配達先がマンションの時など自転車を止める場所を探すのも一苦労
配達先がマンションの時など自転車を止める場所を探すのも一苦労

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

※このプロモーションコードを利用する際は必ず下記リンクからご利用ください

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

ダウンロードからの詳細は、こちら

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【menu】

menuもおすすめ!!
今なら2,000円引きになります。

新規インストール後、menuアプリ内でクーポンコード5桁

【36801】

を入力してください。

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

電動アシスト自転車を無料貸出
詳しくはこちら

その他、配達バックの貸し出しや一時お預かりも行っております。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
目標達成で別途1万円もらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達先が都内の高級マンションの場合は特に自転車を止める場所に迷います。

停めても迷惑にならなそうだし、すぐ戻る・・。

やはりそれでも迷惑になり、管理人さんが自転車を移動しようとしていたことがありました。

バイクと違い、気が楽な自転車ですがそれでも都心部のマンションは気を使います。

今回は普段はサラリーマンをされているシン(仮名)さんに、この駐輪についての体験や、これから始める方への知っておいたほうがいいことなどを体験談として寄せていただきました。

これからUber Eats(ウーバーイーツ)を始める方のお役に立てると幸いです。

シンさん、貴重な体験談をありがとうございました。

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

配達手段
レンタル自転車
配達エリア
東京
年齢
20代
時間あたりの売上
500円以下
Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録した日付
2019/06/11
Uber Eats(ウーバーイーツ)プロフィール画面

Uber Eats(ウーバーイーツ)プロフィール画面

スポンサーリンク

やめたいときに辞めることができる

本業はサラリーマンです。

転職する際に休職期間を無駄にしないようバイトをしようと思ったのですが、働く時間や、期間の面で中々折り合いがつかず困っていたところ、Uber Eats(ウーバーイーツ)が稼げるとの話を聞きました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)ならすぐに始めることができ、やめたいときに辞めることができるので、隙間の時間を埋めるのにピッタリだと思いました。

運動不足で普段から自転車は漕いでいたので、それがそのまま仕事になるのは素晴らしいと思いましたね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録は新宿センターで行いました。

待ち時間が10分ほど、説明が30分ほどでしょうか。

スーツ姿のサラリーマンや外国の方など、本当に色々な人が登録に来てました。

スポンサーリンク

【対策】駐輪禁止の張り紙

トラブルとして多かったのはウーバードライバーアプリの地図のピンずれにより、お客様の住所がわからないパターンですね。

特にアプリの表記住所は当てにならないパターンが多いです。

ピンずれしてしまった場合はお客様自身がご記入した住所を頼りにするしかないのですが、その住所がグーグルマップに表示されないときは本当に困りましたね。

お客様に電話しなければならず、電話代はこちらの負担になりますから。

一度大幅な配達遅延をしてしまい、お客様から電話越しに怒鳴られたのは苦い思い出です。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達中に貼られてしまった駐輪禁止 自転車を止める場所も気を付けるべき

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達中に貼られてしまった駐輪禁止 自転車を止める場所も気を付けるべきdav

あとは配達のために自転車をマンション前に駐輪するんですが、ってきて駐輪禁止の張り紙がされていたときはゾクっとしましたね

もし撤去されてたら考えると。

自転車を停める場所もしっかりと考えなくてはいけません。

 

駐輪場を探して止めるのはさすがに効率が悪いかもしれませんが、建物敷地内でしたら最大限の配慮をして止めるべきです。

 

できることであれば、Uber Eatsの配達で駐輪していると分かるように表示しておくのもいいかもしれません。

 

配達の際の工夫としては緩衝材にタオルをバッグの中に入れておくことですかね。

ファーストフードのドリンクは横倒しになる危険大きいのでとくに注意を払いました。

飲食店でのピックアップの際は、大きな声で「ウーバーです!」店員に知らせることを心掛けました。

何も言わずに店に入っても店員が気付いてくれないと商品のピックもできませんからね。

スポンサーリンク

平日は暇だったので・・土日中心に活動

ウーバーをやってよかった点は運動不足の解消はもちろん、あとは、いろんな飲食店の存在を知れたことが良かったですね。

地元で配達してたんですが、地元なのに知らないお店がいっぱいあって「あ、今度ここ食べにこよ」と思ったりしました。

おしゃれなカフェとか、穴場っぽいお好み焼き屋さんとか見つけられて自分の中の飲食マップが広がりましたね。

あとは、配達中にお客様から配達場所を変えてくれと言われて困っていたら「500円現金で払うから!」と言われたときはラッキーでしたね。

距離的にはたいして変わってなかったのにすごい得した気分でした。


今後は週2ぐらいのペースでやっていきたないと思ってます。


夕方中心で動いていたせいか平日は暇だったので土日とかに

始める前に知っておいたほうがいいこと

ウババックの中はタオルなどで緩衝材代わりに

ウババックの中はタオルなどで緩衝材代わりに

アドバイスは、お客様にも飲食店にもとにかく愛想をよくする。

雇われでなく個人事業ですので。

商品を飲食店から受け取る際は「ウーバーです!」とはっきり自分の存在をアピールする。

タオルをバッグに入れて緩衝材にする。

商品がバッグでぐちゃぐちゃになったら目も当てらませんからね。

すぐにピンずれするウーバードライバーアプリの地図を信用しすぎない、住所表記部分にはアプリの表記とお客様記入の二つがあるんで、お客様記入部分を重視する。

ウロウロしないで、自分のセーブポイント的な休憩場所を決めておく。公園のベンチ等。

あとはテクニックとして、楽をしたいならチェーン店の前で待機するのがおすすめです。

チェーン店からの依頼は配達距離が基本的に短いです。

おすすめはマックと松屋ですね。

個人店の配達は距離が長くなりがちで、自分は最長8キロ体験しました。

エリアに関しては、忙しい日は新宿などがおすすめです。

ひっきりなしに依頼来ます。

暇な日は中央線から外れた地域がおすすめですね。

配達員が多くなく比較的に依頼が入ってきやすいです。

一番最悪なのは待ち時間が長いことですからね。

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

※このプロモーションコードを利用する際は必ず下記リンクからご利用ください

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

ダウンロードからの詳細は、こちら

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【menu】

menuもおすすめ!!
今なら2,000円引きになります。

新規インストール後、menuアプリ内でクーポンコード5桁

【36801】

を入力してください。

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

電動アシスト自転車を無料貸出
詳しくはこちら

その他、配達バックの貸し出しや一時お預かりも行っております。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
目標達成で別途1万円もらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事