【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【達成の為のサポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

今回はIT系の仕事をされているだいち(仮名)さんからUber Eatsの必需品やバックの仕切りの画像などをいただきました。

Uber Eatsで登録の際に支給されるのは現在バックだけです。

それ以外に必ず必要になる必需品があります。

またUber Eatsで配達を始めて最初に不安を感じるのが、汁物や崩れそうな商品です。

あまり固定されていないケーキやサランラップなどがされていないドリンクはかなり不安です。

空き箱などを利用されて、軽くいい仕切りになっています。

だいちさん、写真をありがとうございました。

これからUber Eatsで配達を始められる方の参考になれば幸いです。

配達手段
レンタル自転車
配達エリア
東京
年齢
30代
時間あたりの売上
1,200円以下

Uber Eats50回の配達

スポンサーリンク

最低限の必需品をそろえてスタート

30代になり、土日は身体を動かしたいなと思った時に、ジムに行く代わりにUber Eatsをやればお金も入って一石二鳥なんじゃないかと思ってはじめてみました。

結果は、とても楽しく運動が出来て、また大変社会勉強にもなって、やってよかったと思っています。

本業はIT系の仕事をしていて、仕事中はずっと椅子に座りっぱなしです。笑

勤務場所も大手町だったり、調布だったり、色々なところで仕事をしていますが、電車に揺られる以外の運動が出来ていませんでした

今住んでいる場所は馬込(五反田と川崎の間)なのですが、近くにレンタルサイクルのポートがあり、自転車で渋谷や六本木方面に出たり、大森や鎌田方面にも出やすくて良かったです。

自転車が近くで借りれることが分かったときに、最低限の必需品をそろえて登録しました。

スポンサーリンク

必需品とは何か?

まず最初は体験談などで情報を得て、事前の知識をしっかり得ました。

自分の乗り物選びとかも、自分で用意するのか、レンタルサイクルを使うのか、色々考えたのですが、私は都心に住んでいるので、どこからでも乗れて、どこでも降りれて、帰りは電車でさっさと帰るみたいなスタイルにしようと思い、レンタルサイクルを選択しました。

 

また必需品をそろえるにあたって色々と考えました。

私の時期は冬だったので、結構、防寒対策が大事でしたね。

セーターとか手袋、特にUber Eats の Driver は携帯をよく触ると思うので、携帯が触れる手袋を買いました

あと股ひきとかあると暖かかったです。

また、スマホ用のモバイルバッテリーも揃えました。

<防寒対策>
・スマホ対応手袋
・ユニクロヒートテック(着替え用)
・カッパ

<そのほかの必需品>
・モバイルバッテリー
・スマホホルダー(自転車に取り付けるため)

 

最低限これくらいは揃えておいていいと思います。

 

スポンサーリンク

Uber Eatsバックの仕切り・隙間を埋める

Uber Eatsで必要なもの

 

 

Uber Eats の配達ボックスはよくできていますが、アメリカンサイズで大きいので、隙間を埋めるためのマットとか空箱をDaisoで買って入れたり、アマ〇ンの箱の中にあった緩衝材を入れたりしましたね。

Uber Eatsのバックの中の仕切り

Uber Eatsのバックの中の仕切り

 

Uber Eatsバック仕切り

見やすいように縦で撮影


私が回った地域は、主に麻布周辺、三田周辺、蒲田周辺、大森周辺の4か所でした。

マクドナルドがやはり強くて、メインとなると思います。
マクドナルドの仕事を受ける傍らで、ほかの中華やインド
料理のお店とかお世話になる感じでしたね。

ここは余談ですが、ドリンクの中にも安心して運べる商品もあります。
スカイハイジュースのドリンク

スカイハイジュースのドリンク

スカイハイジュースのドリンクは倒してもこぼれない様にしっかりと梱包してあります。
そのうえ、ストローはそのままさせる様に便利です。

通常はサランラップが基本ですが、このような梱包は配達パートナーも届けてもらったお客様も快適で安心です。

スカイハイジュースのドリンクはこぼれない

スカイハイジュースのドリンクはこぼれない

やはり安心感が違いますね。

Uber Eatsはいつでも休憩できる!

私の場合は、色々な地域、本当に麻布も西も南も六本木ヒルズも行きましたし、三田らへんや恵比寿も回ったので、色々な地域を自分の目で見て、感じれたことはとても良い経験になってよかったなと思います。

また注文するお客様も大変良い人ばかりで、とても助けてもらったし、良い思い出になりました。

また、運動がしたかったので、いつでもはじめて、自分のタイミングで休憩が出来て、終わりのタイミングも自分で決めれるのはとてもよかったです。

結構、注文がたくさん来ると、もう少し頑張ろうかなみたいな気持ちになって、ついつい頑張ってしまう事が多かったと思います。笑

あと配達員同士も連帯感みたいなものが芽生えて、仲間が増えた気持ちになりました。

配達しやすいおすすめのお店は・・

マクドナルド

Uber Eats の配達員はたくさんいて、色々なエリアの出没しているので、おすすめのエリアと言われると難しいのですが、おすすめのお店はマクドナルドとケンタッキーです。

理由は注文が多くて店員さんが慣れていること、ケータリングの用のケースがしっかりしていてこぼしにくいからです。

まぁ私は中身をこぼした事はないのですが、ケースがしっかりしてると安定するので、運んで運転していても安心感があります。

あとはUber Eats のサイトを2-3みて、作法とかを覚えておくと、良いと思います

店員さんに声の掛け方とか、周りの人に迷惑をかけない方法とか注文者とのやりとりとか、難しくはありませんが、覚えておくと便利な事は意外といっぱいありますよ。

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【達成の為のサポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事