UberEatsの配達でロードバイク|前傾姿勢どうする?スタンドは?
UberEatsの配達でロードバイク|前傾姿勢どうする?スタンドは?

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
いきなり12,000円をもらって始めるなら今!

 

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

ロードバイクでUberEatsの配達をされているトシ(仮名)さんにロードバイクならではの工夫をお話しいただきました。

電動自転車より、スポーツ目的ならばロードバイクのほうが気持ちがいいです。

ただロードバイクは高価な分、盗難や倒して傷をつけたりするのが少し悲しいですね。

商品を取りに行くときならば思いっきり前傾姿勢でも構いませんが、ドリンクを運ぶときなどはロードバイクの性能を使いきれません。

トシさんは色々と工夫をされているようです。

これからUberEatsの配達をロードバイクでやろうとお考えの方の参考になれば幸いです。

トシさんありがとうございました。

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

配達手段
自前自転車
配達エリア
東京
年齢
30代
時間あたりの売上
1,000円以下
Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録した日付
2019/07/03
Uber Eats(ウーバーイーツ)プロフィール画面

Uber Eats(ウーバーイーツ)プロフィール画面

スポンサーリンク

ロードバイクをUberEatsの配達で活用するための工夫

普段から乗っていたエントリークラスのロードバイクでUber Eatsをはじめました。

エントリークラスのロードバイクや、ボリュームゾーンのクロスバイクは、価格の低さから盗難に遭いにくく、しかしながら、市街地では充分な速度を出すことができ、Uber Eatsに向いていると思います。

UberEats配達中のロードバイクの前傾姿勢にどう対応する?

シートポストへ取り付けるタイプのキャリアを購入

シートポストへ取り付けるタイプのキャリアを購入


あの大きなバッグを背負う辛さを承知していたのと、上半身が大き
く前傾するロードバイクで、受け取った料理を常に水平に保つため、事前にートポストへ取り付けるタイプのキャリアを購入し、バッグはキャリアに載せることにしました。

キャリアの上に直接置いても安定しないため、百均で売っているワイヤーネット、タイラップ、ステーを利用して自分で作った、ぴったりサイズのカゴに入れています。

乗車方法が難しい

乗車時はトップチューブを前から跨ぐ必要があります。

配達開始時は自転車を傾けるわけにはいきませんから、サドルに座り、両手はハンドル、左足はペダルに置き、わずかに進みながら、右手で右足を持ち上げるようにすると、素早く跨ぐことができます。

体の柔らかい人はただ単に足を上げるだけでいいのかもしれません

いつもの癖で後ろから足を上げるとバッグを蹴ってしまうので注意が必要です。

空荷のときに数回やってしまいましたが、キャリアと結束しているタイラップが
切れます。

今でも念のため予備のタイラップを持つようにしています。

 

ロードバイクにスタンドを付ける!?

ロードバイクにダブルレッグセンタースタンドも購入

ロードバイクにダブルレッグセンタースタンドも購入

通常ロードバイクにスタンドはつけませんが、Uber Eatsでのスタンドの必要性を感じ、
キャリアと同時にダブルレッグセンタースタンドも購入しました。

自転車を立てかける場所を探す必要がないため、とても便利です。

特にピック時は、立てかけられる場所がないことも多いように思います。

ただし、ダブルレッグセンタースタンドは、斜面を横切って駐車すると安定しません。
一度自転車を倒しかけたことがあり、それ以来気をつけています。

 

スポンサーリンク

UberEatsのバックの中に工夫を凝らして商品を倒れない様にする

ダイソーの「切って使える仕切り板」(14cm)を4枚使用して外枠を組み、さらに2枚を横仕切り

ダイソーの「切って使える仕切り板」(14cm)を4枚使用して外枠を組み、さらに2枚を仕切り


パートナーセンターで支給されたのは、黒い縦仕切りのないタイプ
のバッグでした。

そのままでは非常に使いにくいので、ダイソーの「切って使える仕切り板」(14cm)を
4枚使用して外枠を組み、さらに2枚を仕切りとしてして使用しています。

この使い方だと、料理のサイズに応じて仕切りの位置を自由に変えることができます。

この状態からさらにもう一度仕切ることもできるのですが、仕切り板の向こう側にある
料理と干渉してしまうことがあります。

仕切り板自体は柔らかい材質でできているのですが、バッグがキャリアの上で安定しているのと、プチプチを併用することで料理を固定するという目的果たせています。


ロードバイクは、ママチャリなどと比べるとタイヤの空気圧がとて
も高いため、舗装の悪い道では上下の振動が大きくなってしまいます。

小さなギャップもできる限り避け、それが無理なら減速するように極力気をつけてはいますが、夜間は路面状況が視認しにくく、常に対応できるわけではありません。

少し悩んでから、解決策として、後輪のみ空気圧を低くすることしました。

これは効果はあったのですが、同時に抵抗も増えてしまうため、どれだけ下げるかは
悩みどころです。

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
いきなり12,000円をもらって始めるなら今!

 

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事