ライバルより有利に! 4つの具体的な 方法とは?
ライバルより有利に! 4つの具体的な 方法とは?

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

UberEatsでの配達でライバルの存在は気にかけなくてはいけません。

ライバルとは言っても一緒の同業者ですから、仲間でもありますがやはりオーダーの取り合いになってしまうことも多くあります。

配達をどのように効率化するかは、1日の稼ぎに大きく影響してきます。

今回はライバルを避けつつ効率化を図る方法を考えてみます。

スポンサーリンク

Uber Eats(ウーバーイーツ)効率化の時間帯

UberEatsでの配達ではライバルがどのような時間帯で活動しているかを知っておくことが大切です。

やはり街を見渡してもランチタイムとディナータイムがメインです。

同時にブーストが付く時間帯はやはりライバルだらけになってしまう可能性があります。

多くのライバルがいる状態だと、オーダーが多くても自分に回ってくる回数が減ってしまいます。

UberEatsといえば副業で配達されている方も多くいます。

となると平日19時以降と土日は一番ライバルが多い時間帯です。

とはいってもその時間帯を外すと、鳴りは非常に悪くなってしまいます。

ただ、狙い目なのはモーニングです。

理由は副業組は平日は活動できない、また土日もモーニングの時間帯から活動する人は少ないはずです。

それ以外にも、自宅がまだUberEatsのエリア外であれば、モーニングの時間帯にエリアに入るためにはかなり不利になります。

実際にモーニングの時間帯であってもブーストが付いていることも多くあります。

もし時間帯を自由に調整できる方であれば、ライバルの少ないモーニングの時間帯を活動の範囲に入れてみるのも方法です。

 

スポンサーリンク

天候で効率化を考える

ライバルを避ける基本は、めんどくさい、やりたくないとみんなが思うときに活動することが大切です。

これはビジネスの基本かもしれません。

やりたくないと思う代表は天候です。

雨、暑い日、寒い日はやはりライバルも活動をしにくくなります。

こういった天候の悪い日は、クエストやブーストも効率的に追加される可能性も高く活動しないともったいないです。

ただ、雨の日は初心者の方はオススメできません。

雨の日は交通安全の観点からも、ゆとりをもって配達ができる様になってから挑戦してみて下さい。

 

スポンサーリンク

現金を扱ってUber Eats(ウーバーイーツ) 効率化

これも先ほどお話したライバルと差をつけるには面倒でやりたくないことをやることになりますが、一部地域では現金を扱えるようになりました。

現金を扱うとお釣りを用意しなくてはいけません。

小銭の準備は面倒です。

また、自転車組は荷物になり重量が増します。

そこがライバルと差をつけるポイントです。

面倒なことを準備しておけば少し外れたエリアでもしっかりとオーダーが鳴ったりします。

現金払いにしたらチップをもらえるようになったなんて声もありますよ。

UberEatsでライバルを避けるにはエリアを選択

これまではどちらかというとライバルを避けたり、差をつけるのはやりたくないこと、面倒なことをしてと考えてきました。

エリアをずらすのは面倒なこともせず簡単です。

ただ、私はお勧めしません。

エリアをずらせば需要が減り、そもそものオーダーがありません。

UberEatsの認知度もやはりメインのエリアがポイントです。

メインのエリアにはチラシが入ってきたり、割引のクーポンコードなどを配布して知名度を上げるための施策がされています。

少し外れてしまうと、そのような施策はなく、知名度がそもそも低かったりします。

ライバルに差をつけるために過疎地に行く。。これはあまり得策ではありません。

 

【体験談】ライバルを避けて効率化を図る ロードバイク乗り

これまでライバルを避けて、差をつけ効率化を図る提案を4つしてきました。

ここからは実際にライバルを避けながら実際に配達をされているさなっち(仮名)さんのお話を聞いてみましょう。

ロードバイクで走ることが元から好きで、その一環でUber Eatsの配達も始められたようです。

今回のお話で面白かったのが歩道橋を渡るときに持ち上げて一緒に渡れるロードバイクは便利だなーって感じました。

赤チャリや電動アシスト自転車は重くて持ち上げて歩道橋を渡る気にはなれません。

これからロードバイクでUber Eatsの配達をしようとお考えの方の参考になれば幸いです。

配達手段
自前自転車
配達エリア
埼玉
年齢
20代
時間あたりの売上
800円以下

Uber Eats プロフ画面

ライバルとの配達タイム短縮のカギ

お金があまりなく、休日は用事が多かったのでスキマの時間で出来る仕事があればいいなと思って色々探していました。

自由な時間でできて移動時間もほとんどなく、初めは報酬保証もされています。

サイトから招待されるとキャッシュバックが貰えてお得だと思いました。

事前にこういった情報を集めるか集められないかで数万円変わってくるのでもったいないですね。

キャッシュバックがもらえると分かっていたので、ライバルに負けない備品などを準備しました。

特に重視したのがマップがずれる、住所と違うなどのためにもう一台スマホを購入しました。

 

本業はUber Eats(ウーバーイーツ)とは全く関係のない派遣のお仕事をしています。

社員のサポートや簡単なお仕事をさせてもらっています。

人と話すことが多いのでそれはUber Eats(ウーバーイーツ)のお客様対応に役立っているかもしれません。


自分が配達しているエリアではエリアの真ん中を電車が通ってい
るので、その線路を行き来出来るルートを知っているかがライバルとの配達タイム短縮のカギになるのかもしれませんね。

一つのエリアの交通事情をしっかり研究することはライバルより少しでも多くのオーダーを獲得するために必要なことかもしれません。

評価でもライバルに負けない様に

Uber Eats バック

苦労した点については、初回はアプリの使い方が良く分からなまま食事を受け取りに行ったので店員を待たせてしまったこと。

ライバルに負けない様に、雨の日も活動をしていましたが、リクエストはよく来るのですが自分自身の体力が先に底をついてしまいます。

ここは気力ではどうにもできません。

 

あと、ラーメン系などの汁物は運ぶ時に気を使いますね。

段差がすごい道路とかだと見事にシェイクされて後からお客様にバッドを頂いたことがあります。

ライバルより早く届けることを意識するだけでなく、評価も負けない様にしっかりと考えていかなければと思いました。



工夫したことについては、UBERバッグの中にタオルを入れたこ
とですかね。

家にあるのでお金はかからないですし、受け取った食事の転倒防止に役立って保温もしてくれる優れものです。

しかも食事の大きさに合わせて自由に移動できるので応用が利きます!

効率化を考えてライバルの少ないエリアに

UBER配達員をやって良かったところは、僕自身ロードバイクを持っていて休日などに走ったりするのですが、その走りがお金に変わっていくことですかね。

少しでも効率化を考えてライバルの少ないエリアに行ったこともありました。

ただ、2~3時間走っても依頼が全然来なくて1000円近くしか稼げないこともしばしば。

ただ「これはロードバイクで走っていたらお金が降ってきたんだ!」と考えれば少しは気持ちが軽くなります。

ある意味、そこまで稼ぐ意識を高く持っていない日はライバルを意識することなくラフな気持ちで取り組むことも大切かもしれません。

 

あと、色んな人模様が見えたことでしょうか。

優しい人、文句を言ってくる人など色んな人に会えました。

高層マンションや知らない土地なども行けたりしたので自分が普段住んでいる土地の地理が良く分かるようになりました!

得したところはリクエストを受けてからお客様の所に運ぶまで速度を出して自転車をこいでいるので体力がつき、足が太くなったことです!

軽いロードバイクなら歩道橋もOK!

配達で使っているロードバイク

配達で使っているロードバイク

これから埼玉エリアで働く人についてですが地理がわかっている分、配達はしやすいと思いますがライバル、つまり同業者がいると一気に稼ぎ辛くなるので注意です。

ライバルがいない与野方面が良いかもしれません。


最近ですと、南浦和の下、蕨エリアが新たにUber Eats(ウーバーイーツ)で配達
可能になったみたいです。

そこも行ってみると良いでしょう。

自転車は出来たらロードバイクがあるととても便利です歩道橋があっても軽いロードバイクなら一緒に行けますし配達速度が飛躍的に向上します。

電動アシスト自転車を使っていれば、かなりの遠回りを強いられるところもライバルとの差をつけられるポイントです。

持ち物については、何かあった時のためのUber Eatsのマニュアルやメガネ、充電のためのモバイルバッテリーを持っています。

他にも携帯食料や飲み物があるほうが長時間の配達に向いています。

Uber Eatsでライバルより有利に!4つの具体的な方法【まとめ】

体験談はいかがだったでしょうか。

せっかくUber Eatsをやっている時間は効率的に稼ぎたいと思う方も多いはずです。

ただ、体験談に出てきたようにライバルの存在を気にせずのんびりやる日があってもいいかもしれません。

そのあたりはご自身の気分で自由にできるのもUber Eatsのいいところかもしれません。

 

時間帯を考える。できればモーニングも入れてみる

悪天候に挑戦。初心者は少し待って

現金払いに対応する。面倒だけど一度やってみよう。

エリアを選択。過疎地はオススメできない。

 

このようなことを考えながら進めていくとライバルより少しでもいい時間当たりの売り上げを稼げることになります。

ぜひ、頑張ってみて下さい。

 

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事