【UberEats】移動手段?都内なら赤チャリ(ドコモバイクシェア)で十分。

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
いきなり12,000円をもらって始めるなら今!

 

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

Uber Eatsでの移動手段はどれが一番オススメでしょうか。

50回の配達を3週間程度で達成されて、体験談を寄せていただきました。

Uber Eatsを始めてからバイクシェアの便利さを実感されたとお話されるタカ(仮名)さん。

 

現在就職活動中の傍らUber Eatsの自由は働き方が気に入っているそうです。

また、ウーバードライバーを悩ませる「ピンずれ」も工夫をされているようです。

配達手段
レンタル自転車
配達エリア
東京
年齢
20代
時間あたりの売上
1,200円以下

スポンサーリンク

移動手段のドコモのバイクシェアがあったから

現在は転職活動中でコピーライターの仕事を目指している。

普通のアルバイトをしていたが給料の支払いが来月であるなどの理由から、早く報酬を得られる仕事はないかと探していた。

その時街
でよくUber Eats(ウーバーイーツ)の鞄を見かけていたので調べる気になった。

また周囲にやったことがある人がいて話を聞いたりしているうちに興味がわき自身でも調べてみたところ、自由度の高さ・給料が週払いであることなどに魅力を感じ始めてみる気になった。

 

始めるにあたって自転車を持っていなかったが、移動手段であるドコモのバイクシェアを同時に知り近くで簡単に借りることができたことも始めることの後押しになった。

登録が簡単にでき、すぐに始められることも始めるハードルが低くなっていると思う。

スポンサーリンク

Uber Eats(ウーバーイーツ)でのピンずれは最後は「目視で!」

苦労した点は、まず始めたときに東京の地理が全く分からなかった事。

移動手段に自転車を選んでいると、回り道が体力消耗の原因になってしまう。

新宿区在住であるが地方から越してきたばかりだったので東京の街の位置関係が全く掴めていなかった。

 

そのため新宿から池袋への配達だった場合、方向すらわからず迷うことが往々にしてあり、配達に時間がかかった。

だが配達を重ねているうちに地理が頭に入ってきて迷うことは少なくなった。

ピンチはマップ上でのピンずれ。グーグルマップを併用しても判明しない時もある。
 

何となくの目安として、配達先は高層マンションが多いので近くまで来たらなるべく高いマンションを探すと見つけやすい

部屋番号1101なら十一階建てのマンションの可能性が高いのでそれも考えに入れる。

スポンサーリンク

UberEatsの都内の移動手段はバイクシェアで十分

完全出来高制で頑張った分がすぐに報酬という結果になって表れるので多少つらいことがあっても頑張れる。

週払いは入用なときにありがたい。


東京の地理や街の位置関係に詳しくなり、また案外東京は狭いのだ
と気づいた。

なので電車を使わずにドコモのバイクシェアを利用す
るようになった。

なので交通費の節約にもなっていると思う。

よく配達依頼を受けるお店をいくつか知ることができ、自分が食事する際にも参考にすることができる。

つねにスマートフォンのマップを見ているので見方のコツをつかみ、マップを見ているのに道に迷うことが少なくなった。

また実際に道を歩いているときでもなんとなくの近道や裏道を見つける力が身についた気がする。

好きな時に好きなだけできるという制約のなさ

スマートフォンを自転車に固定するホルダーはあれば便利かなという程度。

同じエリアを何回も配達していれば自然と道が分かり、常にマップを確認することも減ってくる。

ただポケットに入れる場合、周囲の音で受注アラームが聞こえないので片耳にイヤホンを入れると聞き逃さなくなる。

両耳にイヤホンを入れるのは危ないので片
耳だけにする。

 

モバイルバッテリーは必須

まだ配達したいのにバッテリーがないと辞めざるを得なくなる。

特に冬で寒いとバッテリーの減りが早い

 

鞄の中にタオルなどを入れておくと料理を固定できるのでこれも必須。

小さい料理や汁物は固定しないとこぼれたり潰れたりする。

あまり時間あたりの生産性は計算しない方がいいと思う。

好きな時に好きなだけできるという制約のなさもUber Eats(ウーバーイーツ)の楽しさに含まれていると考える。

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
いきなり12,000円をもらって始めるなら今!

 

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事