レンタル自転車(通称:赤チャリ)の契約で無駄が発生!お届け中にスマホバッテリー切れ
レンタル自転車(通称:赤チャリ)の契約で無駄が発生!お届け中にスマホバッテリー切れ

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
いきなり12,000円をもらって始めるなら今!

 

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

副業でありながら約2か月で80回の配達を達成されたシン(仮名)さんから貴重な体験を寄せていただきました。

シンさんは商品を受け取ってからスマホの電源が切れる・・・
というピンチをご経験されたようです。

それだけならまだいいものの、さらに2つの悪夢がシンさんに襲い掛かります。

 

またシンさんはレンタル自転車(通称:赤チャリ)を契約するときに無駄を発生させてしまったようです。

ご自身の経験から、無駄の発生しない様に注意するポイントを的確に教えてくださいました。

さっそくお話を聞いてみましょう。

シンさん、とても貴重な情報をありがとうございました。

これからUberEatsを始める方に少しでもお役に立てたら嬉しいです。

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

キャッシュバックの入金のご連絡をいただけました!

配達手段
レンタル自転車
配達エリア
東京
年齢
30代
時間あたりの売上
1,500円以下
Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録した日付
2019/05/24
Uber Eats(ウーバーイーツ)プロフィール画面

Uber Eats(ウーバーイーツ)プロフィール画面

スポンサーリンク

完全歩合制の営業に異動 副業にUberEatsを選んだ理由

本業は不動産関係で、これまでは内勤に近い管理関係の業務をしており、給与体系も固定給で安定していました。

しかしこの6月から完全歩合制の営業に異動となり、時間の制限はかなり自由になったのですが収入が不安定になってしまったのです

そこで、バイトのように縛られ過ぎず、もっと気軽に作業出来て尚且つ一般的な時給程度には稼げる副業を探してしていたところ、街中を走っているUberEats配達員の姿を思い出してピンときました。

コールセンターや情報入力系のシフト自由バイトも検討しましたが、長年の内勤で衰えた体力や、たるんだ身体を鍛え直す意味でもアクティブな配達員の仕事がハマった気がします。

登録は恵比寿の登録センター(現在は閉所)で行いました。待ち時間含め45分程度だったと思います。

スポンサーリンク

失敗に対してUberは寛容、楽な気持ちで仕事しようぜ

UberEatsのサポートセンターの電話番号はアナログで所持

UberEatsのサポートセンターの電話番号はアナログで所持

個人的経験の中で一番のトラブルは、24時を過ぎたのに注文が入ってきて、うっかり受けてしまったところ、区をまたぐロングピックで商品受け取った直後に携帯の充電が切れて身動きが取れなくなったことでした。

この時、説明会の指示通りにコールセンターに電話したのですが、コールセンターは「サービス時間外です」の録音メッセージが流れるだけで、何も好転せず、絶望した上に心身ともに疲れ切っていた私はいろいろ諦めて、とりあえず帰宅しました。

この時、レンタル自転車の充電も限界で、知ってるポートには自転車が無く、まさに「悪いことは重なる」を地でいってる感じでした

家について、充電をしてアプリを開くと、アプリは事も無げに、いつもの調子。

もう運ぶ力も何もなく理由「その他」で「キャンセルをしました。

自分で言うのもなんですが、結構真面目な性格なので、やっちまった絶望感と罪悪感が半端なかったのですが。。。

翌日、コールセンターに連絡すると、普通に「大変でしたね、お疲れ様でした。コールセンター対応できず申し訳ありませんでした」と、お咎め無しでした。

よくよく考えれば、自転車トラブルや、商品倒してしまったトラブル等々、おそらく日本中見渡せば1日で何件も発生しているキャンセルのうち1件というだけなんでしょうね。

この日、特段の操作もなくいつも通りアプリを使って受注できました。


この経験から学んだことは「最終的にキャンセルに至る可能性(不
安要素)がある状況なら、注文拒否する勇気も必要」「自分が思っている以上に、失敗に対してUberは寛容、楽な気持ちで仕事しようぜ」ってことでした。

注文拒否はアカウント評価を下げると聞いてたので、ちょっとした脅迫観念があって「拒否しちゃいけない」気持ちが強かったのですが、この経験後は受注アラームに急かされず、一息ついて判断しています。

長くなりましたが要は「Take it easy」ってことですね。

スポンサーリンク

運動を継続することを目的に続けていこう

風景写真は、赤チャリポート近くにマックと松屋がある赤坂駅前。完璧なスタンバイ場所で、多くの配達員がこの辺でスタンバっています。

風景写真は、赤チャリポート近くにマックと松屋がある赤坂駅前。完璧なスタンバイ場所で、多くの配達員がこの辺でスタンバっています。

もともとのスタート理由にもあった「痩せたい」、これは見事的中しました。

私は週に2,3日、1回2~5時間程度稼働していましたが、1か月で1.5Kg痩せました。

体組成計で見ると、内臓脂肪も減って体内年齢も実年齢以下になり、目に見えて健康面に良い影響を及ぼしてくれています。

また、当然なのですが知らないお店を知ることができたのも良い影響ですね。

特に私の場合、個人経営店とかローカルな感じが苦手な人間で、1人では絶対に新規開拓とかできないのですが、Uber配達員をやっていると、否応なく店内まで入らなければいけないので、結果的にそのお店の雰囲気も知ることができて、普段使いする際の「知らないから怖い」というハードルが下がりました。


それと、シンプルに道を覚えることができたのもメリットかと思い
ます。

そもそも知らない道や、途中までしか知らなくてその先どうなってんだろう?って道、さらには普段なにけげなく使ってる道の「〇〇通り」みたいな名称を覚え始めてきたことも、配達の効率化というだけでなく、今後何かの機会に生きてきそうな気がしてます

今後は無理なく週1,2日程度で、運動を継続することを目的に続けていこうと思います。

レンタル自転車(通称:赤チャリ)の契約で無駄が発生・・((+_+))

レンタル自転車(通称:赤チャリ)でのUber配達員を考えている方へ。

私は、最初から赤チャリでの稼働を考えていたので、UberEats登録会の際にスタッフにいろいろ聞いたのですが、Uberのスタッフさんは赤チャリの紹介はしてくれるものの、詳細についてはあまり分かっていません。

今思えば、間違ったことを教えられていた部分もありました。

ということで、私が考える一番スムーズで無駄のない赤チャリ登録方法を説明していきたいと思います。

まず、私が懸念していたのは月額制で登録した際、半端な日にスタートすると月額がもったいないことになるのではないかということでした。

これ、Uberのスタッフさんは「そうですねー」と言って翌月の登録を勧めてきましたが、そんな必要はなかったです。月額、日割請求してくれます!

なので、何も迷うことなく思い立った瞬間に登録して問題ありません。


次に、一般登録からUber配達員の特別プランへの変更に関して


ここも、私は無駄なことをしてしまいました。

特別プランが月額制だったので、一般登録も月額プランで申し込んでしまったのです。

このため、全く乗らなかった一般から特別プラン移行に要した数日分、一般の日割月額を徴収されました。


まとめると

赤チャリ使いたい人は、まず基本料無料の1回会員に一般登録

の後、Uber説明会で渡される説明書に沿って、Uber特別プラン申請のメールを送信

すると2、3日で「特別プラン適用」の通知メールが届き、その翌日から月額4000円で乗り放題の特別プラン適用となります。

以上が、一番無駄のない赤チャリ稼働のスタート方法だと思います

私のように無駄な時間や無駄なお金を払わず、私を踏み台にスマートに始めてください(笑)

 

UberEatsのスタートはまさにドラクエの布の服のみ

最初は、Uberバックだけ。

という、正にゲームでいう「布の服」だけ的な、不安しかない状態です。

その状態でも活動可能ですが、直ぐに多くの小さな問題に直面します。

そういった問題は、多少経費をかけても早々にクリアしていく方が、精神的にもぐっと楽になり、効率アップ、継続率アップに繋がると思います。

特に、携帯を固定するアイテムはマストです。

参考までに晴れの日用と雨の日用の私物をアップしておきます。

晴れの日用 スマホホルダー

晴れの日用 スマホホルダー

 

晴れの日用のスマホホルダー

晴れの日用のスマホホルダー

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事