UBER eats 配達

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら2,000円引きになります。

新規インストール後、menuアプリ内でクーポンコード5桁

【36801】

を入力してください。

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【達成の為のサポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
格安で長期有償貸し出しも対応しております。
詳しくはこちら
・スマホホルダー付き!
・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
貸出は新宿中心になります。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。
※2020年10月現在は1万円に減額されています。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

代々木上原や幡ヶ谷には個人経営の飲食店でUberEatsを頼める隠れ家的なお店も多くあります。

今回は私の電動アシスト自転車を借りていただいたサダヨシ(仮名)さんに体験談を寄せていただきました。

実際にお会いした感じはとても好青年。

きっとUbereatsの配達の中でたまに出会う理不尽なこともこの笑顔で乗り切れる方だろうなと感じていました。

体験談の中でラトュール新宿の話が出てきました。

本当に大きなマンションで入館手続きも時間かかります。

私もサダヨシさんのアイデアを取り入れたいと思います。

配達手段
レンタル自転車
配達エリア
東京
年齢
20代
時間あたりの売上
1500円以下

Uber eats 配達

スポンサーリンク

渋谷区はもともとUbereatsが始まった時から

自由に働けるという文言を何度かネットで目にするようになってから、いつかはやってみたいと思っていました。

自分でもUberEatsを頼んだことがあったため、働くイメージがついていたのが大きかったです。

本業は都内を車で回るような仕事で、もともと渋谷区や新宿区にはそれなりに詳しかったこともあり、このエリアで始めてみました。

渋谷区はもともとUberEatsが始まった時から積極的に利用されているのを知っていたので、やるならまずここかなと考えていました。

Uber eats 配達
ただ、渋谷区は坂が多いため、その後すぐ新宿区(オフィス街だし平坦な道も多く、渋谷より道が広い)に移って稼働してみました。

やはり知っている道での稼働は有利で、地図を見なくても方向がわかるのはかなりの利点です。

スポンサーリンク

ガストやマクドナルド、ケンタッキーなどはおいしい2件同時配達が多い

いざ始めてみると、実際に土地勘が生きた時もありましたが、自転車でしたか通れない道もあり最初は道を探すのに苦戦しました。

特に、南新宿周辺は踏切が多く、小田急線の踏切待ちが長いため、1件をこなすのに時間がかかった場面もありました。

そこで、事前に線路を潜れる道をいくつか探しておき、ルートを確保してからはかなりやりやすかったです。

また、ガストやマクドナルド、ケンタッキーなどはおいしい2件同時配達が多い傾向があるので、特にお昼のピークはこれらの店が密集している地域メインで活動した時は効率が良かったです。

ただ、初日はママチャリで頑張りましたが、2日目以降は限界を感じ、電動自転車をお借りしてからはもうママチャリには戻れないと思いました。

それでもお昼のピーク時に稼働しているうちに

スポンサーリンク

代々木上原や幡ヶ谷に美味しそうなお店が多かった

一番はこんなに自由に働けるのに、意外と稼げる点。

やはり縛られないというのは重要で、ワンタップでオンライン/オフラインを切り替えられるのでストレスが少ないです。

次点は今度行ってみたい!と思えるようなお店に出会えること!
実際、配達した翌日にプライベートで食べに行くことありました!
特に代々木上原や幡ヶ谷に美味しそうなお店が多かったように感じます。

 

Uber eats 配達

また、運動不足解消にはもってこいで、ただなんとなく走るよりもある程度の時間内に届けなければならないという縛りが良いなと思います。

休憩は合間に好きに取れますが、配達オーダーを受けている間は店に向かう時も届ける時もある程度の緊張感があるので、それが良い刺激です。

ラトュール新宿に配達に行くときにするべきこと

これから始める方は、まずは自分が少しでも知っている地域でやるのがおススメです。

また、アプリの使い方で、配達中に新しい予約が入って、ロスなく次の予約をこなせるようになっていますが、その新規受注を一時中止した方が良い場面もあります。

(例えば大型タワーマンションで敷地に入ってから完了するまで配達に時間がかかりすぎるところなど)

例えばラトュール新宿とかですね。

また、水分補給はこまめに、スマホホルダーと、お尻に敷くクッション、モバイルバッテリーは必須だなと思いました。

また、皆さんやっていると思われる、配達カバンの中にタオルや小さい箱を入れておく、です。カバンの大きさに対して物が小さいと中で暴れるので、うまく調整してあげる必要があります。

今後は週間で40配達くらいできるようには稼働していきたいですが、冬は防寒対策が鍵ですね。

これからもUbereatsを通して色んなお店を発掘していきたいです!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事