自転車

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
いきなり12,000円をもらって始めるなら今!

 

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

Uber Eatsの配達をやるべき人・やめておくべき人をしっかりと示していただいたタロー(仮名)さん。
今回は物語調にお話をいただきました。

現在タローさんは神戸で配達をされているようです。
現在、Uber Eatsの配達をやろうか迷われている方の少しのお役に立てたら幸いです。

タローさんありがとうございました。

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

配達手段
自前自転車
配達エリア
神戸
年齢
30代
時間あたりの売上
1,200円以下

Uber Eats プロフィール

スポンサーリンク

Uber Eatsとりあえずやってみるか

Uber Eats キンカ寿司
Uber Eatsを知るきっかけなんて、今日び皆、大差はないと思う。
街中で見かける大きなリュック。

何をしているのかは薄々想像がつく、好奇心に負けて検索サイトで調べる。
私もそんな大多数のうち
の一人だ。

おそらく純粋に「金策」として仕事探しをしている最中にUberEatsに行き着いた、そんな人はあまりいないのではないか。
何かしら「楽しそう」、いろいろ調べてどのぐらい稼げるのかはなんとなく分かったつもりだが、やってみないと分からない、とりあえずやってみるか、と。私もそんなライトな感覚で事務所に行きました。

スポンサーリンク

Uber Eatsの初仕事はあっけなく・・

神戸
最初の登録、最終的に一度はは事務所に顔を出さなくてはいけない
名目上は配達用のかばんの支給となっているが、今から始める何
も知らないドライバーのための研修がある。

時間にして45分程度だったか。1v1で対応してくれた。
45分という数字をどう思いますか?45分で何も知らない人に仕事を教える、そんなことが可能だと思いますか?

やったことといえば終始アプリの操作方法に尽きる。
例えば接客の
仕方や店での対応、そういった話は全くない。

そういう事はやりながら自分で学べというスタイルのようだ。
(無論聞けば教えてくれ
るだろうが)

あっけなく本登録をすませてさあ街へ。

別にすぐに仕事を始めるつもりもなく、友達と2人で喫茶店でコーヒーを飲みながら
「Uber Eats登録してきたんやで、アプリこんなので、ここ押すだけで近くの店からオファーがくるらしいで」
「ようわからんが押してみなされ。1分だけオンラインになってみなされ」
「ええけどそれでオファーきたら俺もう行くで」

そんなやり取りで恐る恐る初めてオンラインにしてみたが、1分は耐え切れずに突如軽快な音が流れて、二人で爆笑。
急な仕事始めとなったのです。

 

スポンサーリンク

「たこやき」とても食べたいと思える状況では無かった。

たこ焼き

何もわからない、何も用意してない状況でも、幸い私の地区「神戸」では、そんな人は沢山いるようだ。
私は運が良かったのか、最初
の店の人が手取り足取り教えてくれました。

受け取って、運んで渡す。
私は携帯慣れしてるほうではないので、
UberDriverのアプリには感心した。

受け取る店の場所の地図、お客さんの場所の地図、今必要な情報が
一連の流れで出てくるので、基本アプリの言う事を聞いておけば問題なく仕事がこなせるようになっている。
特に問題の無い、スリリングな初仕事だったと思います。

Uber Eats バック 仕切り

まだ初めて1週間だが、最初の2,3日で気づくことは非常に多かった。
どうしてみんながカバンの中身にスポンジや緩衝材を入れているのか、どのエリアのどの時間帯がどういう需要があるのか、何も考えようとしなくても、自分が必要だと思える事態にすぐに遭遇する。

例えば私の場合など、2件目の配達で「たこやき」を運んだのだが、お客さんの所につくときには、偏って半分のカサになっており、とても食べたいと思える状況では無かった。
そういう事態に一度でも直面して自分が困ったら、すぐに対応せざるを得ない、別に私は失敗してから気づいて修正していけばいいと思うのだ。

Uber Eatsを仕事とみなしていない

Uber Eats 報酬画面
まだ1週間(されど一週間)で100件ほどこなしてみたが、時給にしてみたら1100~1200円といったところだろう。
これを単なる仕事としてみるならはっきりいって割に合わない。

調の聞いたどこかの店舗でマニュアルに従ってるほうがずっといい
決して体力的に楽なわけでも無く、高時給なわけでもない。

ただそれでもUber Eatsを今後もコンスタントに続けようと思えるのはなぜか。
私は、仕事を「させられてる」感が無いからだと思っている。



というか私自身これを仕事とみなしていないし、ダイエットついで
にサイクリングしてたらおこづかいもらえてました、といったような感覚でしかないのが正直なところなんです。

仕事の基本的なスタイルは公園で小説を読んでコールが来るのを待つ、コールがきたらお店に行って、お客さんに渡して、公園に戻ってまた小説を読む。
すごく自由だ。

仮に小説を読むのがはかどらないという事態になったら当然その分おこづかいが増えてることになる。
ただただ自由だ。自分の部屋でやってることとさほどかわらない。

Uber Eatsの配達をやるべき人・やめておくべき人

とまぁ、普段のオフを満喫しつつ、携帯から心地よい音が鳴ったらテンションが上がってミッションをこなす。
体を動かすゲームみたいだし、実際「Uber Eats」側も、この仕事を「ゲーム」に寄せようといろいろ試行錯誤してるのが伺える。

別に私はこのレビューを読む人に、「Uber Eats」に対してよく思ってもらおうとする義理は毛ほどもないので、結論じみたことをいうなら

●何かのついでに暇つぶしの一環として自転車でも漕ごうか、ついでになぜかお金もらえる という人は、やるべき
●割のいいバイトを探している。とにかくお金が欲しい という人は、やめるべき

今からドライバーになろうとしている皆さんへの率直な私の意見です。

とはいえ、わたしは時間を決めてやっているのですが(概ね18時~22時)同じ時間で試行錯誤して報酬が上がっていくサマをグラフで見るのはすごく楽しい
(いつでも見れるようになってます)

だんだんと欲も出てくるってものです。

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
いきなり12,000円をもらって始めるなら今!

 

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事