ロードバイクでの装備は?
ロードバイクでの装備は?
2019年8月現在
Uber Eats(ウーバーイーツ)
配達を始めたい方
フードを注文したい方

最大5.5万円ゲットできる方法の招待コードを含めたメールを自動返信にてすぐにお送りします。
自動返信フォームはこちらから

②招待(紹介)コードの使い方電動アシスト自転車無料貸し出しなどについてはこちらをご確認ください。

③ご不安がある方へ
・今までキャッシュバックした実績はこちらから
・5つの安心できる理由はこちらから

Uber Eats(ウーバーイーツ)でフードをご注文される方は下記のプロモーションコードで1,000円引きになります。

「ins6js2e」
コピーして使ってください。
Uber Eatsはこちらから

ロードバイクでUberEatsをするために必要なものは?

雨の日はバックカバーはこれだ!

ロードバイクで走行距離を目的に活動していらっしゃるシン(仮名)さんにレポートを寄せていただきました。

ロードバイクでのUberEatsの配達に必要な装備を写真付きで教えてくださいました。

私もトライアスロン用にロードバイクには競技用ペダルを付けていますが、小さいため踏み外すこともあります。

これからUberEatsを始める方のお役に立てると幸いです。

シンさんありがとうございました。

 

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

 

配達手段
自前自転車
配達エリア
東京
年齢
30代
時間あたりの売上
1,500円以下
Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録した日付
2019/05/26
Uber Eats(ウーバーイーツ)プロフィール画面

Uber Eats(ウーバーイーツ)プロフィール画面

スポンサーリンク

UberEatsの登録の帰りの電車が恥ずかしい



本業はシステムエンジニアをやっています。

体を動かさない仕事なので、普段から運動不足になりがちでした。

ロードバイクを趣味でやっているのですが、そこまで積極的には乗っていない状態でした。

Uberで配達を始めたことで、運動不足の解消と小遣い稼ぎができるところに魅力に感じました。

週末の空いた時間を使って自由な時間で働けるというのも良いシステムだと思います。

登録は五反田で行いました。

現地は説明とバックの受け取りで40-50分だったかと思います

数人待っている人がいましたがスタッフの数も多く、そんなに待たされませんでした。

五反田には電車で来ていたのですが、Uberバックを自宅に配送する。というオプションが無くバックをもって電車に乗るのが少し恥ずかしかったです。

スポンサーリンク

UberEatsのバックの中身を公開

飲食店でのトラブルはありません。

配達先で数回あった道に迷ったトラブルがありました。

一軒家に配達する場合、お客様の名前が省略して書かれていることが多く、配達先の建屋を探すことが多いです。

付近で迷っていると、配達先の方が道路まで出てくる、というケースが何度かありました。

マンションの方は基本マンション名と部屋番号が記載されているで、そこまで迷うことはありませんでした。

Uberアプリの地図精度が悪く、ピンも立たないことが多いため、必ずgoogle mapをつかって場所を特定するようにしています。

UberEatsバックの中の装備品

UberEatsバックの中の装備品

工夫している点ですが、バックの仕切りを段ボールで自作して、隙間が生まれにくいようにしています。

タピオカ1本の配達もよくあるため、バック内で固定できるようにしています。

UberEatsバックの中は仕切りをきれいに入れてある

UberEatsバックの中は仕切りをきれいに入れてある


またサバイバルシートとタオルを利用して冷たいものと温かいもの
は確実に分かれるようにしています。

 

スポンサーリンク

UberEats対策でロードバイクに必要な装備を!

ロードバイクにUberEatsで配達するための各種装備を整えた

ロードバイクにUberEatsで配達するための各種装備を整えた

配達用に以下の変更を加えました。

・SPD-SLペダルをSPDペダルに変更
  → SPD-SLはロード競技用のペダルで専用靴は歩きにくです。靴裏も滑りやすいです。
       SPDはMTB用ペダルで靴もスニーカーに近い靴になります。

・バーエンドキャップにバックミラーを追加しました。
  → Uberバックを担ぐと後方の車の確認がしずらく危険と思えました。

・シートポストをできるだけ低くして、前傾姿勢にならないようにしました。

他にスマフォホルダーとモバイルバッテリー、バッテリを自転車に固定する器具などは
他の配達員の方と同じかと思います。

稼ぎではなくロードバイクでの走行距離が目標

普段いかない地域やお店を発見できる。というのが少し楽しみになっています。

配達のピックアップで初めてお店に行き、後日に普段の食事に利用している店舗もいくつかあります。

またロード乗りのサガとして、配達件数より走行距離を距離を目標にしています。

配達に出る日は70km程度を目標に走行します。

リクエストが無いときでも距離稼ぎに走行しているときもあります

配達をやってよかった点としては、ロードに乗る回数が増えたこと

運動をすることでストレス解消になっているかと思います。


小遣い稼ぎにもなるので、そのうち新しいロードバイクを購入する
ことも考えいます。


今後も週1日程度は稼働できればと思います。

ロードバイクのレース用のタイツに注意!

必ずヘルメットの装着と、自転車保険の加入はしてください。

Uberの保険は配達中にしか適用さないので、エリアに向かう途中や配達先からの帰路などの事故は保証されません。

また身なりは可能な限り清潔に保つようにしたほうがいいです。

高級マンションや、女性宅に行くことも多いです。

汗臭い状態や小汚い恰好では好感は得られないと思います。

ロードバイクのレースパンツ(ピチピチのタイツみたいなもの)も不快感を示す方がいますので、長ズボンタイプのタイツを履き、そのうえからハーフズボンをはくようにしています。

雨対策としてバックパック用のカバーはこれだ!

中華料理など運んだあとは、しばらくその匂いが残ります。

休憩中などはできるだけ入り口を開けて匂いを薄めるようにします


また雨対策としてバックパック用のカバーを用意したほうがいいで
す。

モンベルのジャストフィットカバー60/70サイズ的にはちょうどよかったです。

 

モンベルのジャストフィットカバー60/70サイズがベストフィット70サイズ

モンベルのジャストフィットカバー60/70サイズがベストフィット

依頼を受けるときは5分未満の時間、理想は2-3分程度のお店選ぶようにしたほうがよいです。

この時間は自動車でピックアップ先に向かった時の時間になります

7分や8分のお店は自転車で向かうと15-20分ぐらいかかるで、注意したほうがいいです。

自分は赤羽を起点にして、気分転換に埼玉の川口にいったり、南は豊島区ぐらいまでを走っています。

2019年8月現在
最大5.5万円をゲット!

招待コードを含めたメールを自動返信にてすぐにお送りします。

「招待コードが入ってなかった」
「古い情報だった」
「約束と金額が違った」
「達成したのに連絡が取れない」

よくある話だそうです。
このような時も安心です。

登録後に連絡を頂けていれば
その時点で確認して
金額を明記して返信します。

 

今までトラブルなしでキャッシュバックしております。

このサイトの体験談の多くはキャッシュバックをさせていただいた方が寄せて下さったものです。

着金のご連絡もいただいております。(一部)
ご不安な方はこちらから確認もできます。

メールで残るため、トラブル防止になります。
キャッシュバックは金額が入ったメールを受け取っていることが条件です。

※「最大」と明記しているのはエリアによって紹介ボーナスが変わるためです。
自動返信のメールにエリアごとの金額を記載しています。

50回配達完了まで全力でサポート致します。
ご不安、質問など些細なことでもご連絡頂けましたら48時間以内に返信致します。

【50回達成サポート企画】
電動アシスト自転車を渋谷で無料貸出
・バッテリーが無くなったら即交換!
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・Uberバックを渋谷にてお預かり

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。事前のご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

※キャッシュバックには条件があります。
詳しくは必ず返信のメールにお目通し下さい。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事