【中野】Uber Eats(ウーバーイーツ)|初回で12,000円もらえる!10個の実体験

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
いきなり12,000円をもらって始めるなら今!

 

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)で中野を配達している方の声を集めてみました。

実際に中野で配達をして感じることなどが、リアルに語られています。

スポンサーリンク

Uber Eats(ウーバーイーツ)中野で配達した真実

中野でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしようと思っている方は一読下さい。

Uber Eatsは世間にだいぶ認知されてきていますが、配達パートナーはまだまだ足りないようで私が動いてる代々木、初台、幡ヶ谷、中野地区は曜日によって差はあるものの、昼と晩はほぼ途切れず配達依頼がきます。

 

最近発見してテンション上がったのは、東中野にある690円のバーバーですかね。

 

例えば西東京の手前で借りて、阿佐ヶ谷や中野、東中野周辺でやっていましたが、そこから落合の方に飛ばされ、そこからさらに新宿を通り、新宿のあたりの専門店を配達するのに山手線を抜けて信濃町や六本木、最終的に芝公園周辺から芝浦まで配達したことがあり、それを返すときに芝浦から上石神井まで夜中にママチャリを漕いで帰ってきたのにとても時間がかかりました。。

 

中野区は道が分かりやすくて、配達はしやすかったですが、注文が少なかったです。

 

新宿区、中野区、世田谷区、渋谷区がメインエリアでしたが中々注文は多かったです。

新宿区であれば豊島区に、渋谷区であれば港区を超えて品川区辺りまで、配達で飛ばされてしまうので待機拠点に戻りながら活動するのをおすすめします。

時給で換算して1000円は慣れれば軽く越えられますのでアルバイトよりは絶対いいです。

 

北の池袋や西の中野方面に行くと、入り組んだ住宅地が多く物件が見つけにくかったり、一方通行が多かったりで、物件に辿り着くまでに時間がかかる印象です。

自分は新宿・渋谷・中野近辺のエリアで活動しており(エリア外に出たらすぐ戻る・エリア外に追いやられそうな依頼は拒否する等して)、このあたりはランチやディナーの時間以外でも割とコンスタントに依頼が入ります。

 

(中野でスタートして、浅草くらいまでいったことも。。。写真添付します。この日は泣きが入りました。)

たまに、新宿区で配達するつもりで、ブースト無の中野区から依頼が来たりすることもあるでしょう。

 

スポンサーリンク

【体験談】中野でのUber Eats配達はオススメ

中野駅付近でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員を見かけたことをきっかけに始められたふささ(仮名)さんから中野がおすすめな理由などを含めた体験談を寄せていただきました。

 

配達手段
自前自転車
配達エリア
東京
年齢
20代
時間辺りの売上
1,200円以下

 

わたしは大学生ですが、就活が終了し卒業旅行向けに短期で稼げるアルバイトを探していたところ中野駅のそばでUber Eatsの配達員の自転車を見かけ、興味を持ちました。

Uber Eatsの他にも短期アルバイトはありましたが、シフト制ではなく好きなタイミングで働けることや週払いですぐに入金されることなどほかのアルバイトにはあまりない特徴が決め手になりました。

また、Uber Eatsでは登録がすぐにできることなどをはじめ配達を始めるまでにかかる時間や費用が他のアルバイトに比べて少ないことも魅力のひとつであると考えています。
本業は学生なので、通学の合間に都合よく新宿や中野で仕事ができることが魅力です。

授業のすきま時間や急に授業が休みになったときなどに臨機応変に働いています。

中野駅を中心とすれば意外に配達しやすい!?

距離ごとに報酬がもらえるため、長い距離の配達をしても特に損をするようなことはありません。

クエストなどのときは、とにかく短い配達を何件もこなせるように工夫しようと考えました。

具体的にはマクドナルドや松屋など多店舗で展開しているチェーン店を狙うため、駅前付近でなるべく待機するように心がけました。

 

他には、私は電動ではない自転車を使用しているため、なるべく坂道のない地域で配達ができるように心がけていました。

具体的には新宿周辺は坂道が多く、人通りや車の交通量も多いため避け、中野駅を中心とした中野区近辺で主に配達するようにしていました。

宿と比べても依頼の量も特に変わらないと感じるため何も考えずに配達するよりも良かったと感じています。

破棄でランチ代が浮いた!!

普段はいることのないような店舗の情報が知ることができることが最もUber Eatsでの良かったことだと感じています。

気になるけど一人では入りにくいような店に、どのようなメニューがあるのかを実際に自分の目で見られることはとても楽しく、その後客として利用したこともありました。

中野は普段からよく使うエリアですが、普段は通らないような道を多く通るので、配達範囲の交通情報に詳しくなれることも魅力のひとつだと思っています。

ほかに、配達先のお客さまと連絡が取れず、自分で配達していた料理を昼食代わりにできたこともありました。

配達員をしていると昼
時にランチをゆっくりとったり買い物をすることは難しいことが多いため、得をしたと感じました。

やはり新宿・渋谷は有利だが・・中野がおすすめの理由

自転車で配達を考えている方は、坂道が少なく、道が碁盤上になっているなど配達先や店舗に向かいやすく、体力的に楽であったり道に迷って時間をロスするリスクの少ない地域を選択することが大事だと思います。

具体的には新宿区や渋谷区は坂道や人通りが多く走りにくい状況に陥ることが多いため、個人的にはあまりおすすめすることはできなかなと感じています。

逆に新宿区や渋谷区では依頼が非常に多いため、待ち時間の発生がほかの地域に比べて少ないと感じます。

私は中野がオーダー数もあり、自転車での通行もしやすいためお勧めです。

体力や楽さよりも、とにかく稼ぎたいということであれば依頼が多く入りそうな地域を選択して努力する方法もありなのではないかと感じます。

また、夜間よりも昼間のほうが効率よくもうけが出ると思います。

スポンサーリンク

【Uber Eats】中野駅スタートで配達して分かったこと!オススメの理由とは?

最後にまとめてみます。

中野がオススメの理由

・中野地区は曜日によって差はあるものの、昼と晩はほぼ途切れず配達依頼

・中野区は道が分かりやすくて、配達はしやすかったですが、注文が少なかった

・中野方面に行くと、入り組んだ住宅地が多く物件が見つけにくかったり、一方通行が多かったりで、物件に辿り着くまでに時間がかかる印象

・このあたりはランチやディナーの時間以外でも割とコンスタントに依頼

・中野がオーダー数もあり、自転車での通行もしやすいためお勧め

 

中野で配達した方のお話の中では、住宅街が入り組んでいて戸建てを見つけにくいことや、あまり稼げないなどのお話もありました。

ただ、ここ最近はあまり稼げないことはないようです。

 

渋谷や港区に比べて中野は後発スタートだったので初期メンバーからみるとリクエストが少なかった印象ですが、最近はよく鳴ります。

渋谷に比べて配達パートナーも少ないのでその点もメリットかもしれません。

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
いきなり12,000円をもらって始めるなら今!

 

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事