【UberEats】時給500円・・つらい真冬の雨|必要な装備はコレ!

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

Uber Eatsの配達を始められたケンさんに体験談を寄せていただきました。

いま多くの方がダイエットや、自由な働き方、副業の1つとして楽しみながらUber Eatsの配達をされています。

ただ、あくまでお金をいただく仕事であることに変わりはありません。

 

そこには辛いことや思った通りにいかないことも出てきます。

どんな仕事にでも必ずあります。

特にUber Eatsの仕事は時として孤独であったりします。

お客様にもチップをいただけるような方や、顔もお見せいただくことなく玄関から手だけが出てくるケースもあります。

それを含めてUber Eatsの仕事です。

Uber Eatsの楽しい明るい面ばかりの体験談ではなくケンさんは本音で辛いこと、きつかったことを教えてくださいました。

配達手段
レンタル自転車
配達エリア
東京
年齢
30代
時間あたりの売上
500円以下

Uber Eats 報酬画面

スポンサーリンク

冬の雨の日のUber Eatsの配達はつらいことだらけ

真冬の雨の中、配達した日があった。

自分は何でも他人のしたがらない事を、何となくしたくなる義務感を感じる性分があるからだ。

しかしとにかく後悔した。

雨の中の配達、これは冬山登山でもした事でもある人が、完璧な装備の元やるべきだと思った。

小雨だと思ったら序々に大雨に変わり、毛糸の手袋は濡れ、雨合羽も着てないまま走り回るとあっという間に服がびしょ濡れになった。

 

びしょ濡れのまま配達に回り、指先はかじかみ、凍傷にでもなるかと思った

靴の中も濡れ、全身が凍りつくほど冷たかった。

スマホホルダーの中まで水が染み込んできたが、運良く壊れなかった。

 

少し遅れて届けた先の人は、怒った感じで無言で受け取った。

なんだか惨めな気分になって、深夜0時になったのでオフラインにして近くのネカフェに泊まった。

 

配達で事故に合ったという人も聞く。

雨の中の配達は、やるのであれば充分な装備と心構えの元やるべきであろう。

スポンサーリンク

冬の雨の日にUber Eatsの配達をするたの装備品

雨の中の配達に必要なもの

レインスーツ
長靴
防水のスマホケース
モバイルバッテリー

しかし東京の外れで配達していると、このレンタル自転車がもしパンクしたり壊れたりしたらどうするのだろう。

ポートまで押して歩かなきゃいけない。
だからみんな駅周辺から離れないのだろう。

しかしそうもいかない。

 

繁華街から離れたところに飛ばされたら戻るのが困難になる場合もある。
特に真冬は昼はまだ暖かくても夜は凍えるほど寒い。

パンクや非常時のことも常に頭に入れとくべきだ。

スポンサーリンク

Uber Eatsでの配達は体にいいことばかりではない

UBER配達員をやって良かった事は特に無い。

普通のバイトで雨風をしのげる仕事でも選んだほうが堅実だと思う

体を動かすのが好きな人はいいのだろうけど、
健康にいいかというとそうでもないと思う。


腰は痛めるだろうし、排気ガスも苦しい。


後ろから追い抜く車の危険に常にされされてるし、
時給も1000円程度だ。

 

特に夜中に遠くに配達に行かされると終電に間に合わなくなって、繁華街まで自転車を漕ぎ、ネットカフェにでも泊まらなきゃいけなくなって経費がかさむ。

特に登録したてだと装備品にとにかく自分は金を使った。

 

スマホホルダーなのだが、色々なのがあってハンドルに取り付けるヤツを買ったけど、段差のところで揺れて落としたことがあった。

当然スマホは壊れて新しいのを買い換えた。

地図を見るのが苦手な方は向かないかも・・

 

スマホを落として壊したとしても自分で買い換えなきゃいけないし初っ端はとにかく経費がかさむと思うけど、黒字になるまで頑張ればいいと思う。

トイレに関しては公園を検索して使ってた。

しかし地図を読むのが苦手な人には苦痛な仕事だと思う。

ウーバーのアプリは回転が出来ないので右左が分かりにくい。

ウーバーのアプリを入れるとグーグルの下半分に広告が入って
見難くなるしとにかく地図の見方には苦労すると思う。

 

気づいたら遠回りになってたことはしょっちゅうあった。

飲み物に関しては緩衝材のためタオルを準備するのは必須だと思う

できればバスタオルがいい。

あと周りの人を見るとなんだか清潔感をあまり意識していない方もいる。

接客業を意識して身なりも考えると自問自答したい。

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事