マップのピンずれ
マップのピンずれ

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)で困ったことの上位にあるのがマップずれ。

時間効率を最大化したいのに、配達先の家が見つからないことも。

もちろんgoogleマップで十分対応できることもありますが、月額980円でゼンリンの住宅地図を活用すればもっとスムーズかもしれません。

今回はゼンリン住宅地図を使ったり、配管用の保護材などを利用して工夫しながらUber Eats(ウーバーイーツ)での配達をされているシュンタロウ(仮名)に体験談をお寄せいただきました。

ゼンリン住宅地図は私も使っていますがいざというときは役に立ちます。

集合住宅の入居者の名前まで記載があることがあります。

タワーマンションなどは法人名しか出てきませんが。。

いろいろと工夫をされながらUber Eats(ウーバーイーツ)の仕事を楽しんでいらっしゃるようです。

また吉祥寺エリアで活動されているとのこと、珍しい写真の自転車をお見かけの際はぜひお声がけ下さいとのことでした。

さっそく話を聞いてみましょう。

配達手段
自前自転車
配達エリア
東京
年齢
30代
時間あたりの売上
1,200円以下

スポンサーリンク

普段のサイクリングの延長線にUber Eats(ウーバーイーツ)があった

本業はiPhone修理業、座りっぱなしで機械と一日中話す仕事です。

常に猫背です。

ただひたすらiPhoneとにらめっこです


また副業として所有物件の不動産管理をしていました。

ほぼ何もす
ることがないです。

たまに物件周りの掃除にいく程度。。。

いずれも活動量としてはとても少なく、下手したら1日中建物の中にこもりっきりで人と話すこともほぼない生活を送っていました。

もちろん体重は右肩上がりですばらしく激増していきました。。。

 

そんな中ランニングやスポーツをいろいろ始めたのですが、なんと膝を痛めて日常生活に支障をきたすという有様。

そんな中ドクターに進められたのが膝への負荷が少ない自転車でした。

ちょこちょこ運動がてらサイクリングをしていたところ、よく配達員とすれ違ったため興味を持ちエクセサイズ感覚ではじめました。

スポンサーリンク

マップでたどり着けないときは・・

万全に準備を整えて行動するタイプなのでとくに失敗はなかったす!

と言いたいところなのですが、慣れるまではとにかく大変でした。


一番大変だったのは住所の入力不備(それっぽく入力してある場合
)ですね。

近くに行って実際見てみないと間違いと判断できないため、1ドロップに30分以上かけたこともありました。

出発前にグーグルマップで住所を確認、
Uberアプリのピン位置とのズレを確認、

ここまでしても現地につくとお客様とは全く関係のない戸建てなど
に行くときもありました。

あれは心が折れた。。。

もし可能であれば毎回メッセージで確認したいと思ったことも。。

 

その前にゼンリン住宅地図をスマホに入れて使うようにしました。

ゼンリン住宅地図であれば戸建てなら名前まで表示があります。

これでかなり迷うことが減りました。

あとは集合住宅や、建屋違いの同一マンション、登る階段や入る入口によってお客様のお部屋にたどり着けないこともあり、もう最近難しそうであれば即電話することにしています。

スポンサーリンク

Uber Eats(ウーバーイーツ)をやれば地図が読めるように・・

配達員になってよかったところは、地図がよく読めるようになったところがまず挙げられます。

今まではそれほど使う機会もなかったグーグルマップ(ほぼ知らないところへ行かない生活だった)を、たまに使うと画面をぐるぐるしながら少し進んで間違ってることに気が付き、Uターンしてまた間違う、みたいなことを良くしていました。

 

今ではピンがたった場所をちら見すればすぐ近くくらいまでなら何も見ずにたどり着けるようになった(知らない土地でもなんとなく距離感や方向をつかめるようになった)のが良かったです!

次点で体重はすこしだけ落ちたところですかね。。。

電動自転車で膝に負荷をかけないよう配達しているためトレーニングや運動って感じではないので、ゆるやかーに下降しています。

ガチママチャリで必死にこげばきっとめっちゃ痩せると思います。

持ち物はモバイルバッテリーとゼンリン住宅地図入スマホで完璧


一番注意すべきは運転の方法ですね。

どうしても配達がはじまると気持ちも焦ってしまい、普段しないような行動をしがちな自分を客観視してブラッシュアップしていく作が私は必要でした。

道交法やそれ以外の実際の運転時のマナー、注意すべきシチュエーションや道をすごく意識しないと本当に危ない。

自転車で配達するとどうしても都会の人混みを避けては通れないと思いますが、歩行者からすると「自転車」って、車とかバイクとは違うルールで行動しがちになるんですよね。

車道を直進していても車やバイクなら飛び出さないのに自転車なら飛び出して横断してしまうなど。

道交法を自分がきっちり守っていても、自転車なら遅いしいけるだろ!みたいな意識の差のせいで安全な運転を人混みでしっかりするのはすごく難しかった(今も難しい)です。

皆さんご安全に!

トイレは基本あまり配達前は飲み食いしないので公園や公衆トイレでちょろっと済ます程度で事足りました。

持ち物は私は

スマホ2台(ゼンリン住宅地図インストール済み) 
モバイルバッテリー2個 
AirPods 
Wi-Fiルーター 
スマホを腕に固定できるバンド 
このくらいでした。

梱包資材はバッグの中に入れっぱなしですが、サーモスの保温バッグと配管を保護する配管保護材を入れています
曲げたりすき間に差したりして固定するため)

底はすべりどめシート、バッグは清掃が面倒なので大きいビニールでダバーしても汚れないようにしています。

緑バッグはピザや寿司も運べる汎用性はいいですが、小物の保温性や仕切り板の安定性に若干不安な部分が。。。
黒の大小バッグがほしい。
梱包は奥が深い。。。

吉祥寺エリアで活動している方もしお時間あれば声かけてください。
目立つ自転車なので一発でわかるんじゃないかな。。。

【menu】9月28日から25,000円⇒10,000円に減額になります。お急ぎを!

フードをご注文される方

【UberEats】
下記のプロモーションコードでなんと初回注文1,000割引!!

「interjpq2206j2go」
コピーして使ってください。

アプリのDLはこちらから

アプリのダウンロードから登録の流れを知りたい方は、こちらのページで詳しくお伝えしています。

パソコンからはコチラのQRコードをご利用ください。

【都内・大阪ならmenu】

menuもおすすめ!!
今なら初回1,000円引きになります。(自動的に割引が適用されます)

menu招待コード

「tpg-8gkjzo」

コピーして使ってください。

アプリのダウンロード

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 

配達パートナーを考えているなら

【サポート企画】
電動アシスト自転車を無料貸出
・スマホホルダー付き!

・モバイルバッテリー無料貸出!
・ロゴなし配達用バック無料貸出
・配達バックをお預かり

 

ご希望の方は期間や条件など個別にご相談下さい。
ご相談は当サイトのお問い合わせからお願いします。
※ご希望に添えないこともございます。

【UberEats】

今のフードデリバリーは活況です。

キャッシュバックを実施中です。

【menuがはじめ時】
都内での配達を考えている方なら「menuで30回配達で25,000円」が特別にもらえます。

詳しくはこちらのページでご説明しています。

今、すぐにやらなくてもひとまず登録だけでもしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事