Uber Eatsのピークタイムのインセンティブ|夜だけ・深夜・日曜だけOK

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら2,000円引きになります。

新規インストール後、menuアプリ内でクーポンコード5桁

【36801】

を入力してください。

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【達成の為のサポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
格安で長期有償貸し出しも対応しております。
詳しくはこちら
・スマホホルダー付き!
・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
貸出は新宿中心になります。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。
※2020年10月現在は1万円に減額されています。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

UberEatsのピークタイムのインセンティブをうまく活用することが稼ぐ秘訣でもあります。

時間当たりの単価(いわゆる時給)だけを考えるとディナータイムの夜だけやランチタイムの昼だけの活動をする方が効率的との話もよく聞きます。

今回はこのピークタイムの活動についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

ピークタイムとは?

ピークタイムとはどんなことを指すのでしょうか。

ピークタイムをオーダーが多く稼ぎやすい時間と定義すると下記のような状況になるときです。

・ランチタイム・ディナータイム
・お休みの日、土日祝日・年末年始
・天候の悪い日(雨、強風、雪、暑い日、寒い日)

 

さてピークタイムの一つであるランチタイムとディナータイムは具体的に何時から何時になるのでしょうか。

ここはまず公式ページを確認したいと思います。

配達リクエストが一番多く入る時間帯はランチ(11AM - 2PM)からディナー(6PM - 9PM)のピーク時間となります。
また、雨が降っている日は配達の需要が増えます。

エリアに関しましては、UberEATSレストランパートナーが多く集まる場所が人気です。また人気エリアに関しましてはブーストの倍率が高くなっております。

定期的にパートナーアプリにてインセンティブ、拡大サービスエリアなどのお知らせをメッセージにてお送りしておりますので、よろしければそちらをご連絡ください。

 

UberEatsの公式が公表している時間ですから間違いがありません。

やはり私が配達しているときも、特にランチタイムが終わるとパタッとなりが止まることがあります。

ランチ(11AM - 2PM)からディナー(6PM - 9PM)のピークタイムをどのように動くかは1日の稼ぎに大きく影響してきます。

スポンサーリンク

ピークタイムのインセンティブとは

Uber Eatsの配達の基本料金の計算だけではお金の面を見たときに決して効率的な仕事になりきれません。

ピークタイムであるランチタイムとディナータイムを外せば、

「鳴らない」→移動→「鳴らない」→移動→疲れた。→雨降ってきた→もう帰る。。

なんてこともたくさんあります。

オンラインにしていた時間(依頼を受けますよ!と意思表示している時間)だけを計算すると最低時給を大きく下回っていた、なんてことがあっても全く不思議ではないことです。

こういった問題はアメリカのUberタクシー版でも問題になっているニュースを目にしますが、Uber Eatsの配達はあくまで業務委託です。

やりたいときだけ出来る反面、全てが自己責任。

その代わり、頭を使って効率的に動く配達員とそうでない配達員で報酬に差が出てきます。

一般的なバイトであれば時給は一律で差がでないんですが。

ある意味平等かもしれません。

これからのAIの時代を迎える能力主義や成果主義の顕著にあたることかもしれません。

ピークタイムにインセンティブが出る理由

理由は2つ。

みんながやりたくないと思う時。
注文が多くて今いる配達員では足りない時。

Uber Eatsの配達への司令(アプリからの指示)はどのようなシステムで出ているのかは分かりません。

AIが自動的に出しているのか、人がGPSの地図をみて出しているのか。

ただ、このような自由で好きな時に働けるUber Eatsの配達の仕事はとても魅力的な反面、集まりが悪いときがあって当然です。

これが雇用の配達員バイトならば、
「シフトが入ってるけど雨降ってダルいから今日は休み!店長、腹痛くなりました。休みます。」

こんなバイトスタッフは同じ職場からの信頼を失いやめざる得ないしょう。
※もちろん本当に体調が悪ければ休まねければいけません。

ただUber Eatsの配達員はこれが可能な素晴らしいシステムです。

当然みんな同じことを考えます。

冬の時期は大雪のときは誰もやりたくありません。

大雨が降っていればレインコート着て、預かった大切な荷物に雨がかからないように気を使わなくては行けません。

夏の暑いすぎる時、熱中症対策をしながら配達はしたくありません。

安全配慮という観点から見てもやらないことは正解かも知れませんが、Uber Eatsの人気は高まる一方です。

お客様の立場から見ればこういったときこそUber Eatsの出番なのです。

大雪だから外に出て買い物は面倒くさい。

雨が降っているからワザワザ外に出たくないよ。

シャワーを浴びてスッキリした熱帯夜の夜にコンビニに買い物行って汗かきたくない。

Uber Eatsの配達員はそういった要望に答えるべく都会の夜を自転車やバイクで疾走します。

インセンティブはまさにそういった時に高額で出ます。

Uber Eatsの配達員で効率的に稼ぐためには、防寒、熱中症対策や雨対策を考えていたほうが自分の時間の切り売りには効率がいいはずです。
※ただ、自分の健康や安全配慮は第一に考えなくては行けません。

土日は1日中がピークタイム

次に土日や祝日のインセインティブです。

先程はかなり過酷な感じで書いてしまいましたが、土日祝日は春うららな何も用事がなくても自転車でサイクリングしたくなるような気候にでもインセンティブがでることが多々あります。

本業の都合や家族の都合などもあり土日祝日は自由に動けないということであれば難しいかもしれませんが、土日祝日のインセンを確認してその上、ブーストを重ねれば一番の時間単価を稼ぐことが出来ます。

 

具体的なピークタイムに発生するインセンティブ

インセンティブにはいくつか種類がありますが、代表的なのは「ブースト」「クエスト」になります。

ブーストとは、通常の配達料金に提示された倍率にアップします。

クエストとは規定回数をクリアすればもらえる特別報酬です。

ブーストやクエストを組み合わせて配達をすれば実質、2倍以上の配達手数料を手に入れることも可能です。

天候の悪い日にもクエストが付くことが多くあります。

つまりピークタイムの配達をこなすことにより、オーダーの数が多い、インセンティブにより単価を高くすることができる、この2点がメリットになります。

次ではピークタイムのインセンティブを活用して稼いでいる方の声を聞いてみたいと思います。

スポンサーリンク

ピークタイムを活用して上手に稼いでいる人の声

それではこのピークタイムを活用して上手に稼いでいる方の声を集めてみたいと思います。

すべてはこのブログに体験談をお寄せいただいた生の声です。

また、空いている隙間時間を有効活用できている点も大きな魅力だと感じております。

もちろん昼食や夕食時等ピークタイムが存在する為、仕事になる時間も限らておりますが、昼の2~3時間程の間でクエストを含め7,000円を稼ぐことも普通にできますので、魅力的な副業だと思います。今後も週に1~2回のペースで続けて行きたいです。

 

埼玉はとにかく依頼がきません。

ピークタイムでさえ1時間に1件あるかないかの日もありました。

そして効率よく稼ぎたいのであれば、さらにピークタイムに時間を絞って動くことと、同じ地域を繰り返すことをお勧めしたいです。

この方は埼玉で活動されているときに、都内での活動との鳴り(オーダー)の差に気が付かれたようです。

そういった需要がある場所にいないと、リクエストのベルが鳴らないことも多くあります。私の知り合いは日曜のピークタイムに4時間いても3件しか配達リクエストが来なかったこともあるほどです。

先ずは場所の感覚を掴みつつ、行動エリアを開拓することをお勧めします。

 

働くペースですが、ガッツリ稼ぐというより、ランチタイム、ディナータイム、深夜に3件くらいづつこなしていこうと考えてます。

uberの魅力のひとつに、15分前にシフトインできるというのがあります!

仕事量に波はありますが、ピークタイムを上手く利用しながら、無理のない副業にしたいと考えてます。

 

私は色々と試して「お昼時の神保町~大手町エリア」が合っていたので、11:00~14:00くらいの時間はそのあたりのエリアで活動しています。

大体3時間で6~7配達を目標にしています。

ランチのピークタイムを超えると、それ以降の14:00~17:00は鳴りが少なくなるので昼食をとったり。

待機場所でダラダラとTwitterを見たり、自宅に戻ったりして過ごしています。

 

僕の場合、基本的に恵比寿や渋谷、新宿を起点にしています。
レンタサイクルの台数をアプリで確認して、多そうなポートを目指してその日のスタートを決めています。

稼働し始めてから、全く鳴らない、なんてことは今の所ありません。
ピークタイム以外でも、一時間に2件ほどは注文が入っています。

ちなみに、土地勘がなくてもマップを頼れば絶対に大丈夫です。
恵比寿スタートで田町で終わる・・・みたいな事も何度かありましたが、問題なく配達をこなしています。

 

はじめたきっかけでものせましたがいい運動になります。
自分は土日のお昼のピークタイムに二時間のみの稼働ですが、それでも一回にこぐ距離は25キロほどになります。
カロリー消費に換算すると500キロほどになります。
体重も減って一石二鳥です。

金銭的な面はものすごく稼げる、というわけではないです。

 

時間帯によって注文があまり入らない事もあります。

エリアごとにピークタイムが変わる印象なので、思い切って別のエリアに移動するのも良いと思います。

 

僕は昼と夜のピークタイムは外でフルに働いて、あまり配達のない時間帯はアプリをオンラインにしておいて家でテレビゲームをしながら依頼を待っています 笑

オンライン時間と売り上げから計算した時給は1400円程度ですが、

家でテレビゲームをしている間もオンラインにしているので実質の時給は1800円くらい?になっているかと思います。

 

注文が入ってみないとなんとも言えませんが、自分でやってみて注文が入りやすいお店の近くなどにいると注文が優先して入ると感じます。

あとはガッツリ稼ぐ時はブーストの時間帯を計算に入れること、注文のピークタイム(11〜13時、18時〜21時)は入るようにすると効率的に稼げます。
その時間帯に自転車のバッテリーがない。
なんてことに、ならないようにしましょう。

 

そもそも注文が入らないような時間帯はオフラインにしてカフェなどに入って有効に時間を使う事を勧めます。

家が配達エリアにある人は帰宅してしまっても良いと思います。

ランチタイムのピーク時間はだいたい11:30頃~14:00頃
ディナータイムのピーク時間は17:30頃~23:00頃迄です

これ以外の時間は正直割に合わないので働かなくてよいと思います。

 

参考になるコメントは御座いましたでしょうか。

これから始める方に役に立つご経験がたくさん掲載されています。

ご興味があれば、タイトルをクリックすると実際の文章が読めますので読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ピークタイムを上手に稼ぐための準備

先ほどの体験談などでも多く声があるようにピークタイムをどのように過ごすかが大切です。

そのピークタイムに入る前に、装備品の確認をしておくべきです。

レンタル自転車の方は、自転車のバッテリーは大丈夫ですか?

近くのポートを確認して少しでもバッテリーのある自転車に変えておくことが大切です。

途中でバッテリーが上がってそこから自転車を探すのは時間の無駄です。

私のツイッターでも、ポートのバッテリー残量や予約の可否をツイートしています。

もしよかったら参考にしてください。

 

スマホの充電は十分ですか?

再度、確認しておきましょう。

夢中に配達しているとついつい確認を忘れがちです。

もしモバイルバッテリーを持っていなかったら、近くのコンビニで乾電池式の充電器を買うか、カフェなどで充電しながらピークタイムの前に休憩しておくのも方法です。

バイクのガソリンは入っていますか?

ランチタイムやディナータイムだからガソリンスタンドが混むことはないとは思いますが、ピークタイム中にガソリンスタンド探しは無駄になります。

ピークタイムに入る前に準備しておきましょう。

お腹の減り具合は?

特に自転車で配達されている方は、自分の昼食はランチタイム前に済ませておくか、ランチタイム後に取る計画でいきましょう。

 

今いるエリアは適正ですか?

ピークタイムといってもランチタイムとディナータイムでは注文者の属性が変わる場合があります。

都心部ではランチタイムはオフィスワーカーからの注文が多いため、都心部が有利な場合が多いです。

ディナータイムは住宅街からの注文も増えます。

各エリアによって特色は変わってくるとは思いますので、意識して配達しているとピークタイムも効率的に動くことができるかもしれません。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)ピークタイムやってみた!インセンティブは?|夜だけ【まとめ】

今回はピークタイムについて考えてみました。

Uber Eatsを専業でこなされている方は、ピークタイムだけではなくそれ以外の時間も工夫されていると思います。

副業でされている方はこのピークタイムだけの活動でも十分納得のいく報酬が得られるかもしれません。

特にサラリーマンの方は、ディナータイムの攻略を徹底的に考えてみるのもいいかもしれません。

Uber Eatsの配達員をされている方はそれぞれ色々な事情があって始めている方がいるはずです。

自転車が好きでトライアスロンにでるから単にトレーニング。
事情があってサラリーマンを辞めて専業で取り組んでいる方。
学生でサークルが忙しくて、前もってシフトを決めたくない方。

もし今後Uber Eatsの配達をやろうかなと考えている方に、効率的に稼ぐ1つの方法としてご理解いただけると幸いです。

Uber Eatsの配達員を長くやっていらっしゃるプロの方は、いつの時間にどこにいれば常になるかを把握されて動いている方もいらっしゃいます。現在の私ではそこまで把握出来ません。

そのためにもインセンティブやブーストをかなり意識するだけでも報酬は大きく変わってきます。

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら2,000円引きになります。

新規インストール後、menuアプリ内でクーポンコード5桁

【36801】

を入力してください。

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【達成の為のサポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
格安で長期有償貸し出しも対応しております。
詳しくはこちら
・スマホホルダー付き!
・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
貸出は新宿中心になります。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。
※2020年10月現在は1万円に減額されています。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事