自転車NAVITIME
お腹すいた方・配達したい方

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文2,250割引!!

「eats-e82fm9」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
始めるなら今!

 

キャッシュバック有の招待コードは自動返信にてお送りしております。

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

 

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

※ご注意:現在、キャンペーンは停止しています。本文中の「初回配達12,000円」「出前館のキャンペーン」については実施していた当時の内容です。

配達手段
レンタル自転車
配達エリア
東京
年齢
20代
時間あたりの売上
1,000円以下

Uber Eats アプリ 画面

スポンサーリンク

スキマ時間である程度の金銭を得ることへの可能性

本業はWebサービス開発・運営、スマートフォン向けアプリの開発・運営、また新規事業の立案・実行を行っています。

Uberのビジネスモデルは客観的に見て非常に面白いなと思っていたので、自分自身が配達員として動いてみることでビジネス上の課題や新しいビジネスの可能性を発見できるのではないかと思っていました。

また、スキマ時間である程度の金銭を得ることが出来るということは本当なのか?ということも気になっていたので、UBER配達を自分で行ってみることにしました。

山手線の東側に自宅があるので、まずは秋葉原のUBER配達パートナーセンターに登録に行き、秋葉原を中心にした東東京を起点にUBER配達をはじめることにしました。

スポンサーリンク

Uber Eatsの配達はやはり電動アシスト

Uberバック

初日は自分が保有している普通のママチャリで配達を行ったのですが、普段の運動不足もたたり10件ほど配達したところで体力的な限界を迎え、階段の上り下りすら怪しくなってきたので、ママチャリでの配達は初日で辞めました。


2日目以降はドコモのシェアバイ
ク(通称赤チャリ)で配達をはじめたところ、電動アシストの効果は大きく、休日に丸一日配達を行っても体力的な限界を迎えることはなくなりました。


また、東東京と中心に活動していると、銀座のお店の商品を月島や
豊洲方面のタワマンへの配達に多く遭遇することになるのですが、特にダブル(1つのお店から配達2件分のオーダーを受けること)の場合、銀座からの距離的な問題(橋も多い)やタワマンへの入管手続の複雑さも相まって、配達2軒目のお客さんから「配達が遅い」とクレームを受ける可能性が高いので、必ず配達前に到着予定時間を伝え、その上で配達が遅くなって申し訳ない旨を伝えることで、評価が低くならないように対応していました。

スポンサーリンク

気が付いた都内の自転車という移動手段

UBER配達員をやって良かったのは事前に期待していた、UBERのビジネス上の課題や新しいビジネスの可能性を自分で体験できたことですかね。

課題としては、配達員のモチベーションや金銭的インセンティブ管理、マッチング方法、加盟店とドライバーの評価制度、梱包・配達のオペレーションの標準化、加盟店に関する情報の共有などが大きいなと思いました。

た新しいビジネスとしてはポスティング代行、買い物代行、メッセンジャプラットフォームーなど色々な活用可能性があるなと思いました。

また身近なところでは、都内の移動は電車と自転車での移動を比べたときにそれほど時間差は無いなと気付いたことも大きく、日常生活でも乗り換えが面倒な移動の場合、レンタサイクルを利用するようになりました。

もちろん運動不足解消にもUBER配達は役立っています。

「自転車NAVITIME」もおすすめ

Uber Eats 持ち物

ママチャリ配達することは体力的な意味でオススメしませんので、ロードバイク・電動自転車・原付で配達することをオススメします


特にドコモのシェアバイクはUBER配達員なら月額4000円
で電動自転車を使い放題なのと、都内には大体どこにでも設置されているので、利用することをオススメします。

また、スポーツタイツを履いて配達を行うと筋肉疲労が軽減されるのと、取り外しが簡単なサドルクッションも持っておくとおしりへの負担も軽減されるのでこれもオススメです。


配達ルート検索ではグーグルマップが王道だと思いますが、自転車
で走りづらいルートも表示される場合もあるので、自転車ルート検索として「自転車NAVITIME」もインストールしておくこともおすすめします。

ある程度お金を稼ぎたい場合は、どのエリアで活動するのかが非常に重要になります。

UBER配達の場合は件数をこなしてなんぼの世界のなので、UBER加盟店が多く、かつ、配達距離もそこまで長くないエリアの中で穴場を見つけることが重要かなと思います。

お腹すいた方・配達したい方

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文2,250割引!!

「eats-e82fm9」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
始めるなら今!

 

キャッシュバック有の招待コードは自動返信にてお送りしております。

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

 

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

※ご注意:現在、キャンペーンは停止しています。本文中の「初回配達12,000円」「出前館のキャンペーン」については実施していた当時の内容です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事