輪行で配達エリアへ! 大阪で配達してみた話。
輪行で配達エリアへ! 大阪で配達してみた話。

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

自宅がUberEatsのエリアでない場合でも、自分の自転車で配達をしたい場合は輪行も手段の1つです。

輪行する場合は注意点もあります。

ただ、電車でエリアにいってレンタルの電動アシスト自転車に乗るほうが気が楽ですが、自分の自転車にこだわりを持っている方や、色々なエリアに行ってみた方は輪行も考えてみるのもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

輪行とは

自転車好きの方なら輪行という言葉は理解されていると思います。

そうでない方にはあまりなじみのない言葉かもしれません。

自転車を公共交通機関に乗せては運ぶことを言います。

自走するのと違って離れたエリアで配達をできたり、時間短縮につながることもあります。

次は輪行に向いている自転車についてお話します。

輪行に向いている自転車とは

輪行をするためには専用の袋に入れなくてはいけません。

そのためには、自転車を分解するか、折りたたむ必要があります。

また、重量も大切で一般的な電動アシスト自転車は20kg以上ある車両が多いので向きません。

基本的には、小径車の折り畳み自転車かロードバイクとなります。

スポンサーリンク

輪行するためのルール

 

まずはJRの電車に乗るためのルールを確認してきます。

(無料手回り品)
第308条
旅客は、第309条に規定する以外の携帯できる物品であって、列車の状況により、運輸上支障を生ずるおそれがないと認められるときに限り、3辺の最大の和が、250センチメートル以内のもので、その重量が30キログラム以内のものを無料で車内に2個まで持ち込むことができる。ただし、長さ2メートルを超える物品は車内に持ち込むことができない。
2
旅客は、前項に規定する制限内であっても、自転車及びサーフボードについては、次の各号の1に該当する場合に限り、無料で車内に持ち込むことができる。
(1)自転車にあっては、解体して専用の袋に収納したもの又は折りたたみ式自転車であって、折りたたんで専用の袋に収納したもの
(2)サーフボードにあっては、専用の袋に収納したもの

 

スポンサーリンク

輪行で大阪エリアへ!実体験

大阪に輪行でUber Eats(ウーバーイーツ)を始めたヤスノリさん(仮名)。

元々のサイクリストで厳冬期のUber Eatsの配達の極意も教えていただきました。

どんなに寒くても、自転車を漕げば汗をかいてしまいます。

次から次にオーダーがくればいいのですが、待機中に寒ければ風邪を引いてしまいそうです。

これから寒くなる季節ですが、とても役に立つ教えをいただきました。

新しくUber Eatsの配達員になる方に参考になれば幸いです。

配達手段
自前自転車
配達エリア
大阪

年齢
20代

時間当たりの売り上げ
1,200円以下

 

Uber Eatsを始めたのは大阪でサービス開始しているのを知ったから


私は自転車が趣味で旅行先にも自転車を持って行って観光したりしています。

今年の夏に東京に観光しに行ったのですが、都内をサイクリング中にUber Eatsのカバンを背負った人が多く驚きました。

Uberは海外で配車サービスを何度か利用した事はあったのですが、日本で宅配ドライバーをする事ができるとは思いもしませんでした。

関西の自宅に帰ってからUber Eatsの事を調べたのですが、大阪や神戸、京都でもサービスをしている事を知って登録しました

自転車が趣味だけあって自分の自転車を走らせてお金を稼ぐ事ができるという点がすごく魅力的だと思い仕事を始める前からものすごく楽しみでした。

自転車が好きなサイクリストにはUber配達員はおすすめです。

大阪の配達エリアまで輪行で!

私の自宅は大阪エリアから20km近く離れています。

自走してエリア内まで行く事もできますが時間がかかるので折りたたみ自転車を電車に乗せてエリア内まで移動してから配達をしています。

Uber Eatsをするのにわざわざ電車賃を払っているのですがお金をもらって楽しめるスマホゲームだと思って配達しています。

私の使用している折り畳み自転車はロードバイクタイプなので前傾姿勢なります。

最初は自転車にキャリアを付けて運用しようかと思ったのですが、自転車のライドポジションを見直した上でカバンの肩紐を長めにする事によってカバンはある程度水平に保つ事ができました。

もちろん配達ではカバン背負っていますし、逆にキャリアで運用するとなると取り外しに余計作業量が増えるのであまり良くないと思いました。

大阪での配達は感謝の声が多いのでやりがいがある。

Uber Eatsは好きなときに仕事ができるという点が素晴らしと思います。

アルバイトするにしてもシフトに縛られた生活をするのもしんどいですし、日雇いのアルバイトだったとしても人が嫌がる様な精神的や肉体的にもキツイ仕事が多いと思います。

ですがUber Eatsだと個人事業主という形なので仕事をしていて文句の言ってくる人も居ないし一切ストレスを感じません。

人と接するのは商品をピックアップする店の店員と注文したお客さんだけなのです。

今まで配達する際に人と接する時に嫌な思いをした事は今のところ一度もありませんでした。

大阪の人は短気なイメージを持っている方もいるかも知れませんが逆に人情味が暖かく、みんな感謝の声をかけてくれます。

趣味で自転車をやっている人であればトレーニングにもなりますし、自転車を走らせてるだけでお金を貰えるなんて夢のようです。

自転車だと街中での事故のリスクが高いので注意


これから寒くなるので防寒対策は大切になってくると思います。

寒いので厚着すると思いますが、自転車でハイペースで走ってる時には汗をかなりかきます。

配達を終えてから動きを止めてしまうと冷えた汗で余計に体が冷えてしまったりするので注意が必要です。

動いてる時は暖かいインナーの上に風通しの良いジャケットを着て、配達を終えて止まっているときはウインドブレーカーを上に羽織と良いと思います。

あと冬でも水分補給は忘れずしっかりする事は大事です。

私が半日動いた時は水を1.5リッター程消費しました。

信号待ちの合間に水分補給できるように自転車にボトルゲージを付けると良いと思います。

自転車だと街中での事故のリスクが高いので出来る限りの注意が必要です。

ヘッドライトをできる限り明るいものにしたり、サドル下のシートポストに点滅ライトを着けるだけでもかなりリスクが減ります。

右左折する際にも手信号で周りの車にアピールする事も大事です。

【UberEats】輪行で配達エリアへ!大阪で配達してみた話。

最後までお読みいただきありがとうございます。

あまり輪行してまでUberEatsをされる方も少ないと思いますが、自宅がエリア外で自分の自転車でお金貰いながらサイクリングしてみたいと思われた方にはやってみるのも面白いかもしれません。

また、UberEatsはドンドンエリアを拡大しています。

いずれ自分の自宅周辺もエリアになるかもしれません。

その予行演習として輪行して、配達をしてみてもいいですね。

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事