【Uber Eats】新宿パートナーサポートセンターの場所・営業時間・電話番号|【体験談】新宿エリアの攻略法
新宿パートナーサポートセンターの場所・営業時間|【体験談】新宿エリアの攻略法

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

 
2020年3月30日よりパートナーセンターは当面の間休止しています。

そのため対面での登録ができない状態です。

 

代わりに電話サポートからの正式登録になります。

バックも郵送で届きますので安心です。

 

アプリからの登録の際に指示が出ますので指示に従ってください。

「登録は終えた!パートナー登録はどこで?」

 

「新宿のパートナーサポートセンターはどこ?」

 

「新宿での配達は稼げる?」

 

私が招待コードをお伝えした方からこのような質問をよくいただきます。

私はこれまで1,000名上の方をサポートして459名の方が目標を達成しました。

 

 

その中には色々な相談ごとや自転車のない方には電動アシスト自転車をお貸ししたり、パンクで困った方がいたら駆けつけたりと色々なことがありました。

 

今回は新宿パートナーサポートセンターの場所や営業時間をご紹介したうえで、実際に私が紹介し目標回数の配達を達成された方に、リアルな新宿エリアを配達した感想を体験談としてお伝えします。

スポンサーリンク

Uber Eats新宿パートナーサポートセンター

 
2020年3月30日よりパートナーセンターは当面の間休止しています。

そのため対面での登録ができない状態です。

 

代わりに電話サポートからの正式登録になります。

バックも郵送で届きますので安心です。

 

アプリからの登録の際に指示が出ますので指示に従ってください。

住所と営業時間

住所:東京都新宿区西新宿7-9-16 西新宿メトロビル(旧:西新宿佐藤ビル) 3F
月〜土:12:00〜19:00(祝日は休み)

電話番号

UberEATSパートナーセンターでは電話・メールの直接の受付はしておりません。

 

もし分からないことがあればヘルプから事前に問い合わせできます。

 

配達パートナーとなりトラブルで連絡する際は下記の電話番号が設置されています。

 

この電話番号はパートナーサポートセンターに置いてある「配達パートナーガイド」に掲載されています。

東京 0800-080-4117  03-4510-0974
神奈川(川崎・横浜) 0800-080-4255
埼玉 0800-080-4117
千葉 0800-080-4117
愛知(名古屋) 0800-123-6931
大阪 0800-080-4270
兵庫(神戸) 0800-080-4288
京都 080-0170-0024
福岡 0800-080-4153

 

休業日

祝日・祭日はパートナーセンターは休業です。

 

その他注意事項

予約は必要ありません。

また、パートナーセンターにつながる電話番号はありません。

 

何度か行ってますが、私が行ったときは待たせれることなく受付してもらえました。

 
時間も30分もあれば十分です。

 

待ち時間がある場合もありますので1時間ぐらいのゆとりをもって向かいましょう。

 

緊張するようなことも無いので安心して下さい。

通常のバイトの様に面接などはありません。

 

ここでバックがもらえます。

✅新宿パートナーセンターは登録業務だけになりますので、それ以外の用事がある方や英語で対応してもらいたいときは大門に向かってください。

スポンサーリンク

【体験談】新宿エリアの攻略法

さっそく、新宿でのリアルな配達の状況や新宿エリアのちょっとしたコツを体験談としてお伝えいたします。

 

ご自身のこれからの配達で1つでも役に立つことが拾えたら幸いです。

配達手段
自前自転車
配達エリア
東京
年齢
30代
時間あたりの売上
1,200円以下

 

自宅が新宿に近かったのが始めた理由

本業は夜勤の仕事をしております。日中は時間が空いており、何か副業としてできるバイトを探しておりました。

 

職場も自宅も新宿に近く、気軽に始められると感じていました。

Uber Eatsの配達員に始めたのには下記の理由があります。

①ダイエットとアルバイトを兼ねたかったから。

②シフトではなく自由な時間で仕事ができるから。

 

①についてですが、自分は自転車での配達をしておりますので、体力勝負です。

ダイエット効果が期待できます。

 

他のアルバイトではなかなか得られない運動強度になると思います。

 

自分の仕事は、仕事の強度や休憩時間のとれ方が日によってまちまちで読めないため、仕事明けの日中は元気なこともあれば、へとへとに疲れてすぐ寝てしまうこともあります。

 

Uber Eatsではシフトが決められていないため、元気な日は長めに配達をしたり、疲れている日は配達をせず休むといった形でその日の体調に合わせて仕事を自由にすることができます。これが②の理由です。

 

 

これらの理由を勘案して、思いつきでその日のうちに新宿のパートナーサポートセンターへ登録へ行きました。

 

向かう前にまずUberへのサインインや売り上げの振込先を登録しておきましたので、15分ほどで登録を済ませることができました。

新宿・渋谷・中野近辺を中心に配達後はエリアに戻る

新宿のパートナーサポートセンターで登録したときには簡単な説明しかされず、Uber Driverのアプリの使い方も見方もよくわかりませんでした。

 

最初はピックアップ後チェックを入れることもわからず、配達画面に移れずお客様を待たせてしまいました(効果もわからず注文準備中のボタンを連打したりしてました...笑)

 

また、UberからGoogle mapへのナビへ移る際、目的地のピンがズレる(いわゆるピンズレ)という現象が起こることを知らなかったため、ナビ通りに進んではお客様の家が見つからず右往左往する...といったことを繰り返しておりました。

5件ほどこなしてようやく「直接ナビ機能に移ってはダメなんだな、住所をGoogle mapのアプリで手打ちした方がいいんだな」ということに気付き、そこからは迷わなくなりました。

 

 

できるだけこういった体験談ブログや配達員初心者のためのサイトを見ておくことで、焦りが減るかもしれませんが、Uber Driverのアプリはとにかく習うより触って慣れろ、といったことが側面が強いです。最初は戸惑うことが多いかもしれません。

 

具体的な活動についてですが、自分は新宿・渋谷・中野近辺のエリアで活動しており(エリア外に出たらすぐ戻る・エリア外に追いやられそうな依頼は拒否する等して)、このあたりはランチやディナーの時間以外でも割とコンスタントに依頼が入ります。

 

また、事故が怖いため自転車をそこまで飛ばすことはしておりません。そのような条件で、時間当たりの売り上げは実働時間に換算しておおよそ1000〜1100円ほどです。

これ以上の売り上げ効率を目指すとすれば、

・自転車のスピードアップやその他もろもろの行動の時間短縮

・ブーストやクエストのある日時を狙った活動

・より依頼が入るエリアの選定

・依頼を受ける受けないの判断

 

等の努力が必要になってくると思いますが、自分はそこまで高時給を目指す気はなく、来た依頼を受けているだけでも上記の売り上げになりますので、それで満足しています。

50回までは続けた方がいい

配達員をやってよかった点は上記の①②の理由のほか、今まで知らなかったお店を知ることができる点です。

 

チェーン店の依頼とそうでない(と思われる)お店の依頼率は半々くらいです。

様々なジャンルのお店の様子を知ることができます。

 

一配達員の自分によくしてくださった中野の某お好み焼き屋さんや、新宿のおいしそうなものばっかり作るデリバリー専門店など、客として利用したいお店を知られたことがよかったです。

 

また突発キャンセルが出たりすると、廃棄扱いという名目で料理をもらえたりすることがあるので、そういうときは得したなーと思います笑

 

 

あとは、最初の50回までに関しては、最低保証(35000円)がついているのと、紹介キャンペーン利用でとてもおいしい時期になっています。

体験してからわかることもあると思うので、50回までは続けた方がいいと思います。

たくさん稼ぎたいと思っている人には不向き!?

自分は自転車での配達ですので、自転車で始めようとされる方へのアドバイスです。

あくまで個人的な主観での話ではありますが、まず、

・たくさん稼ぎたいと思っている人

・体力に自信がない人

・自主性に乏しい人、サボりがちな人

については、この仕事を始めてもあまりメリットがないかもしれません。

 

というのも、実働時間で時間当たりの売り上げ1000〜1100円と言ってるのは、自分のエリア、自分のスピードでは、ほぼ休憩なしで依頼を受け続け自転車をこぎ続け...のような条件で達成できるものだからです。

 

体力に自信があればスピードをあげたり、あるいは長時間配達し続けることもできるでしょうが、普通の方だとある程度休憩を挟む必要が出てくると思います。

 

 

実働時間ではなく、家を出てから帰ってくるまでの間で時給換算したら、近所で普通のアルバイトをしてる方がよっぽど稼げる、となる場合が大半だと思います。

 

もちろん配達に出ずにサボってしまったりしたら収入は得られません。

 

ということで、個人的には収入以外の面において配達の仕事にメリットを感じる方以外は、なかなか続かないんじゃないかと思ってます。

副業はUber Eats(ウーバーイーツ)だけでなく他にもたくさんあります。

 

新宿エリアの攻略 西口と東口が肝

次に新宿のエリアでのアドバイスですが、駅近くは非常に人が多く混み合い、駅を越えて東西の移動をすると、ピックアップで相当時間をロスします。

 

西口にいるときは西口のお店の依頼を受ける、東口にいるときは東口のお店の依頼を受ける、といった受け方をオススメします。

 

また、東口側は坂の多いエリアに流されがちなので、自分としては西口側を好んでいます。

最後に必要なグッズですが、「あると便利なもの」についてはやっていく中で人それぞれほしくなってくるものがあると思うので割愛しますが、「なくてはならないもの」としてスマホホルダーとタオを挙げさせていただきます。

 

スマホホルダーがないとナビを見ながらの片手運転になってしまいますので、違法となってしまいます。

あらかじめ揃えなくてはならないでしょう。

 

 

スマホが二台あると一台はUber Driverアプリ用、一台はGoogle map用、と使い分けられて便利なので、自分は写真のように二つスマホホルダーをつけています。

タオルは隙間埋めのために使用します。

 

 

現在もらえるバッグは、に仕切り付きの保冷バッグが入っており便利なのですが、そのまま使うと隙間だらけで食べ物や飲み物が倒れやすいです。

 

 

タオルを複数枚(サイズもバスタオルからフェイスタオルなどいろいろあるとよいでしょう)をバッグに入れておいて、うまく隙間を埋めてやるようにした方がよいです。

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事