せっかくUberEatsをやるなら少しでも稼ぎたい。

どうすれば稼げるのかわかる範囲で教えて!

 

こんな悩みについて答えます。

私自身、現役の配達パートナーであり、同時にご紹介した459名の方が目標回数を達成しました。

 

当サイトにも数多くの体験談が寄せられています。

その実績から具体的に稼ぐ方法についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

稼ぐために考えること

稼ぐためにはリクエスト、つまりオーダーを多くキャッチする必要があります。

例えばタクシーを捕まえるときも終電の前であれば街にはあふれるほどタクシーがいます。

 

ただ、終電直後は一気にタクシーの台数が減って、見つけるのも大変です。

 

UberEatsの配達手数料を効率よく稼ぐためには、配達パートナーと注文者の需給でリクエスト数が決まるということです。

つまり「注文したい人が増える」「配達パートナーが減る」この状況が一番リクエストが増えることになります。

 

ただ闇雲に時間ができたから自転車乗って繁華街にいっても効率的に稼げるかは運次第です。

根底的に考えること
どういったときに注文が増えるのか。

どういったときに配達パートナーが減るのか

この状況を想定することが大切です。

 

またこの状況になれば配達手数料が上がったり、ブーストが増えたりするのも特徴です。

 

次に具体的な行動や考え方をご紹介します。

スポンサーリンク

具体的に稼ぐ3つの提案

ここからは具体的に稼ぐ環境、つまり配達パートナーと注文者の需給の関係で配達パートナーに有利になる状況を考えます。

 

ただ私の考えではUber Eatsはあくまで時間が空いた時に好きなタイミングで運動がてら小遣いが稼げるといった働き方です。

本気で稼ぎたいと考えるならデリバリーのバイトが、労働者としての補償の面からも間違いなく良いと思います。

 

UberEatsの本来のメリットである、「好きな時間に自由に稼げる」のテーマから外れてしまうからです。

しかし、短期で稼ぎたい今週だけは稼ぎたいというときは有効な方法です。

 

時給換算1,000円以上を必ずコンスタントに稼ぎ続けることができるかといわれると難しいと言わざる得ません。

ただパチンコやスロット、競馬といったギャンブルでもトータルで勝ち続けている人は存在します。

Uber Eatsでも勝ち続けている人もいるのは事実です。

時給換算で2,500円ペースで稼いでいる方は実在します。

それには他力本願ではなく、自分のデータを分析して効率の良い動き方を考えて成功法則を探し続けているような方です。

ただそれだけで終わってしまうとつまらないので私から2点提案します。

 

天候を考える

時間を考える

エリアを考える

空いた時間を有効活用する

天候

悪天候は配達パートナー不足

⇒ただ、晴れてて快適なときにサイクリング感覚で沢山稼ぎたい・・

こんな声が聞こえてきます。。

UberEatsの配達は、ダイエットや運動不足解消など目的もそれぞれです。

だから何も辛い時にやる必要はないでしょう。

 

あくまでこのページでは楽しさよりも稼ぐことをメインに考えました。

つまり人のやりたくないことを率先してやることが稼ぎにつながるはずです。

 

以前ご紹介したUber Eats(ウーバーイーツ)の雨の日は稼ぎのチャンス!?のページでお話しましたが、天候が悪い時は事故も多発します。

 

しっかりと安全装備を心掛けてプロフェッショナルな仕事の貫徹が必要です。

 

時間とエリア、ブースト、クエスト、天候は絶対チェック

Uber Eatsの配達パートナーは自分の好きな時間に好きなタイミングで働けることに大きなメリットがあります。

それを完全に打ち消すことになりますが、時間とエリアを外したらただ単に時間の無駄です。

敢えてそこに優先順位をつけるなら

 

時間

時間帯はめちゃくちゃ重要です。

逆の立場でUberEatsに注文したくなる時間を考えればご理解いただけると思います。

 

やはり人が食事をする時間帯が多く注文がでます。

特に平日のランチタイムはサラリーマン副業組はUberEatsができない関係でかなりお得な時間帯です。

やるならランチ>ディナー>モーニングの順番に。

 

それ以外の時間帯は効率的に動くのはかなり難しい。

 

ブースト、クエスト

クエストの状況を事前に確認して取り組んでみましょう。

数字目標を自分の予定に落とし込めば達成確率も高くなり、報酬は上がります。

 

エリア

ランチタイムはオフィス街、ディナータイムは住宅街。
ただ、やはり都心部は強い。

Uber Eatsの知名度を考えても渋谷区、港区、目黒区、新宿区は圧倒的

 

2)隙間時間に別の副業をする

先ほどお話した4つの項目の正反対の時間が空いた時は別のことをしましょう。

・天候
晴天で心地がいい。

サイクリング日和。

・時間
ランチタイムでもディナータイムでもないアイドルタイム

・ブースト、クエスト

まったくついていない

・エリア

上記3つに当てはまらないがせっかくいいエリアにいてアイドルタイム。

こういったときは無駄にSNSの情報に振り回されてあっちこっち行くのではなく、ある程度諦めてもっと効率的なことをすることも大切です。

具体的には、鳴らない時間を有効活用!「副業の副業」をすべき3つの理由とオススメ3選でご紹介しましたが、自分自身のスキル向上や隙間時間で稼げる方法など時間を無駄にせずにできることをやってみることも試してみましょう。

 

スポンサーリンク

具体的に稼ぐ3つの提案 まとめ

最後にまとめます。

・Uber Eatsはあくまで時間が空いた時に好きなタイミングで運動がてら小遣いが稼げる副業である

・稼ぐためには何かを犠牲にしなくてはいけない

・そのうえで、「注文したい人が増える」「配達パートナーが減る」を考える

・天候・時間・エリア・インセンティブを判断

・隙間時間も稼ぐ

この辺りを考えて、無理のない範囲で稼いでいきましょう。

もちろん、経験を積むとエリアの特徴やマンション管理人、レストラン担当者と顔見知りになり色々なことがスムーズになっていきます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事