辺ですが、自宅の周りが全てバイト先なのも、通勤時間などを気にすることなくできるのでとても嬉しいところです。

つまりUber Eatsのサービスエリアである池袋に自宅があれば、通勤時間がゼロということになります。

このようにUber Eats(ウーバーイーツ)は私にとって一切の無駄がありません。

こうしたことで毎日楽しくそして快適にお金が稼げているので、毎日誰よりも得した気分で気持ちよく自転車を漕いでいます。

土地勘がつくのも嬉しいところですね。

池袋駅の攻略法!東口と西口


池袋だと、東口と西口に分かれてて、例えば西口にいるときに、東口から依頼が入ったときは移動しなければならないんだけど、北口には、ウィーロードと、歩道橋がそれぞれあるんだけど、歩いて渡らないといけないところだから時間ロスになるのでなるべくやめたほうがいいかな。

だから、反対の南口側の方を使ったほうがいいね

 

そこは自転車と自動車は線路の下の半地下みたいなところを進むんだけど、そこだとスムーズに行けるのでおススメです

あとサンシャイン通りを通った方が近道だとしてもあそこは休日は特に、回り道をして、通らないほうがいいね。

人が多すぎて自転車で進むのが歩くのと同じくらいになってしまうから、あとは自由に楽しくです。

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
いきなり12,000円をもらって始めるなら今!

 

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事