時給換算で2,000円近くになります。
時給換算で2,000円近くになります。

①Uber Eats(ウーバーイーツ)でフードをご注文される方は下記のプロモーションコードで1,000円引きになります。

「ins6js2e」
コピーして使ってください。
Uber Eatsはこちらから

 

②配達パートナー向けの紹介ボーナスのキャンペーンは現在は停止されています。

時給換算1,800円以上稼いでいくにはある程度戦力も必要です。
稼ぎの効率化をするには??

Uber Eats(ウーバーイーツ)で時給換算すると2,000円近くを稼いでいらっしゃるヒサシ(仮名)さんから効率よく稼ぐ考え方を教えていただきました。

色々な方のお話を聞いていると時給換算で1,000円未満の方もたくさんいらっしゃいます。

やはり待機する場所や届けた後での行動などによってオーダーはだいぶ変わってくるようです。

また、なかなかUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを始めたくても、始められない方への考え方も教えてくださいました。

これから配達パートナーになろうとお考えの方のお役に立てると幸いです。

ヒサシさんありがとうございました。

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

配達手段
レンタル自転車
配達エリア
東京
年齢
20代
時間あたりの売上
2,000円以下
Uber Eats(ウーバーイーツ)のプロフィール画面

Uber Eats(ウーバーイーツ)のプロフィール画面

スポンサーリンク

副収入の中でも、ウーバーは割がよく自由に働くことができる

本業は上場企業の正社員です。
具体的には、営業の仕事をしています。

Uberを始めた理由は、3つあります。

①副収入が欲しいから
②都内の様々な場所を見て回りたいから
③いい運動、気分転換になるから

副収入の中でも、ウーバーは割がよく自由に働くことができます。

そして、私は今25歳で今後一人暮らし、持ち家の購入等のライフステージがあります。

自分の物件選びの基軸を広い経験、知識の中から選べたら今後の人生がより豊かになるかなといった気持ちもあり、都内でのウーバーライフを高いモチベーションで50回達成することができました。

登録した場所は、恵比寿です。
今は閉鎖されて大門が新設されたみ
たいですが、一番アクセスが良い場所を選びました。

登録当日の所要時間は30分程度でした。

土曜日の夜18時頃でしたが、数名待っている人がいた程度で比較的スムーズに登録できたことかと思います。

スポンサーリンク

効率的な稼ぎは、お客様の環境を想像することが大切

配達に際して、大きなトラブルはありませんでした。

しかし、細かいトラブルはいくつかありました。

渋谷センター街のハロウィン並みの混雑

渋谷センター街のハロウィン並みの混雑


具体的に述べますと、以前両国
付近で配達をしていた時に、丁度トランプ大統領の訪日と被ってしまいました。

両国国技館の近辺が封鎖されており、渋谷のハロウィンさながらの混雑の中、自転車を手押しで迂回せざるを得ず、大幅にタイムロスをすることになって冷や汗をかきました。

後は、都内のタワマンなど玄関に到達するまでがとてもややこしいケースがあり、不慣れな時は大幅にタイムロスをしてしまった経験があります

ただ、ここで挙げた交通規制やタワマン案件等のトラブルは配達パートナーの誰もが一度は経験するであろうことですし、ネットで検索するとちらほら出てくるので、さほど気にしなくても良いかなと思います。

飲食店からのピックアップとお客様への受け渡しで心がけていたのは、笑顔と挨拶、大きな声です。

どんなことにも共通する事ですが配達パートナーは双方から個人として評価をされるのでとても重要だと思います。

後は、見た目の清潔感にも気を配っています。
ピックも受け渡しも
数秒のことなので、第一印象が一番大切であることは明白です。

私自身工夫したことは、時間帯別でエリアを変えてみることなどです。

「朝はお洒落なエリアでモーニングの注文が多いだろう」
「深夜は若い一人暮らしのエリアから注文がくるかも」
「ピーク外の時
間はタピオカ等メインディッシュ外のお店が集まる地帯で待機しようか」
などと頭を働かせることが、ただの配達員と差別化できると
思います。

スポンサーリンク

待機時間の過ごしかた次第では非常にコスパの良い仕事である!!

おいしいステーキが破棄になりいただきました!

おいしいステーキが破棄になりいただきました!

Uberの配達をやって良かったことは、様々な街を見ることができ、東京への知見が深まることです。

将来家庭を持ったら住みたい街、老後に住みたい街など、想像を膨らませながらいつも走っています。

あとは、単純に時給(換算)が良いことです。
1,500円程度であ
ればコンスタントに稼げる印象です。

待機の時間は、仕事や趣味、勉強等スマホなどで完結できることも多くあるので、待機時間の過ごしかた次第では非常にコスパの良い仕事であると感じます。

通称赤チャリと呼ばれるドコモのバイクシェア

通称赤チャリと呼ばれるドコモのバイクシェア

得したことは、ドコモのレンタルバイクをプライベートでも利用している点です。

月額料金で仕事もプライベートも併用できる点は良いと思います。

後は、普段は入ることのないタワマンなどを見学できるのも配達員の特権なのではと思います。

配達で廃棄になったステーキが食べれたのも、ちょっと得した気分でした。

今週ですと時給換算1,800円以上は稼げました

とりあえず、最初の10回ほどは何も考えず配達をしてみるといいと思います。

「あ、こんな簡単なのね」
と思うことで、どれだけ自由な働きかたができるか実感ます。

加えて今は、配達バックのデポジットが4,000円に減額(当時は8,000円)され、週ごとの引き落としも1,000円×4回(当時2,000円×4回)と軽減されているので、以前より継続しやすくなってます。

その後に自分の生活の中でウーバーの活かしかたが身につくと思います。

私の場合は土日のみ、その週のクエスト達成したら切り上げというサイクルが出来上がりました。

これで今週ですと時給換算1,800円以上は稼げました

クエストなどのインセンティブがある時に集中してやることは非常に大切だと思います。


エリアに関しては、自身の近くから始めることが長続きのコツだと思います。

私の場合は、最初は秋葉原からスタートしていました。

その後、午前中スタートなら麻布、昼からなら新橋、品川などと感覚的に選んでいます。

リリース当初よりも収入は減っている傾向になると思います。

ただ現状はそれでもよく稼げる仕事ではあると思います。

今後も飲食店の加盟店は増えていくでしょうが、それ以上にパートナーが増えていくことを考えると、思い立った今から始めてみるのがいいかもしれません。

私自身は当面続けていくつもりですが、転勤、本業の繁忙等の生活の変化で辞める可能性もなくはないと思っています。

配達パートナー向けの紹介ボーナスのキャンペーンは現在は停止されています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事