UberEatsの配達は10代から年金暮らし
UberEatsの配達は10代から年金暮らし

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
いきなり12,000円をもらって始めるなら今!

 

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

UberEatsの配達は10代から年金暮らしと思わる方まで幅広い方が健康目的やお小遣い稼ぎで楽しんでいらっしゃるとお話をされるマサ(仮名)さんにレポートをいただきました。

マサさんご本人も50代の方でほんとに幅広い年齢層の方がウバ活動をされています。

バイクも新しくUberEatsの配達のためにご購入されたとのこと。

経費で落とせる2年間は続けてみようとのことです。

早速お話を聞いてみましょう。

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

配達手段
バイク
配達エリア
名古屋
年齢
50代
時間あたりの売上
1,200円以下
Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録した日付
2019/06/22
Uber Eats(ウーバーイーツ)プロフィール画面

Uber Eats(ウーバーイーツ)プロフィール画面

スポンサーリンク

UberEatsは10代から年金暮らしの方まで

本業はプログラマー兼システムエンジニアの仕事をしています。

現在は、プログラムを組んだり、設計書を書いたりする仕事ではなく、他の方が作成した成果物をレビューするという、若干、管理寄りの仕事をしてます。

ですので、仕事上での達成感というものが無く、少々退屈な日々を過ごしてました。

何か、別に達成感のある何かをやりたいな〜と思っていたところ、ある日、仕事帰りに寄ったマクドナルドで、随分と年配の方(最近、家庭教師のCMでよく見るハイジのおじいさんのような、髪もヒゲも真っ白な方でした)がUber eatsのバッグを抱えて店に入ってきたのに、ある種の衝撃を受け、自分もUberEatsをやって見ようと思ったのでした。

登録は、スマホで登録し、書類のアップロードも済ませていたので事務所で40分くらい説明を受けてバッグを受け取りました。

スポンサーリンク

配達用スクーターを新調!選んだポイントは?

事前にtwitterやYouTubeで情報収集し、バッグの中に何かクッションになる物や、下に滑り止めのゴムのネットを敷くなど、先輩たちの工夫を参考に東急ハンズや百均で色んなものを揃えました。

ただ、バッグも色々と種類があるので、前もって色々考えるよりも、実際に渡されるバッグがどのような形かを確認の上、対策をした方が良いと思いました。

一番怖いのは、バッグの中で飲み物が倒れてしまう事なので、柔軟に対応できるような素材を用意しておく必要があると感じました。

私の場合は、粒の大きいエアーマットを50cmX50cmに切ったものを4枚Uberバッグに入れておく事で対応出来ています。

償却期間などを考えてバイクを購入した。

償却期間などを考えてバイクを購入した。

また、スクーターも買い換えたのですが、その際に、足元にUberバッグが置けるスクーターを選びました。

また新車だと盗難もこわいのと、償却期間が3年になってしまうので、外見が適度に古びた中古のスクーターを選びました。

トラブルは、あまりないのですが、始めて2件目のお客様に、吉野家の定食を配達した時に、お客様から「味噌汁が付いてない。写真には味噌汁が付いているだろ。」と言われて慌てました。

結局、Uberのサポートに電話して、デリバリーには味噌汁が付かないと言う事を納得してもらい、事無きを得ましたが、少し焦りましたね。

スポンサーリンク

UberEatsを始めて、楽しいこととは?

会社では、狭い室内でパソコンと睨めっこ。

家でも、仕事がらみの調べ物や、情報処理試験の勉強などで、パソコンの前にいることが多く、気分転換と行っても、YouTubeや動画配信を見たりする事が多かったので、なかなか開放感と言うものが得られませんでした。

バイクで走るのは、気分転換で良いのですが、最近はただ走るだけではつまらないなと感じていました。

そこで、UberEatsを始めてみると、今まで行ったことの無かった店や、入りづらかったスターバックスなどにも堂々と入れますし、また知らない道の先までスマホのナビを頼みに探していくなど、ちょっとした冒険感も有ります。

また、配達先のお客さまから「ありがとう」と言ってもらえたり店の方からたまに飴をもらえたりするちょっとした触れ合いもうれしいです。

地域的なせいか、平日夜は鳴りが悪く、また夜中に走るのは少し怖いので、土日の朝〜昼を中心にこれからもやって行きたいです。

十分慣れてから現金対応をした方が良い

UberEats報酬画面

UberEats報酬画面

バイクや自転車で走る事が楽しい・・・と言うことであれば、Uber Eatsはオススメだと思います。

平日の夜も、榮〜名駅の中心街で有れば、鳴りも有るのだろうと思います。

自転車でUberバッグを担いで走っている方を良く見かけますので。


私の場合は、仕事の都合もあり、平日の夜に中心部でウバ活するの
は、少し気が引ける状態なだけです。

その場合は、バイクより自転車の方が、駐禁の問題などの点で良のではないかと思います。

また、10代に見える方から、明らかに年金受給しているであろうまで、色んな年代の方が、この仕事をされています。


さすが外資と言いますか、年齢に遠慮も差別も無いのがUber Eatsの良いところだと思います。

スマホの操作に苦手意識が無く、またスマホの地図を頼りにバイクや自転車を走らせる事が出来るので有れば、年齢に関係なくオススメ出来ると思います。

また、登録の際に、「現金配達」のためにクレジットカードの登録を勧められるのですが、これは断った方が良いです。

1度、登録してしまうと、別のクレカに変えることは出来ても、クレカの登録を全て消すことは出来ません。

これは、十分慣れてから登録をした方が良いと思います。

私は説明会でクレカを登録してしまったので、少々後悔しております。

中古のスクーターを新たに買ったので、これを経費で落とせる2年後までは続けたいと思います。

稼ぎよりも無事故無違反を最優先したいと思います。

昼の仕事は派遣なのですが、それが無くなった時に、Uber Eats専業でやっていけるかと言うと、それは無理かなと思ってます。

あくまで副業の範囲で続けて行きたいです。

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
いきなり12,000円をもらって始めるなら今!

 

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事