UberEatsでドリンク1つだけの注文 安心確実な運び方
UberEatsでドリンク1つだけの注文 安心確実な運び方

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

UberEatsの注文で思ったより数の多いドリンク1つだけ。

UberEatsから支給されるバックは大きいので、ドリンク1つだけを運ぶときは工夫が必要です。

通常は、小型の保温バックを用意してその中に固定することが多いですが、トモ(仮名)さんは少し変わった方法を取られているようです。

確かにトモさんの方法であれば、常に目視で確認できるので道路の路面状況に合わせた運転ができますね。

 

その他にも、UberEatsを長く続けていくための心構えも教えてくださいました。

UberEatsで配達を始められる方の理由はそれぞれたくさんあると思います。

ただお金だけに注目してしまうと、時と場合によっては挫折してしまうかもしれません。

少し変わった視点から見ることでUberEatsの配達の魅力はさらに増していきます。

新しくUberEatsの配達を始める方のお役に立てると幸いです。

トモさんありがとうございました。

配達手段
自前自転車
配達エリア
東京
年齢
30代
時間あたりの売上
1,500円以下
キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

スポンサーリンク

飲み物の運び方は注意しなくては・・

登録後にバックはすぐもらえるので配達可能!

登録後にバックはすぐもらえるので配達可能!

私は本業では平日だけの勤務で、さらに時間が18時くらいには終わるので終業後にUberの配達がやりやすいのではないかと思い始めました。

登録は新宿で18:30頃に行いました。


待ち時間があるとの事でしたが、待つ為の椅子もあり、待っている
間に読むUberの冊子が渡されるので読んでいました。

読んでいる間に呼ばれましたが時間は15分くらいかとおもいます

 

そのあとは配達時にありそうなトラブルや対策、対処法などの説明、報酬に関する説明。

 

飲み物の運び方は注意しなくてはと思いました。

ひと通り説明が終わればバッグをもらってすぐに配達が出来るという状態でした。

説明を聞いている時間は15分くらいでした。

私は自前の自転車なのでそのあたりの説明がなかったのですがレンタルなどを使用される方はもう少しかかるかもしれませんね。

スポンサーリンク

Uber Eats(ウーバーイーツ)飲み物の運び方

初回の配達をする前に色々なサイトなどをみて起こりそうなトラブルなどをかなり予習しておきました。

サイトなどでもよく言われている事ですが、飲み物だけ一個という注文は意外に多いです。

Uberのバッグにそのままいれると確実に倒れます。

 

私の場合は自前の自転車に蓋つきの前カゴをつけてその中に仕切りを作っていますので、飲み物や小さいものなどはバッグを使わずにそこに入れて配達しています。

 

 

いちいち大きなバッグを背負わなくてもいいのでとても楽に配達できます。

飲み物が倒れてしまうかもという精神的な不安から解放されるのはとても良いです。

飲食店とのトラブルは今のところないですが、かなり待たされるところもあります。

細かい報酬の話になるのですが、何時から何時までの間に何件配達するとボーナス報酬がある場合は待ち時間が長いと困ってしまいます。

あとはタワーマンションに配達に行く時は入り口がどこにあるのかを自転車に乗った状態でしっかりと確認しました。

スポンサーリンク

新宿、渋谷近辺は、待ち時間は殆どなく配達できている

よくオーダーを受けることがある松屋

よくオーダーを受けることがある松屋

まずは自分の時間で仕事が出来るので気分がのらないときなどは仕事をしないなどの選択が出来るのが良いです。

レンタル自転車ですと電動だとおもうのですが、自前の自転車だと完全に人力なので確実に痩せます。

別に痩せようと思っているわけではないですが頑張って配達をしていると勝手に痩せます。

出来るなら毎日少しでも、一時間でも配達をした方が健康維持の為にもいいのかなとおもいます。


現在は休みの日などは1日五時間くらいで13件くらいの配達です

場所が新宿、渋谷近辺ということもあり待ち時間は殆どなく配達出来ています。

待ち時間がありそうな時はのんびり自転車を押しながら英語の勉強のためにWALKMANを聞いています。

毎日動くという事をお金を貰いながら出来るのはとても良い経験になっています。

長く続けるコツはUberEatsでお金以外の価値を見出すこと

私が渋谷近辺に住んでいますので家を出たらすぐにオンラインにしているとすぐに配達依頼が来ることがあるのですが、なかなか依頼が来ない場所も沢山あるとおもいます。

そんな時は焦らずにゆっくりと別の事が出来る準備もしていた方が良いとおもいます。

雨の日でなければ英会話の本を持ち出して自転車を停めて読んだり、ゆっくり自転車を押しながら英会話を聞くなど。

焦ることによって事故に繋がる可能性もあるのであくまでも運動している副産物として配達していると考えた方が精神的にもリラックス出来ます。

また、最初の一回目の配達が1番緊張しますが、意外にもアッサリと終わりますよ

配達をする為のグッズを事前に準備すれば安心感が増す

配達をする為のグッズを事前に準備すれば安心感が増す


もしも最初の一回目がどうしても緊張して踏み出せない場合は、初に配達をする為のグッズを沢山買うのもおススメです。

私はカバン、服、ライト、などなど配達をする前に新調しました。

そうするとしっかりと仕事をするんだという気持ちに切り替わり一歩踏み出せるのではないかと。

今後の配達については、出来れば体力維持、体型維持の為にずっとやりたいなとおもっています。

お金をもらえるというよりも趣味のサイクリングしながら知らない街や知らないお店を発掘するんだという別の楽しみを見つけることができれば焦る事なく安全に配達していけるのかなとおもっています。

もちろん配達で生活費の足しにしているという方もいるかと思うのですが、お金に関してはUBER側の判断で上下する可能性があるので、長く続けたい方はお金以外にもUBERで配達する事に対しての違う価値を見つけられると良いかなとおもいます。

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事