【UberEats】下北沢での活動は音楽関係者にもオススメ!下北スタートでやってみた。

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
いきなり12,000円をもらって始めるなら今!

 

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

下北沢は住むのも人気の街です。

下北沢をスタート地点としてのUber Eats(ウーバーイーツ)の配達は稼げるのでしょうか。

スポンサーリンク

下北沢は飲食店は多い?

特徴は商店街が多くあります。

南口商店街、一番街商店街、あずま通商店街など色々な商店に混ざって飲食店も沢山あります。

古めの街であると同時に、ライブハウスや小劇場もあり音楽関係者も沢山住んでいます。

スーパーは、オオゼキ、フーディアム、ピーコックなどもあり、公園での休憩時のランチを購入するのも困ることはなさそうです。

休憩するための公園も下北沢駅の北側にいくつもあります。

スポンサーリンク

下北沢でUberEatsの配達をしてみた結果!

ライブハウスで音楽関係のお仕事をされているけんたろう(仮名)さんにお話をいただきました。
音楽関係ということもあり、特に休みも決まっているわけでもないのでUberの配達はその合間にできるとても効率的なお仕事とのことです。

下北沢などを中心にUberの活動をされているとのこと。

これからUberの配達を始めようと考えているかたのお役にたてると幸いです。

配達手段
自前自転車
配達エリア
東京

年齢
30代

時間あたりの売上
1,200円以下

Ubereats 配達

スポンサーリンク

自宅からスタート出来るので気軽にUber活動

普段はライブハウスで音楽関係の仕事をしているのですが、普通の仕事と違い決まった就労時間がある訳ではなく、空き時間も日によって少なかったり、多かったり、休みもまちまちです。

掛け持ちでもう一つバイトをしたかったのですが、そういった時間状況だともう一つはしづらい状態です。

Uber Eatsは何と言っても好きな時間に好きなだけ働ける事が魅力で、まさに僕のよう生活サイクルにおいてはぴったりな仕事でした。

 

Ubereats 配達

ちょうど知り合いの音楽家がUber Eatsをしていたのがきっかけで自分も始めてみました。

自分が割と都心の近くに住んでいるので、Uber Eatsをするに当たっても自宅からスタート出来るのでとても便利です。

下北沢あたりからの配達依頼

苦労した点としては、やはり坂道は大変でした。

電動アシスト付きでもなければ変速機能も付いてないいわゆるママチャリなので、渋谷などの坂道の多い地域はやはり少し大変です。

ただわりかし平坦な道の地域もあるので、その日の体調や体力を調整して、バランス良く仕事をしています。

工夫している事は下北沢で配達をしようと思っても、それ以外のエリアからの配達依頼も来てしまいます。

そのようなときは配達後に必ず下北沢に戻るまでオフラインにしています。

下北沢を中心に明大前や笹塚も

僕は関西から東京へ上京して約4年になります。

杉並区の代田橋と言う所で、近くに明大前、笹塚、下北沢があります。

仕事で下北沢に行くことも多いので下北沢を中心に配達をしています。

普段から自転車で移動をしているので、この辺りの地理には詳しいつもりでした。

でもUber Eatsを始めてからは、今まで気付かなかったお店とたくさん出会えました。自分の住んでいる地域にこんなに飲食店があったなんて。

Uber Eatsのおかげでさらに地元を知れて良かったです。

あとは、やはり運動不足解消になる事です。

普段から自転車を使用しているとは言っても、何かスポーツをやっている訳でもなく、また何か運動をしようとは思っていてもなかなか行動に移せなかったのですが、仕事をしながらと言う事なら、運動をしていると言う意識もそれほどないのでまさに一石二鳥です。

転車に取り付けるスマホホルダーは必需品

こちらで用意する物はいくつかあると思いますが、何と言っても自転車に取り付けるスマホホルダーは必需品かと思います。

移動中はスマホの地図を確認しなければならないので、その度に停車して確認をするのはなかなか面倒くさいと思います。

スマホホルダーはサイクルショップやホームセンターなどで販売しています。

値段は1,000円〜3,000円くらいからありますが、安いのはドンキホーテなどに売っています。

個人的な感想では、高価な質の良い商品に越した事はありませんが、安くても案外大丈夫だと思います。

僕はドンキホーテ渋谷店の自転車コーナーに置いてある600円くらいの商品を使用していますが、全く問題なく使えていますよ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)を始める前で、まだ長く続けられるか分からないのであれば、ひとまず安いのを買ってみてはどうでしょうか。

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内ならmenu】

都内ならmenuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。
いきなり12,000円をもらって始めるなら今!

 

【都内ならmenuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事